-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-30 22:32 | カテゴリ:Accident
ルーテシアRS、2度目の車検へ!

 本日、我が家のルーテシアの車検のため、ルノー札幌へ。
事前に打ち合わせをしておりましたので、代車等の手配もバッチリだったわけです。私の願いで、日産車ではなくルノー車をお願いしたいという要望を調整してもらい、代車として1週間、借り受けたクルマは…

JIKO03.jpg
 ルノールーテシア2のフェイズ1です。1600ccのOHVのやつです。当初はメガーヌ1のフェイズ2という予定でしたが、こちらに変更となりましたが、何の不満もありません。以前フェイズ2をお借りしたことはありましたが、フェイズ1は未体験。デザイン的には私はフェイズ1の方が圧倒的に好みです。シートに腰をおろしただけで「いいなぁ」と思わせるクルマです。シートではなくソファと呼んでも大げさではないかけ心地。たしかフェイズ2はもう少し硬めでふつうだった気がします。
私のルーテシア3よりもコンパクトな車体も好印象。古いのですが以前剛性感は失ってません。ルノー札幌から出発して、すぐ側の自衛隊の真駒内駐屯地前を通過した位の距離で、「もしかして個人的にはルーテシア4よりも好きかも」と思ってしまいました。フェイズ1のRSって絶対楽しいんだろうなぁと思いました。(もちろんRSV6もね。)

 しかし、上機嫌で走っていたわけですが、上機嫌ではない出来事が…

JIKO01.jpg
 ルノー札幌の帰り、自宅まで100mくらいの距離(ほぼ自宅前といっても過言でない所) で、接触事故になってしまいました。どんな状況かというと。

まず住宅地の生活道路を走行しております。私はその中でも比較的道幅の広い、直線道路を走行しております。(地図参照)
正面には自宅がはっきりと見える距離です。慣れている道、もう家に着いたという気の緩みもあったのでしょうか、確かに脇道が交差する場所で、「クルマが出てくることはないだろう」という悪い予測をしていなかったのだと思います。地図でわかるように、私の道の方が太いので、こちらが優先と思っていたのだとも思ってました。

 突然右手から、黒いN-BOXが飛び出してきました。

もう一瞬の事なので、ブレーキも間に合う訳もなく、N-BOXの左リアスライドドアにルーテシアのフロント右側がぶつかってしまいました。

私の中では、「いきなり出て来られた!」とも思いましたが、雪道の交差点、しかも標識も何もない場所なんで、お互い様かなという意識でクルマを降り、「すみません、お身体大丈夫ですか?」と尋ねました。すると、おばちゃんドライバーが降りてきて第一声。

「私が優先なのに、何でぶつかってくるのよ!」

「…そっちが優先なんですか?」と聞き返すと

「あんたどうして猛スピードで走ってるのよ!」とキレられます。

「いや、こんな道だから出してないですけど」

「私は横をぶつけられたの!あなたは前でしょ。スピード出てるからよ!」

(言っていることが良くわかりません。私がブレーキかけて回避しようとしたから、横に当たったのであって、もし見落としてそのまま全開で直進したら、逆に私の右横にN-BOXがぶつかっていたでしょう。)」

向こうは突然横からぶつけられたという認識で10:0だと思っているのでしょう。私は、突然飛び出されたので避けようもないのでお互い様という認識です。飛び出して来ることを予期していなかったのは私のミスだとは思っています。
 これ以上おばちゃんと話しても埒が明かないので、警察・ルノー札幌・保険屋に連絡をし、おばちゃんと連絡先を交換して家に戻りました。ちなみに現場に駆け付けた警察官がうちの学校の卒業生だったのはちょっと苦笑でしたけどね。

JIKO04.jpg
 あとは保険屋さんにお任せするつもりで、たとえ私が悪い、となっても「しゃーないなー」と考えるようにします。何でかと言うと、自分のクルマでぶつかったのではなく、お借りした代車、しかも好印象なクルマでの事故だったので、もうルノー札幌さん、申し訳ない!という気持ちでいっぱいなわけです。幸いクルマのダメージはこんな感じなので、とりあえず車検が完了するまで、このまま乗らせてもらうことになりました。
みなさま方もくれぐれも事故にはお気をつけ下さい。突然横から飛び出されるかもしれませんからね。
スポンサーサイト
2016-01-24 21:35 | カテゴリ:Accident
それでも穏やかな1月

