-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-30 00:14 | カテゴリ:Event
あとひと月

 子どもの頃に比べて、クリスマスはワクワクもしないのですが、家を飾るのは楽しいので、我が家では1か月前くらいから、クリスマス仕様となります。10月末にハロウィーンが終わって、家の中も通常営業でしたのでようやくといった感じ。

xma02.jpg
 まずはディスプレーしていた絵本もクリスマスものにチェンジ。

xma03.jpg

xma04.jpg
 ついでに下げていたポストカードも、クリスマス用に取り換えましょう。

xma05.jpg

xma07.jpg
 それから、小物をちょこちょこ出します。

xma11.jpg
 何か新しいものないかなぁと雑貨屋さんを周ったりするのも楽しいもんです。

xma06.jpg
 

xma08.jpg
 メインのツリーですが、今年はオーナメントを新しくしました。今年はシックにシルバー系のオーナメントに統一してます。あまりゴチャゴチャさせずシンプルな方向で飾ってます。
xma09.jpg

xma10.jpg

xma12.jpg
 クリスマスが終わると今年もおしまい。何だかあっという間の一年間だなぁ。今年も最後の一ヶ月を頑張って乗り切りたいものですね。
スポンサーサイト
2014-11-29 22:05 | カテゴリ:Touring
こどもといっしょに、どこいこう!!
 …というキャッチコピーのクルマのCMが以前ありましたが、ここ北海道は冬となり、日増しに寒くなっていきます。そうなると子どもを連れて行く場所に困ることになります。下手に外で遊ばせて風邪ひかせてもまずいだろうし…。

 そうなると屋内でどこか…という消去法で考えて行くと、『おたる水族館』は11月で今年度の通常営業を終了するという事を聞き(12月末から冬季営業が開始します)、だったら行きましょうという話になります。

otasui02.jpg
 ちなみに家族でおでかけとなると出費は痛いもの。動物園なんかに比べると、水族館は比較的お高い入場料なわけです。しかし、幸いなことに『おたる水族館』は職場の厚生施設利用券が使えるので、大人一人「400円」となります。(そういえば昨年は300円だったのに…)

otasui03.jpg
 水族館は一部アジアンな観光客の一団はおりましたが、おおむね空いておりゆっくり観る事ができました。

otasui04.jpg
 生涯水族館二度目の〝葉っぱ"ちゃんは、もちろん大興奮。そりゃそうだろう。だってホームセンターの熱帯魚コーナーですらテンションを上げるわけですから。

otasui06.jpg
 入ってすぐの水槽に釘づけ。エイがお気に入りのようです。自分の前を泳ぎ過ぎると、指さして「おっきー!おっきー!」と歓声を上げます。うん、ナイス リアクションだよ、わが娘よ!

otasui07.jpg
 入場してすぐに、サメの特集コーナーが出来上がってました。もちろん流れているBGMは映画『ジョーズ』のサントラ。
もう雰囲気抜群です。

otasui08.jpg
 ゴブリンシャークの標本も展示されております。それにしてもこの世のものとは思えない醜悪さ。

otasui10.jpg
 一方、ここおたる水族館は地元の北海道周辺の魚の展示が充実しております。イトウや…

otasui09.jpg
 ワカサギなんかが泳いでおります。

otasui11.jpg
 オショロコマも…。実はこの後、北方の海展示で〝葉っぱ"ちゃんの身にとんでもないことが起こります。

あまりの事態にさすが写真は撮ってませんが、その時、〝葉っぱ"ちゃんは、手すりの格子を掴んで立っておりました。格子の隙間に顔を押し付けていると…。

 はまりました…すっぽりと。

格子の間に首が挟まって抜けません(笑)。本人は抜けなくて、号泣。

私が引っ張るも、…抜けません。

私も嫁も頭に浮かんだのは…「レスキュー隊が駆けつけ、バーナーで鉄柵を焼き切るなどの必死の救助をされている光景」。そしてその様子を再現ドラマにされ、『世界仰天ニュース』とかに出ちゃうなぁ…ということ。

