-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-28 22:25 | カテゴリ:Etc
毒蛇には噛まれなかった…

 19歳で免許を取り、これまで13台のクルマを買ったわけですが、当然買おうとして買わなかったクルマも存在します。欲しいクルマというのは無数に存在しますが、実際買う直前まで行ったけど実現できなかったケースもいくつかあります。

 ふと思い出すと、「もしあの時あれを買っていたら、その後の自分の生活はどう変わっていたのかなぁ?」などと想像します。

 当時の私は独身で、クルマを2台所有しておりました。メインはスバルレガシィB4 RSKという4WDのツインターボで280馬力の速いセダン。そしてサブにはフィアットウーノターボieという、見た目と違いかなり熱いホットハッチ。そんな頃、「この2台を1台にしてしまおうか…」という至極まっとうなことを思いついたわけです。そりゃ、2台持ちは保険に車検にお金がかかる訳で、贅沢なものですからそう思った次第です。ただ、ね、当時ウーノターボが楽しくて、すっかりまともなクルマへの価値観が破壊されてますので、代替のクルマがそう易々と見つかる訳はありません。

Q402.jpg
 そんな折、巷ではDTM(ドイツツーリングカー選手権)というレースが日本にも紹介され話題となっておりました。メルセデス・BMW・アウディ・オペルといったドイツのメーカーがガチンコ勝負で戦う訳です。しかもドライバーには元F1ドライバーもいて、熱い熱いレースなわけです。そこにイタリアから殴り込みをかけたのがアルファロメオ。外見はアルファロメオ155なのですが、中身はもう別物と言っていい位の代物。

Q403.jpg
 マルティニカラーも素敵すぎます。こうなると155が格好良く見えます、というかこれの前モデルの〝75"から私は大好きなモデルだったわけです。155は75に比べずいぶんまともに見えますが、よくみるとかなりアクの強い形をしてます。この辺りはジュリアのベルリーナに通ずるヘンテコカッコイイを継承しております。


 そんなおり、今は亡き「〇ジ※ンター@ライズ」に、入庫してきた中古車にグラッときたわけです。「アルファロメオ155Q4」というモデルでフェイズ1でした。もうお分かりですよね、Q4は直列4気筒2000ccのターボエンジンに4WDのセダンという成り立ち、つまりB4の代わりとしても、十分使えそうです。ちなみにエンジンはアルファロメオ製ではなく、あのランチアデルタ・インテグラ―レのもの。乱暴にいえば、インテグラ―レに155の皮をかぶせたクルマな訳です。これは楽しそうです。そうなると、ウーノターボの代わりにもなり得る?そう考えたわけです。金額的にも2台処分すれば、そんなに負担無く購入できそうだったのです。しかも、とある歯科医のセカンドカーだったらしく、距離もそんなに伸びておりません。これは買いなのかどうなのか?

 数回商談をしました。B4とウーノの下取り見積もりも取りました。お店もかなり売る気満々でした。正直悩みました。というか欲しかったですね、これ。

 結局決断しなかったのは…あのディーラーだったから、という他ないでしょう。当時、Q4はインテグラ―レの中身を引き継いでいるのでトラブルが大変かもなぁとも思ったのです。それをあのディーラーで面倒見てくれるのかと思うと、判を押せませんでした。

 でも、今なら判をつくかもしれません。未だにアルファロメオは好きなクルマです。いつかはアルファの毒にやられたい気持ちがつづいております。でも今のアルファは洗練されているので、できたら古いアルファの毒を求めております。
スポンサーサイト
2015-02-21 21:42 | カテゴリ:SHOP
暖かな如月は…


 ここ北海道では大雪の2月のはずですが、なぜだか雪が降りません。もちろん降らない方がいいに決まってます。それにしても気温も高く、今日あたりは3月下旬のような天気です。

 このまま春になってほしいですが、さてどうなるか?

TECNO02.jpg
 午前中、”葉っぱ”ちゃんとソリ遊びをした後、最近よく行くパン屋『PICCO BAKERY』へ。
ソリ遊びで疲れたのか”葉っぱ”ちゃんは、カングーに乗って数秒後に眠ってしまいました。ですからぐっすり寝た”葉っぱ”ちゃんを担ぎ、お昼用のパンを購入。

TECNO03.jpg
 ゆっくりパンを食べる昼食、休日ならではの光景。

 本日は久しぶりに年休を取らせてもらいました。

届きました!