 この1週間、天気予報は大荒れな報道でしたが、こちら札幌付近は比較的穏やか。多少はドカッと雪も降りましたが、例年に比べたらかわいいもの。それでも2月はきっと鬼のように降るんでしょう。でも2月過ぎたら春がやってきます。あと少し、あと少し。

 そういえば、ルーテシアRSの車検の日取りが決まりました。1月30日(土)にルノー札幌に入庫予定。代車も今回は私が初めて乗るクルマに決定いたしましたので、これもちょっと楽しみ。

REL03.jpg
 仕事は毎日忙しいものの、油断できませんが、ちょっとだけヤマを越えた感じです。
先日は仕事の隙間で、部活動の卒業生の大学の舞台の観劇に行ったり。演目はチェーホフの『桜の園』。学生には難しい芝居でしたが、やはりいい戯曲だと改めて思いました。

ここでアクシデント
REL04.jpg
 先日、嫁さんからLINEで「カングーのウインカー壊れてる(笑)」「三回位ついたら、切れちゃう(笑)」との連絡が来ました。どうもウィンカーの球が切れているのではなく、接触が悪くてひどい時は一回で切れるようです。ですから右折待ちちかでウィンカーレバーをひたすらガチャガチャやらないといけない状況です。

REL05.jpg
 そういえばカングーのメーターって”JAEGER”製だったんですね。
うちの嫁さんはありがたいことに、カングーが壊れても全く気にせず笑って乗ってくれております(もちろん壊れているという識はありますが)。これが神経質な人だと「もう、ウィンカーが使えないクルマなんて危なくて絶対イヤ!フランス車とかイタリア車はよく壊れるって聞くでしょ!トヨタのシエンタに買い替えましょう!」なんて言われたら、我が家では家庭不和になりそうなので本当ありがたいです。
 ちなみにドリカムの吉田美和の「東京ATLAS」という曲の歌詞にも「ウィンカーも壊れて 必死の手信号 表参道の真ん中で 恥ずかしかったよね」という歌詞がありますが、ウインカーがつかなきゃ手信号しかないですよね。もっとも手信号しても、周囲が気づいてくれるかどうかは謎ですが。一応書くと、手信号は右手を水平に伸ばして「右折」、右手の肘は上に曲げて「左折」です。

REL01.jpg
 考えられる原因はリレーだろうな、ただルノー札幌に在庫あるかなぁと考え、ルノーに行く道中で「帰りは日産ノートかな?」なんて話をしながら向かいました。
 で、メカニックのS々木さんの見立ては「はい、ウィンカーリレーですね」
「(やっぱりね)部品あります?」と恐る恐る聞いて見ると、「はい。一個だけ、新品が在庫しております。」とありがたいお言葉。ですからあっと云う間にリレー交換で、ウィンカーが復活です。備忘録ブログですので書いておきますが、リレーのお値段(部品代)は…「9500円」
これが高いか安いかは私にはよくわかりませんが、我が家ではカングーは「壊れた直せばいい」という認識なのであまり気にしてはおりません。そんなことより、普段無意識にウィンカーを使ってますが、ウィンカーがつくのがこんなにうれしく感じた日曜日でした。
2016-01-18 21:51 | カテゴリ:Repair
トロフィー!


 寒い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今年の我が家のクルマ事情の大きなニュースは、まずルーテシアが5年目に突入するということです。ホント早いもんです。
そんなわけで仕事の後に、ルノー札幌に立ち寄りましょう。

…で今回の目的とは…

SK02.jpg
 こいつです。ルーテシアRSトロフィー。
ルーテシア4のRSは以前からシャシースポールとシャシーカップの2種類が導入されてましたが、今回なんとカップに代わり、このトロフィーがカタログモデルになります!