 幸い、髪を横に縛っていたゴムを外し、ちょっと手荒く引っ張ると抜けましたが、びっくりです。

otasui12.jpg
 その後、機嫌を直し、アザラシショーを見た後、このピラルクの食事タイム。こいつらは食事は週に1度だけだそうです。魚を一瞬でバクッと飲み込む姿は圧巻です。
 なんとなくこの顔、今年のF1のメルセデスAMGやフェラーリのマシンのノーズに見えなくもないです。

otasui13.jpg
 イルカショーもゆっくりと観ることが出来ました。

otasui14.jpg
 人生初イルカの〝葉っぱ"ちゃんは、激しいジャンプに反応も出来ず、すっかり固まってしまいました。

otasui15.jpg
 何年か前にここに来ましたが、いろいろ展示方法や配列も変わっており、楽しみことが出来ました。

otasui16.jpg
ここは、結構古い水族館ですが、今後とも楽しませてもらいたいなぁと思いました。
2014-11-23 00:05 | カテゴリ:hobby
〝葉っぱ"ちゃんの赤いクルマ

RR01.jpg
 女の子なのですが、最近〝葉っぱ"ちゃんはクルマが大好き。というか、運転が大好きなんでしょう。これは父母のDNAのせいなので仕方ない所です。

 とにかく丸いフタなどを両手で持って「ブッブー!」とか言いながら遊んでいたりしてます。ですから跨って乗れるクルマを水面下で探しておりました。ただクルマ好きとしてはあんまりヘンなものは与えるわけにはいきません。

 量販おもちゃ屋などに行き、市場価格を調査したり、試乗させたりしましたがどうも今一つ。
これで、カングーとかキャトルとかのベビーカーがあれば(一般のお店で)いいのですが、まずは見かけません。インプレッサやGT-Rなんかはありますが価格と出来が釣り合ってません。

 で、本日見つけてそく購入、納車となったのが、こちら…。

RR02.jpg
 どうでしょう?格好いいんじゃないですか。まだフロントにエンジンを設置していたクラッシックなF1のようなデザイン。そして真紅のボディ。

『RADIO FLYER #8 Little Red Roadster』というモデルのようです。

RR03.jpg
 このボディは玩具っぽさがなくていいです。材質はプラスティックじゃなく金属製。タイヤもゴム、ホイールもスチール製です。ですから比較的重量はずっしりとしております。

RR04.jpg
 デザイン的にもすっきりしており、この手の玩具にありがちな破綻がありません。正直私が欲しくなって購入したわけです。子どもが乗らなくなったらこの手の玩具は捨てるか、他人にあげるしかないですもんね。でもこいつならディスプレイとしても十分鑑賞に堪えられそうですし。

RR07.jpg
 では細部をじっくりと…。


RR06.jpg

RR05.jpg

RR08.jpg
 このクルマの最大の欠点は…そう重すぎて、ステアリングを子供の力で切ることはほぼ不可能ということ。
これは現物を見た時にすぐに分かったことです。

 でもなぁ。これ格好いいしなぁ。まぁ試乗した時は〝葉っぱ"ちゃんも楽しそうに乗っていたので、まぁ何とかするでしょう、曲がらなくても。子供ってハンディキャップをネガティブにとらえずに、自分なりに創意工夫して何とか対応していくもの。

 現実、家に帰ったら、嬉々として乗ってます。

…皆さん気になるお値段ですが、中古車ですので、ズバリ…










「1500円也」



ね、安いでしょ?