TECNO04.jpg
 夕食後、クロネコヤマトさんがやって来て、軽めの箱を届けてくれました。

TECNO05.jpg
 中を開けると、京都にあるパン屋さん、『テクノパン』の佐々木さんからです。
実はというと、以前『テクノパン』のフェイスブックで、お店特製のエコバックが紹介されておりました。そのデザインが素敵だったので「通販とかやってませんか?」と気軽にコメントしたのです。すると、テクノパンの佐々木さんから連絡が入り、本来通販はないのですが、カングー乗りということで、対応して頂けることになったわけです。

TECNO06.jpg
 箱の中に入っていたもの…。(カングーのミニカーは私の自前ですw)

TECNO07.jpg
 モスグリーン地のキャンパス地のエコバックには、カングーと思われるクルマとパン屋さん、そして犬の可愛らしいデザイン。佐々木さんもカングーオーナーで、お店の中にもカングーをモチーフにした装飾も見受けられます。さらに佐々木さんからは、「パン屋なのでパンも食べて欲しい」ということで、ラスクも同封してくださりました。そしてお店のステッカーも!

 カングーのどこに貼ろうか、今から頭を悩ませそうです。

忙しい中、本来やっていないことに対応して頂き、さらに気を遣っていただき感謝でいっぱいです。

TECNO08.jpg
 いつか海を渡ってカングーで『テクノパン』にパンを買いに行きたいものです。

◎『テクノパン』 (http://yellow.ap.teacup.com/techno/)
 
 京都府伏見区淀際目町241-6(TEL075-631-5599)

4th

2015-02-20 00:15 | カテゴリ:Etc
4年目に突入


 2011年2月19日に我が家に黄色いホットハッチがやってきました。

あれから4年。早いものです。

 この4年間で私をとりまく環境も大きく変化しています。色々なものを変えたくて選んだクルマでした。
あんなに好きだったクルマに対しても、正直関心を失いつつあったのも、その時期でした。

クルマ一台でそう簡単に人生は変わりませんが、少なくともこの黄色いホットハッチは多くの人間関係を繋いでくれました。

4th02.jpg
 そして、我が家にカングーがやってきて二台の黄色いルノーが並ぶことになるとは、4年前は想像もしておりませんでした。そして4年間走った距離は「63600km」。最近は休みはカングーなので、思ったほどは距離、伸びてません。

 それでもシートに腰を落とすと、どこまでも行けそうな気持になります。

4th03.jpg
 年をとっても、偉くなったわけでも、偉くなりたいわけでもないので、必要以上に大きなクルマ、必要以上に高級なクルマはいりません。ただ、ひたすら走りたくなるクルマが欲しいのです。それが、ここにあるので、これ以上必要な事はあまりないと思います。また来年、5年目を迎えた時、自分は何を考えているんだろうなぁ。
2015-02-18 21:37 | カテゴリ:COOK
momo-cafe COOK


 我が家の事なのですが、嫁のモモヤナギが病院から「自宅で安静」といわれてきました。病気なわけではないのですが、家事なども自粛させなければなりません。とはいえ、”葉っぱ”ちゃんも家にいるので、「安静」ということが限りなく難しい状況ですのでせめて台所仕事だけでもカバーしなきゃです。

 そんなわけで、とりあえず、ご飯仕度をしばらく担当します。まずは子どもも食べるハンバーグを作ります。

COOK02.jpg
 焼いておいてから、冷凍。

COOK03.jpg
 そして、鶏肉で、タンドリーチキンを作ります。
鶏肉をぶつ切りして塩こしょうで下味をつけ、カレー粉とマヨネーズを入れた袋の中へ。そして揉み、冷蔵庫で2日くらい寝かせます。

COOK05.jpg
 すっかり味がしみ込んだ鶏肉をフライパンで焼きます。さすがにスパイシーすぎて1歳児には無理なので、”葉っぱ”ちゃん用には、別の鶏肉を玉ねぎと炒め、ケチャップで味付けしたものを用意。

COOK06.jpg
 完成。冷蔵庫の人参と南瓜を素揚げして付け合せにしてます。ビールなんかによく合う味です。

COOK07.jpg
 そして、肉じゃが。何でかわからないけど牛丼作ろうとして、出来上がったら肉じゃが作っていたことが多々あります(笑)。そして写真撮ってなかったんですが、この流れから「ポトフ」も作りました。煮物系は仕事から帰ってきてから作るのが楽なんですよ。