SK03.jpg
 ノーマルのRSよりも20馬力も向上しているとずいぶん違うんでしょうね。これが限定ではないなんて、RENAULT JAPONも豪気ですね。

SK04.jpg
 さて早速商談と行きましょう!…と言いたいですが、今回の訪問の目的は我が家のルーテシア3RSの車検の見積もりをもらうためでした。
 2度目の車検なんであれこれかかりそうです。車検と同時を避けるため年末にタイミングベルトとウォーターポンプを交換しましたが、今回は特にブレーキパッド等は要交換だと思ってました。

 しかし、意外な事に、ブレーキパッドはまだ半分残っているとのお見立て。年式・走行距離から考えて交換なのですが、どうやらうちのルーテシアはそうではないようです。
 つまり普段ブレーキを使ってないということ?いえいえ、そんな訳はないですよね。要するにルーテシアの主な戦場は通勤路。往復最低40kmですが、ほとんど渋滞・信号がない道路なのでよく考えるとブレーキを確かに踏んでないんですよね。
 まぁ、とりあえず代車の予定が立ったら車検のため工場入りとなります。今回の代車は是非、RENAULT車にと、お願いしてきました。楽しみ楽しみ。

SK05.jpg
 こちらは今月のプレゼントの「ルノーオリジナルノートブック」。文房具好きな私には楽しみな逸品。見た目は、愛用しているMOLESKINEによく似ております。というかそっくりです(笑)。トレードマークのゴムバンドはちょっと緩いですけど。

SK06.jpg
 ただ比べると、”ルノスキン”の方がちょっとだけ大きいのがわかります。

SK07.jpg
 MOLESKINEの特徴でもある、裏表紙のポケットも再現されております。さてさてどう使いましょうか。

冬将軍来襲!
SK08.jpg
 例年に比べ、ほとんど雪もなく、こんなんでいいの、北海道?という状況でしたが、たった一夜で通常の景色となりました。

SK09.jpg
 雪が多いので”葉っぱちゃん”を強制労働です。

SK10.jpg
 ”お花ちゃん”はとりあえず、雪と親しむところからのスタートです。さて天気予報では明日あさって、大荒れだそうです。気をつけて運転しないといけませんね。
2016-01-11 21:21 | カテゴリ:Tour
廃墟のあるホテル…
旧展望閣1
 前回の小樽篇のつづきなんですが、水族館を後にして急な勾配をカングーでうんとこどっこいしょ、と登ったら岬のてっぺんにあるのが、本日のお宿…。
 その昔、ホテル天望閣と呼ばれておりました。写真はその旧館と社員寮だった場所。閉鎖されたあと廃墟となりこの有様。北海道でも有名な心霊スポットとなり多くの若者が興味本位で足を踏みいたようです。ちなみに…心霊スポットと呼ばれる場所に安易に足を運ぶものではありません。霊的に言うと、変なものを呼び寄せたりする危険があるのと、法的に言うと廃墟と言えど管理地として私有地なので不法侵入となります。あとは人的に言うと、おっかないお兄さんたちが来ていたりして、別の意味での恐怖体験ができることもあります。

旧展望閣2
 こちらは本館。奥に先ほどの旧館が見えますね。しかしこのホテルも客の足並みが途絶え、倒産。その後、改装して『ノイシュロス小樽』というホテルに再生され、現在に至ってます。ちなみに旧館は当然解体され、すでにこの世には存在しません。

NOI01.jpg
 で、こちらが現在のお姿。上の円形の展望レストランが昭和なレトロですが、これは天望閣のなごりです。
ここを楽〇トラベルのアプリで予約したのですが、『朝食付きプラン』と銘打ったプランで、海があまり見えない分、安くて広いベッドが付いているという内容。しかし予約したあとの確認メールには「朝食ナシ」としっかり明記されております。何?それ、どんなプランだ?更に、「あと1部屋!」と煽り文句がついてますが、私が予約した後も、その翌日も「あと1部屋!」です。やるな〇天トラベル!どういうことか説明しろよ!(笑)

NOI02.jpg
 とりあえずホテルに電話で確認すると朝食プランなので「安心して下さい、付いてます。」と言われました。
 チェックインの際、フロントのお姉さんから、「予約の際、不愉快な思いをさせてしまったのでお部屋を海側に変更しましたがよろしいですか?と嬉しい変更をしてもらいました。部屋に案内してくれたお姉さんはエレベーター内で「本日はお部屋が空いているので海側にいたしました」とにこやかに説明。「あと一部屋!」じゃなかったんかい!(笑)

NOI06.jpg
 部屋はキングサイズのベッドがドーンとあります。さっそく子どもらは大はしゃぎ。 

NOI07.jpg
 窓が大きくて、ドーンと海が見えます!