ちなみに新品ネットで確認したら

「29800円!!!!!!!」ええええええ~え!
ちょっとだけ驚きました。

今日のスイーツは

RR09.jpg
 札幌の有明でたまたま通りかかった時に見つけたお店。『COCCO Terrace』。たまご農家さんがやっているスイーツ屋さん。スイーツだけではなく卵や農作物も販売しております。

RR10.jpg
 てなわけで、ちょっとシフォンケーキなど買ってみました。ランチもできるようです。今度ゆっくり来てみたいなぁ。
2014-11-22 21:32 | カテゴリ:Etc
雪国のおはなし


 ここのところ、本業が忙しくブログの更新をさぼっておりました。もっとも忙しいので大したネタもないのですが、11月の第二週ころに、北海道ではまとまった雪が降りました。そのお話を少し…

fuyu02.jpg
 タイヤ交換を済ましてしまえば、雪が降るのは怖くはないのですが、できたら降らないでいただきたいのが北国の住人の率直な感想です。

10月~11月に積もって、すぐに消える雪を『初雪』と呼んでますが、たまに初雪がそのまま『根雪』となる場合もあります。たしか二年前がそのパターンでした。

 ここから3月の末まで雪に閉ざされるのかと思うと正直気が重たいものです。クルマ好きからいうと、やはり雪道の運転は気を遣うので緊張感を伴うのです。たまに自動車雑誌のヒョーロン家センセイが「僕は雪道を走るのは大好き、ワクワクする」なんて書いてあるのを見ると「はぁ?」と思ってしまいます。本当の北海道の冬道の怖さを体感しても、まだそう言えるのか!と毒づきたくなります。

fuyu03.jpg
 初雪ってそう考えると、雪国の我々に「本格的に冬になるから、その感覚を思いだせよ!」と予行演習させるために、神様が降らせているかのよう。

fuyu04.jpg
 ホワイトアウトの道路も走らなくてはなりません。ブラックアイスバーンの路面でも我々はクルマを確実に止めなくてはなりません。

 その感覚を早く取り戻すため、初雪の上をルノーを走らせております。

本格的な冬になるのも、あとわずかです。

日本で一番売れたルノー?

fuyu05.jpg
 今や二代目カングーもフェイズ2となってますが、街中ではカングー1が多く生息してます。カングー1といえば、やはり5ナンバーサイズのコンパクトさが魅力です。カングー2に比べ圧倒的に商業車テイストなのも魅力なのかもしれません。

fuyu06.jpg
 結構台数多い割に、遭遇すると何故かオーナー同士、うれしそうに手を振ったり、挨拶したり。カングーってそういうフレンドリーなクルマなんですよね。

fuyu07.jpg
 私の理想のカングーはフェイズ1の1600cc、5MTのダブルバックドアの仕様なんですよね。…あ、それ近所でたまに見かけるカングーですw
2014-11-04 00:02 | カテゴリ:SHOP
タイヤ交換のあと


 天気予報では、気温が低くなり、雨や所によって雪という予報が出ているので、屋外は厳しそうです。となると屋内で遊べることを考えましょう。ということで、普段行ってみたいお店を周りたい、じゃあ方向は…今回は千歳方面に行きましょう。

bun02.jpg
 まずは「かもめ食堂」(千歳市北栄2丁目19-6)。その名前の通り、映画『かもめ食堂』をモチーフにしたカフェです。
ムーミンをはじめ、置かれている北欧雑貨が素敵です。

bun03.jpg
 メニューも映画を再現していたりしてるのですが、実は本日、お店の2周年イベントが開催されており、店内はさまざまな作家さんの作品の販売が行われており、通常営業ではありません。

bun04.jpg
 ですから、料理はテイクアウト中心。チキンカツサンドとおからハンバーグとマスタードのマリネのセットと塩むすびを購入。そして、ここでいくつか雑貨も購入。

 今度はゆっくり来たいものです。

bun05.jpg
 とりあえず、テイクアウトしたご飯をどこで食べようか。いつもなら公園なんですが、風がものすごく強い。天気や日差しは思ったより暖かいのですが。

 こうなると目指すは、我らが千歳アウトレットモールレラ。ここならキッズスペースもあるので〝葉っぱ"ちゃんを遊ばせたり、ご飯を食べるフリースペースもあります。しかも空いているw。

 ここでもムーミングッズなどを眺め、次なる目的地へ。

bun06.jpg
 実は、住宅地にある雑貨屋さんを目指したのですが、何と何と定休日。ありゃ。そこのお店のご近所にちょっと気になる建物があったので立ち寄ってみましょう。