COOK09.jpg
 煮物シリーズ第三弾。「大根とバラ肉の味噌煮込み」。味噌おでんのようなイメージで作りましたが、美味しくできました。

COOK08.jpg
 同時進行で煮物シリーズ第四弾を。「鶏つくねかぼちゃ」。鶏挽肉でつくねを作り、かぼちゃと一緒に煮ます。そして同時進行で、もう一品。

COOK10.jpg
 冷蔵庫のキャベツをさっと蒸して、甘味噌ダレとからめた「ゆでキャベツの味噌あえ」。食べるときに一味をパパッとふるとおいしくいただけます。

COOK11.jpg
 そしてポトフで使ったブロックベーコンの残りを冷蔵庫の長芋と一緒に炒めます。軽く酒をふって、塩コショウそして醤油で味付け。

COOK12.jpg
 まぁこんな感じで、1週間食事当番をしております。仕事が忙しくても、家帰って料理をすると気分転換になるんですよね。そうなると食器や調理器具なんかが欲しくなったりしております。ある食材で何を作ろうかと考えるのは最高にクリエイティブ仕事ですよね。
2015-02-14 21:06 | カテゴリ:Repair
カングー入院その後

 エンジンの始動が悪いということで、ルノー札幌に入院していたカングー。バッテリーも新品に交換した直後だったので、そこに問題はないはず。しかもこのトラブルは毎回ではなく不定期に起こる現象なのもネック。
実際ルノー札幌では、この症状が再現されていないため、問題の洗い出しも困難な状況。ただそんな状況でも、ルノー札幌では見捨てずあれやこれやチェック、そして想像できるトラブルシューティングをしてもらっておりました。

 その間の代車は日産ノート。可もなく不可もなくという点が我が家では不可なクルマ。

そろそろカングーが恋しいなぁと思っていたら、先日T野氏から電話。11日にカングーを引き取る話となりました。

rekan04.jpg
 結論からいうと、まだ問題解決はできていないとのこと。ただ、一度ルノー札幌で、長めのクランキングをすることがあったそうです(キュルルルルルルルルルルルルル…ブォン)。

 そこで疑ったのが点火系。コイルの不具合の可能性があるそうです。ただ完全に死んでいるわけではなく、ある一定の温度に達した時、作動状態が良くないのでは、という見立て。

 そこで、メカニックのS氏のカングーのコイルと我が家のカングーのとを交換し、以後S氏のカングーでこの症状が再現されるのなら、コイルが原因となるので、その時は新品の部品を発注しようという話となりました。ちなみにコイルのお値段は2万円代、工賃を入れても3万円以下だそうです。

rekan.jpg
 カングーを受け取り、走らせた瞬間から、「これ、これ、これだよ!」と膝を打ちたくなる気持ち。ノートの方が洗練されております。でもノートの不満に対する答え全てがカングーにあります。
 操作系が重たいのですがしっかりとインフォメーションを伝えてきます。シートも全く別物。乗っていて気持ちが楽になる不思議な感覚。機械的に全然すごいテクノロジーがある訳ではないのですが、感覚的な部分がとっても人間的。

 ちなみに今日現在まで、エンジンのクランキングに不安を覚えた日はありません。ただ”葉っぱ”ちゃんはエンジンがかかると、後ろの席で「かかった」と必ず言うようになりました(笑)。

rekan01.jpg
 ルノー札幌で購入したもの。ウインドウォッシャー液です。ちょうどルーテシアのがなくなりつつありました。わざわざディーラーで買うもんじゃなくない?と言われるかもしれません。しかもお値段は約1300円。高いです。正直言って。

 ルノーの純正なんですが、フレグランス入りのウォッシャー液なので、使用すると車内にほのかな良い香りがするのです。以前プジョー1007に乗っていた時も、純正でこの手のウォッシャー液が入ってまして、最初「え?何かいい匂いするんだけど、何?」と感じました。

 ドイツ車とかイタリア車(フィアットでは経験ないなぁ…)では純正でこの手のタイプは使っているのでしょう?わかりませんが、何だか自分の中で、こんな点も仏蘭西っぽくていいなぁと思ったわけです。

とりあえず、カングー生活がまた戻りました。それにしても肌に合うクルマとの生活って良いもんですよね。
2015-02-07 21:39 | カテゴリ:SPORT
ついにベールを…