NOI08.jpg
 冬の日本海なのでちょっと寒々としております。

NOI03.jpg
 嫁さんと私だけの場合、いつも弾丸ツーリングなので宿泊はただ眠れればいい、風呂に入れればいいというレベルで重視してませんが、今回の部屋はけっこう立派な所です。

NOI09.jpg
 ”お花ちゃん”も興奮気味。なんだよ、これ。家にはこんな金ぴかなのはないぞ!と言いたげ。

NOI04.jpg
 ”葉っぱちゃん”は机の装飾を見て、このリアクション。「見て見て!メガネ!!」。子どもって自由な発想で笑わせてくれます。

NOI05.jpg
 そして、このホテルに来た一番の理由は、お風呂です。
大浴場もあるのですが、子どもらは家のお風呂以外は未経験。いきなり温泉の大浴場に連れて行って、大号泣や、帰る、嫌だ!コールをされることも考慮すると、まずは場馴れが必要かと。

NOI11.jpg
 部屋に客室露店風呂がついております。露天風呂というより展望風呂といった感じですが、窓を開けると(寒いですが)海の音が聞こえて、露天風呂と言われれば、露天風呂です。”お花ちゃん”は喜んでましたが、”葉っぱちゃん”はちょっとビビり気味。

 とりあえずパッといつでもお風呂に入れるので、子どもたちと入り、子ども等が寝てから入り、翌朝入りと温泉を満喫しました。ゆっくり温泉は久しぶりです。

NOI10.jpg
 ホテルの廊下を見ると、スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』の双子の少女の幽霊のシーンを思い出します。
とはいえ、このホテルでの心霊現象は特にありませんよ。

NOI12.jpg
 そして疑惑の「朝食あり(なし)」プランですが、ちゃんと付いておりました。嫁さんが「洋食」でと注文しましたが、”葉っぱちゃん”は食べ終わった後、尋ねました。

「ねぇ、ご飯はいつくるの?」

和食が良かったのね、君は。
2016-01-10 22:27 | カテゴリ:Tour
近場ですが旅行です。

 年も開け、私の休みもそろそろ終わりますが、どこかへ家族で出かけようか、という話を年末にしておりました。しかしクリスマス前によもやのRSウイルス&ロタウイルスの件があり、具体的な話は止まっておりました。
 もっとも、いつも行く時はいきなりで前もって計画などしない家族なので、いつも通りなんですが。しかも今回は0歳児がいるので遠くに行くのは難しいので近場の旅となります。
そうなると、方面としては定山渓、朝里、小樽、登別、支笏湖、洞爺あたりとなります。その中で子供が楽しめる事がなければ厳しいので、定山渓はパスとなります(もっと年齢が上がればプールとか楽しめるんですがね。あ、途中ノースサファリという選択肢もあったかw)。そんな中、うちの子達はどうも水族館・動物園が好きみたいでペンギンの散歩などが観たいといってました。登別のマリンパークは以前行きましたが、やっぱりちょっと距離があるので小樽水族館へ行き、そのまま宿泊(温泉)という選択肢となりました。
 子供らに前日の夜に、「明日ペンギン観に行こう!」とだけ告げ、行きのクルマの中で、今日は水族館の後、帰らず泊まるんだよと教えます。小さな子は数日前に知ってしまうと何でだかテンションを上げ、直前に熱を出すというパターンがあるためです。

TARU02.jpg
 冬の平日の小樽水族館。すいております。そりゃあそうか。いつもたくさんいる中国人も少なく、のんびりと見ることが出来ます。

TARU03.jpg
 一番近場の新さっぽろ水族館は年間パスを買っており、この間リニュアルしたサケのふるさと千歳水族館も数度、ここ小樽水族館も何度も来ております。ですが、子どもらの感動が薄れるかというと、そんなことはありません。