『il dono』という家具と生活雑貨のお店。ここの建物、ロケーションがとても素敵。対応してくれたお姉さんも親切でしたし。聞いて見たらここ『アートホーム千歳支社』だそうです。ショールームというわけか。

まてよ、アートホーム、アートホーム…最近、聞いたことがあるぞ、雑誌かなぁ。

bun07.jpg
 帰って気がつきました!あぁ、アートホームさんだ。今年のFBPでいろいろお世話になったじゃないか!すっかり忘れてました。

bun08.jpg
 そこのご近所にお洒落なお家と、とてもきれいな水色のルノートゥインゴ。いいなぁ。
てなわけで、何か甘いものでも食べて帰る?というと、〝葉っぱ"ちゃんは「あいすー、あいすー」を連発。ん?まてまて、お前、いつどこでそんな言葉覚えたのだよ。

bun09.jpg
 アートホームさんのご近所にジェラート屋さんを発見。

bun10.jpg
 『GELATERIA MIRTILLO』(千歳市長都2)。ブルーベリー農園が経営しているジェラート屋さん。

bun11.jpg
 天気が良ければ、ブルーベリー畑を見ながら食べることも出来ます。

bun12.jpg
 今回はキャラメル・リンゴを注文。とても美味しかったのですが、パンフレットを見て「ミルティーロ」とはイタリア語で「ブルーベリー」の意味という事知り、まずはブルーベリーを頼むのが筋なんだろうと反省です。まるで蕎麦屋でラーメン注文したみたいに。〝葉っぱ"ちゃんは大好きなブドウ味を注文し、「あいすーおいしー」としゃべってます。…ん?まてまて、お前、いつどこでそんな言葉覚えたのだよ。

bun13.jpg
 千歳から、長沼、栗山、岩見沢と遠回りして、自宅に戻りました。岩見沢方面から暗くなり、みぞれがフロントガラスを叩きました。気温もグッと下がってきました。もう冬がすぐそこに来ているんですね。
 
2014-11-03 21:33 | カテゴリ:Repair
雪のたよりが、ちらほらり


 11月の休日、近所のあちこちで見かける光景。

 それはタイヤ交換。例年、11月の第二週くらいまで引っ張って交換しております。交換は2台あるため、基本自分です。一度、試しに近所のガソリンスタンドにお願いしたら、最初提示した料金とは異なり、〝輸入車"だから、タイヤ交換料金割増(通常4本分の工賃ですが、輸入車は6本分!俺のクルマはタイレルP34か!)を請求されたことがあります。
ですから、面倒な作業でもないので自分やっちゃます。ただ最悪なのは雪が積もる中、夜中に必要に迫られタイヤ交換…このパターンが過去に何度かありましたが、避けたいシチュエーション。

 いつも通りの時間に起きたので、まだ雪が降らない朝のうちにタイヤ換えちまおう、ということになりました。まずは2台を家の前にこんな風に並べて、作業開始!

TYC02.jpg
 まずはカングーから。夏タイヤを外し、冬タイヤを準備します。

TYC03.jpg
 ムッシュ ビバンダムが微笑んでいるこのタイヤは3シーズン目の「ミシュランX-ICE XI3」。

TYC04.jpg
 まずはカングーのタイヤ交換完了。やはりカングーには鉄ちんホイールが似合いますよ。では間髪いれずに、ルーテシアも交換しちまいましょう。

TYC05.jpg
 ルノースポールのように、走るクルマはできるだけ夏タイヤのままでいたいですが、安全のためにもそうは言っておれません。まずは夏タイヤを取外して…。

TYC06.jpg
 ルーテシアRSの夏タイヤはごらんの「フェデラル595RS-R」、台湾メーカーのハイグリップタイヤです。いわゆるアジアンタイヤです。「乗ってみてどう?」と聞かれたら「良いよ!」と答えております。このタイヤがラインナップしていれば次回も購入候補です。ハイグリップタイヤなんでもっと摩耗するかと思いきや、意外と大丈夫みたいです。