 2015年F1開幕に向けてこの間、へレスでのテストが終了しました。昨年末、ケータハムとマルシャがチーム存続の危機となり、今シーズン生き残れる可能性は低そう…というか、ケータハムは事実上消滅が決定(マルシャは何とか2015年マシンを製作し、3戦目から参戦するとのこと。かなり非現実的だが)。しかしこのテストには、先日メキシコで新車発表を行ったフォースインディアが不参加。どうやらここも資金難のようです。
 中団グループや下位グループもF1好きには見どころなんですよね。
昨年はメルセデス無双状態でしたので、シーズン序盤はケータハム対マルシャの最下位争いが結構面白かったんですよ。
 へレステストの注目は今年から復帰するホンダのパワーユニットを搭載したマクラーレンホンダの登場でしょうか。ちなみに私は、ホンダファンではありません。(ホンダのクルマを所有してますが)
 マクラーレンホンダという名前を聞いても、胸は熱くはなりません。残念ながら。アイルトン=セナを応援したことはありません。

MH02.jpg
 ホンダ復帰というニュースが流れてから、日本のセナプロ時代のファン(なのか?)からは、かなり大歓迎なコメントなどが寄せられているのを目にします。彼らはセナの死後、急にF1に興味を失くして中継を観なくなり、いまだ「セナプロ時代が一番良かった」とか「近頃のF1はつまらない(観ていないが)」とか言ったしています。ですから「マクラーレンホンダ」の名前に胸震わせ、「また今年から勝つのが当たりまえ」とも思っております。

 …いや、ちょっと待って。

 現在は、あの頃とは違います。マクラーレンはマルボロの紅白を身に纏ってはおりません。彼らはトップチームではあるものの、昨年からメインスポンサーが付いてません。その走りは一昨年昨年と精細を欠いております。つまりチームとしては斜陽に入っているようにも感じます。ホンダにいたってはセナプロファンはおそらく観ていなかったと思いますが、第三期のBARホンダは惨敗して撤退しているのです。しかも昨年kらレギュレーションが変更され、とんでもなく複雑なパワーユニットになっております。以前のノウハウはほとんど通用しないでしょう。

 マクラーレンとホンダの提携発表以来、プロモーションでは必要以上、以前のマクラーレンホンダのイメージを引用したり、それを想起させるモチーフを使ったり。何だか昔の栄光にすがろうとする老人のようで、ちょっと痛いです。

MH03.jpg
 発表された「MP4-30」。当初はネーミングが「MP4/30」になるのでは、という報道もありましたが、これも過去の引用。発表されると多くのファンからは「カラーリングが残念」という声が。昨年のカラーに一部赤が入ったもの。暫定カラーでしょうが、きっと皆、紅白カラーを望んでいたんでしょうね。

 マクラーレンは、メインスポンサーの発表前にテストなど走る場合、暫定的にチームカラーのオレンジを纏ったりするのですが、おそらく次のバルセロナでのテストで正式カラーを発表するんでしょうか。往年のイメージをここまで引っ張るんだから、きっと紅白でしょう。そういえばアロンソのスポンサーの「サンタンデール」って企業カラーは赤でしたっけ。

MH04.jpg
 テストでは、想像通りトラブル発生で苦戦しておりました。昨年、ルノーもフェラーリもまともに新パワーユニットに火すら入れられない状況でしたから、今年ホンダがいきなり好タイム連発、トラブルフリーとはならないのはF1ファンならわかる事です。そしてへレステストは各チームもまだ手の内を明かさないわけです。スポンサーへのアピールの為いきなり燃料を少なく搭載し、タイムを稼ぐためのタイヤを履いて走るチームもあれば、新パーツを隠して走るチームあり、ひたすら周回数を走るチームあり。

 しかしこのチームが何秒、あのチームが何秒と意味の無い報道をするマスコミ。そしてトラブル多発のホンダはもうダメだ的な報道も。中にはウエットで出したホンダのラップタイムとドライのチームのラップを比較して、ホンダは遅いと記事を書くお粗末なジャーナリストまでいます。

 アロンソもバトンも今年は我慢と理解しているようですし、見守るカタチで応援するのも楽しいかもしれません。第2期のように勝てないかもしれません。ホンダもファンもあきらめずF1に参戦し続けてもらいたいものです。ルノーやフェラーリ、メルセデスのように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。