TARU05.jpg
 ペンギン散歩とイルカのショーの時間をチェックして、館内を歩きます。

TARU04.jpg
 毎度、クラゲの水槽で癒されます。クラゲって飼うの難しいんだろうなぁ。もし家にクラゲがいたら、もう何もせずにボーっと水槽眺めることになるんでしょうね。

TARU06.jpg
 こちらは小樽水族館の人気者、ウミガメの太郎。ご覧の通り右肢がないのです。その昔、右肢を失い、他にも怪我をし瀕死の重体の状態でこの水族館に運び込まれたそうです。助からないだろうという大方の見方の中、見事回復し現在に至っております。

TARU07.jpg

TARU08.jpg
 魚を観る視線が妙に真剣。

TARU09.jpg
 ”お花ちゃん”も「あー、あー」言いながら喜んででおります。

TARU10.jpg

TARU11.jpg
 眠気がピークの”お花ちゃん”ですが、イルカのショーに大興奮。

TARU12.jpg
 さて、お待ちかねのペンギン散歩。水族館で飼育しているジェンツーペンギンが敷地内をとことこ歩くわけです。

TARU13.jpg
 この時水族館周辺の気温は-5℃。ここは海岸のすぐそばなので結構風が冷たいです。隣にいたインドネシア(と思われる)の一家など寒さに目を回しておりました。

TARU14.jpg
 スズランテープを張ったコースをペンギンたちが二周してくれます。たまにコースアウトしてテープを越えてギャラリー側に乱入もします。ちなみに嫁さんは着ていたコートの裾をペンギンに噛まれておりました。

 ペンギン散歩が終わり、他のショーなど見て水族館も閉館となります。さて、それでは今晩の宿に向かいますか。といっても徒歩でも水族館から数分の所ですが(笑)。
2016-01-09 21:23 | カテゴリ:CRAFT
全道大会のDVDを複製しよう!


 年末に”待っていた”ものが仕事場に届きました。何かと言うと11月の全道大会の舞台DVDです。
演劇はもちろん舞台を生で観ないといけないのですが、自分の所の芝居はまず客席から正面で見ることはできないものです。演じている生徒はもちろんですから、やはり舞台DVDは必要なわけです。

 地区大会でも撮影はしていますが、あくまでも記録として家庭用ビデオカメラでの撮影ですので、そのクオリティは期待できないレベルです。しかし、全道大会では経専音楽放送芸術専門学校の学生さんの実習という形で撮影し、編集し上演校にくれるという仕組みです。大会中我々の宿泊していたホテルに、ここの学生さんや先生も宿泊しており、朝たくさんの機材をホールに運び、帰りまた持ち帰るという、本当にお疲れ様でした、という姿を何度も目撃しております。

 戴いたDVDは二枚組で、ブルーレイディスクと通常のDVDが同梱されており、それぞれに舞台前面からの固定カメラの映像と、複数のカメラで撮影・編集したバージョンが収録されております。
 今回は、大会に参加した部員・顧問分+お世話になった関係者や、他校との交換用に複製することになります。

…で問題はここから。
大問題は私はパソコンに全然詳しくないという事。パソコンというよりも家電製品にかなり疎いのです。正直、職場とかではそういうと「え~、何冗談言ってんの!?」と真に受けてはもらえず、むしろ詳しい方と思われております。でも全然ダメな訳です。
 厳密にいうと、機械に疎いというより、現在の機器に疎いと言った方が正しいのかもしれません。
だいたい映像に関して言うと、私の頭の中にはβやVHSが未だに主流を占めております。何とかコンパクトVHSとか、8mmビデオ、デジタルビデオも大丈夫です。ですがこの先、ハードディスクとかDVDとかブルーレイとかメモリーカードになると「????」となります。CDはD-Rに焼いた(焼くという表現も私にとって”?”ですが)ことがありますが、CD-RとかCD-RWとかの違いや何やらがもうちんぷんかんぷん。よくこの手の話で「圧縮」という言葉を聞きますが私の頭の中には夜中のTV通販番組の布団圧縮袋の映像がグルグルしていて話についていけなくなります。リッピング?なんだろうそれ?ブリッピングならわかるんだけど…その世界です…。
 とりあえずヨドバシカメラに行き、ブルーレイディスクとDVDディスクをごちゃっと買い込みました。その段階で「どれを買えばよいのやら?まぁ普通のでいいだろう」と深く考えず購入。