TYC07.jpg
 ただ、さすがにフロントタイヤはこんな風に内側が摩耗しております。取りあえず春にはタイヤローテションですね。

TYC08.jpg
 そしてルーテシアRSの冬の靴は、カングー同様「ミシュランX-ICE XI3」。昨年、雑誌「Tipo」のモニターキャンペーンに当選したものです。今シーズンもミシュランに対し、レポートを提出する義務があります。

TYC09.jpg
 そうこうする間に、ルーテシアのタイヤ交換も完了。これでいつ雪がふっても大丈夫です。もちろんまだまだ、ふっては欲しくないのですがね。

TYC10.jpg
 夏場はブラックのOZのホイールですが、冬はルノー純正のアルミ。これだけで雰囲気がガラリと変わってきます。皆さん、この冬も安全運転で行きましょう!
2014-11-02 21:04 | カテゴリ:Showroom
…といってもパチンコ屋の話ではありません


 前回も書いておりますが、ルノー札幌が改装に入っておりましたが、いよいよ新規オープンです。どんな感じかと偵察を兼ねて行ってまいりました。
 前までのルノー札幌のショールームはどちらかと言うと「北海道日産色」が強くて、輸入車ディーラーっぽくありませんでした。それはそれで肩ひじ張らなくていいのですが、やはり輸入車にプレミアム感を求める人にとっては物足りなかったかもしれません。そこで今回は、世界統一のルノーのショールームの内装になりました。

 さて、どうなったでしょうか。

NREN02.jpg
 お、どこかで見た事のあるメガーヌ2RS!しかもナンバーを見ると…
bleuarticさん!札幌にいらしていたのですね!

NREN03.jpg
 新しくなったショールーム内、前回ちょっとブログにアップしてましたが、今回が完全版です。黄色をモチーフにした店内はとても明るく、お洒落です。

NREN04.jpg
 ショールーム内には、ルーテシア4、キャプチャー、カングー、メガーヌ3RSの4台が入っております。そのうちカングーとメガーヌが黄色。ショールームに映えます。

NREN05.jpg
 今回の限定色のうちグリーンはすでに完売だそうです。一番販売台数が多い黄色はまだ残っているそうです。この黄色、うちのカングー1と同じなのでかなり刺さります。黒バンパー仕様のZENがベースなんで、余計カングー1とかぶります。しかも前期型同様、ピクニックテーブル装備助手席可倒式となってるのもありがたいものです。

NREN06.jpg
 今回ショールームにキッズスペースが出来ました。カングーを見に来るお客は小さな子どもも多いと思われるのでありがたいです。うちの〝葉っぱ"ちゃんは、そこでbleuarticさんとこのお姉ちゃんにたっぷり遊んでもらい、超ご機嫌。

NREN07.jpg
 そしてCOOLなイメージのRENAULT SPORTブース。これでグッズやパーツなんかが並ぶと嬉しいかも。

NREN08.jpg
 メガーヌ3RS、フェイズ2の顔、本当に素敵です。そして速いんだろうなぁ。

NREN09.jpg
 そんなわけで、一気にお洒落になったルノー札幌ですが、フレンドリーさは、もちろん以前と変わっておりません。ここ最近のルノーはデザインに力の入ったクルマが増えているので(しかも以前と違って常識的なデザインw)、このショールームと相性もばっちりだと思います。

NREN10.jpg
 ちなみに今回は、「キャプチャー」のロゴの入ったステンレスボトルを頂きました。寒くなるのでドライブする時、熱いコーヒーなんかを淹れてクルマに持ち込むなんていいかもしれません。

今日の仏蘭西さん

NREN11.jpg
 ルノー札幌の帰りに立ち寄った某お店での2ショット。この二台こう見えても兄弟なんです。カングー1はベースがルーテシア2。しかもこのルーテシア2はフェイズ1です。ですから乗ると走りに結構共通点があります。このルーテシア2本当に良いクルマなんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。