-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-10 07:30 | カテゴリ:Etc
スバル25年目のフルモデルチェンジ


 ちょっと遅いネタですが、あのスバルの主力車種のレガシィツーリングワゴンが2014年を持って終了となるそうですね。私もレガシィhじゃ初代のツーリングワゴン、2代目のグランドワゴン、3代目のB4と3代まで所有していたので、最初聞いたときに「エッエェ~ツ!」とマスオさんのように驚いたクチです。このニュースに「さすがスバル、決断が早い。これは攻めの姿勢だッ!」と評価する声もありますが、私は“太陽にほえろ”の山さんのように「それは、どうかな?」と突っ込みたくなります。

次期レガシィは、セダンのB4とクロスオーバーのアウトバックのみフルモデルチェンジ。そそらく北米市場に向け、さらに大きくするんでしょうね。アウトバックなんて、もしかしたら3列のミニバンのようになったりして。スバルは正直、日本のユーザーを見てクルマは作ってないようです。サンバーも辞めちゃったし。しかしそうなると、現行レガシィが案の定、「デカすぎ」という声が多くなり、国内での売れ行きが…。

 そうか、そうしたら一回り小さなワゴンを別に作ればいいさ!それももっとクロスオーバーっぽいスポーティなデザインのヤツを。レンジローバーのイヴォークみたいなのが格好いいよね。あ、レガシィのイヴォークか!あ、じゃあネーミングはレヴォーク、いや語尾を濁らせてレヴォーグにしよう。あ、いいねいいね、ってノリでは作ってはいないでしょうが、何となくそう感じてしまいます。

 レガシィより一回り小さなワゴン…あったじゃないですか、インプレッサスポーツワゴンが。つまりこのレヴォーグは要するに次期インプレッサベースのワゴンって感じなのでしょうか。

levo02.jpg
CMでは、シルエットをチラ見せですが、おそらく2011年のスバルアドバンスドツアラーコンセプトの市販型になるでしょうね。
 
levo03.jpg
 そしてこちらがレヴォーグのプロトタイプ。CMのシルエットのサイドヴューともほぼ一致しますから、これがレガシィツーリングワゴン後継となるのでしょうね。で、どう見るかですが、ワゴンを実用的に使いたい人は困りそうなクルマですね。どうしたってリアのオーバーハングが短すぎます。もっともここはショートにすると全体の印象がスポーティになります。でもワゴンは積載が一番大切なことで、スポーティさが一番ではないのかなとも思います。従来のレガシィはこのバランスが他社競合車より群を抜けて良かったのでこのクラスのベンチマークと成れたと思います。 

 実用的にミドルクラスのワゴンを必要としている人は中古車や輸入車を探さなければさらなくなりそうです。

では歴代の遺産をどうぞ

livo06.jpg
 5代目。最後のレガシィ…。というかすでにレガシィではないかもしれなかったクルマです。私は過去のブログで『メジャー挑戦した日本人野球選手』と評しました。メジャーで成功するためにひたすら身体を大きくしていき。「日本復帰は考えてません。アメリカで野球を終えたい」というようなクルマかと。

lovo07.jpg
 4代目。事実上最後のレガシィ。レガシィ史上初めて横幅が拡幅して全車3ナンバーとなったシリーズ。あの水平対向特有のドコドコ音が聞こえなくなり洗練されたモデル。デザインもレガシィのイメージを残しながらもレガシィのアイコンをいくつか消し去ったのも印象的です。私はルーフがテールに向かって絞り込んでいるのにがっかりしたことを思い出します。
lovo08.jpg
 3代目。私の中では最後のレガシィ。5ナンバーと実用車としてのちょっと野暮ったいデザインを残した昔のスバルデザインの集大成。

lovo05.jpg 
 2代目。今となれば懐かしいワゴンブームの牽引車。初代からキープコンセプトながら、ビルシュタインの足を載せたり、グランドワゴン(現アウトバック)設定なと、後のシリーズの原型となったレガシィ。

livo04.jpg
 初代。レオーネから上級移行したレガシィ。レガシィ=大いなる伝承というネーミングが、後にレガシィ=遺産となるとは…。水平対向ボクサーエンジン、4WD、ツーリングワゴンというレオーネから伝承が実を結んだヒット作。地味ながら良いクルマでした。当時ワゴンとライトバン(商用ワゴン)との区別が付かなかった日本にワゴン文化を伝えた国民栄誉賞を上げてもいい感じのクルマでした。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1021-6714356d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。