-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-11 21:23 | カテゴリ:Etc
これは欲しいなぁ…

 先日、タイヤ交換でルノー札幌へ行った時、液体にルノー車がゆらゆらする例の、クリップホルダーを頂ました。以前は、オイル交換などのタイミングで、A110と、サンクターボ(ラリー)のホルダーをゲット。今回は新型ルーテシア、しかもRSです。台座の部分も今までの四角から、三角とスタイリッシュとなっておりデザイン面でも進化しております。

 そして、ルノーはF1のチャンピオンエンジンメーカーなのですが、どうしてかそのモータースポーツイメージを宣伝に使わないのですが、今回のルーテシの販促では、ルーテシアとF1のレッドブルRB9を対比させ『DIFFERENT BODY SOME HEART.』、『RENAULT ENGINES WORLD CHAMPIONS FOR THE 12TH TIME.』というコピーが素敵です。

そうなんです、ルノーは単に地味なフランスの実用車メーカーではなく、モータースポーツの頂点、フォーミュラーワンでのチャンピオンメーカなのです、と力説しておきましょう。

STC02.jpg
 日本では、そんなRS(ルノースポール)と商用車ベースのカングーがよく売れている(…というかそれしか売れていない?)世界的にも不思議なメーカーでもあります。本国でもその日本のルノーユーザーの変さを理解してくれて積極的にマニアックなモデルを投入してくれるのはありがたいところです。

 今回、欲しいなぁと物欲がふつふつ湧き起ってきたものは、近頃ルノージャポンのオプションに加わったとあるパーツ。

 それは、CABANAのカングーシートカバー。現行の2代目フェイズ2を今買うとキャンペーンでこのシートカバーが付いてくるという素敵な状況なのですが、何と今更というかありがたいことに、生産がとっくの昔に終わったカングー1(しかもフェイズ1・2それぞれ)用にも設定されたわけです。

 シートカバーといえども専用に型取りされており、フィット感抜群でほとんど純正シートのような仕上がりです。しかもカラーもブラック系、アイボリー系にさまざまな差し色が用意されており、装着後もともとあった機能等一切損なわれないわけです。

カングー1はもう生産されてから時がたっており、我が家のカングーも比較的内装がきれい、といえどもどうしても…な汚れやシミもあります。このカバーを装着すると一気に車内の雰囲気が変わりそうです。
気になるお値段は…全席分で52,500円也。それに装着工賃が約30,000円ほどかかるそうです。そうなると、「ぐむむむむ…」となりますが、内容を考えると決して高いものではないと思われます。

 どうでしょう、このシートカバーのモニターキャンペーンってないでしょうか?…ないですよね、はい。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1042-5eff2f10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。