 DVD7をパソコンに取り込んでみて初めてわかったのは、ブルーレイ版で40GB近く容量があるわけです。買ってきたブルーレイディスクは1枚25GB…。うーん。入らないねぇ。ちなみにDVD版も7GB以上あるので入りません(w)
慌てて、大容量のDLというタイプがあるそうなのでAMAZONに発注。ヨドバシで買ったのが無駄になりましたが、まぁしょうがないでしょう。さて正月休みに焼くとしましょう。

DVDジャケットでも作ろう!
DVD05.jpg
何でも1枚焼くのに1時間くらいかかるみたい。ですから、とい訳でもないのですが、DVDジャケットを作ります。せっかくなら市販の映画ソフトのような感じにしようと、Illstoratorで作成。こういう作業は大好き。

DVD02.jpg
 プリントアウトして、ケースに入れると、まぁこんな感じです。まずまずいい感じです。

DVD03.jpg
 焼いたブルーレイディスクを抜き打ち検査してみますが、とりあえず映像音声ともに入っているようです。20枚焼いて、1枚のディスクはエラーで何時間やっても焼き終わりませんでした。

DVD04.jpg
 ディスクのラベルにうちのプリンターでプリントできるらしいのですが、10年くらい昔のプリンターで、ディスクをセットするトレイがどうやら見当たらないので、副顧問の先生に外注しようと考えております。あとはDVD版の複製もしなきゃです。
2016-01-01 23:49 | カテゴリ:Etc
あけましておめでとうございます!
 更新頻度が少なくなっておりますが、ほそぼそとブログを更新しております。みなさま方におかれましては、穏やかなお正月をのんびりお過ごしかと思います。とりあえず今年もよろしくお願い致します。

Ahap02.jpg
 昨年は雪の少ない12月でしたが、降る時は一気にくるようです。年末にいきなりドカッと降って、この有様。

Ahap03.jpg
 まぁ、それでも年末休みに入ってからの大雪だったのでよかったわけです。さて今年はどれだけ降るんでしょうね。

 日頃出来ない家事を休みに入ってから少しずつできております。いつも通り、年末・年始の料理をあれこれ準備です。

Ahap04.jpg
 鶏の唐揚げとか…

Ahap05.jpg
 いつもの栗きんとんや、筑前煮も作ります。

Ahap06.jpg
 男の料理定番のローストビーフもなかなかいい感じに焼けました。

Ahap07.jpg
 嫁さんの祖父が私の作る豚の角煮のファンなので、今年も煮て正月に集まる時に持って行きます。

Ahap08.jpg
 料理の時は基本、お酒を飲みながら。

Ahap09.jpg
そして、お正月の準備としては、私の大嫌いなものが残っております。まぁ仕方ないので大晦日の夕方、郵便局に行き買ってきました。で、本日完成しております。毎年結局一日で出来るんだから、もっと早くにやれよ、と思うのですが、それが出来ないんですよねぇ。

Ahap10.jpg
 昨年はめちゃくちゃ寒かった初詣も、今年は穏やかな天気でありがたいものです。市内の神社に午前中に出かけて来たので、しれほど混んではいませんでした。今年は上の子の七五三でお参りに来る予定。

Ahap11.jpg
 今年のおみくじは、「大吉」。内臓系の病気だけは注意という何だかリアルな事が書いてましたが、あとはおおむね良いことがずらり。学業は、よほど高望みしなければ合格は間違いなしと太鼓判も押してくれてます。さてそれではどこかの大学にでも出願してみましょうか?

今年は、ルーテシア・カングーのダブル車検です。そろそろルノー札幌と打ち合わせしないとなりませんね。あとはお財布とも相談です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。