-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-26 22:27 | カテゴリ:SPORT
CT05 1
 2014年のF1GPの開幕も近づき、各チームがテストに入りました。今年はレギュレーションが大きく変更になる年とあって、今までの勢力分布が大きく変わるかもしれません。

 一番の変更点はパワーユニットが2400ccV8から1600ccのV6ターボへとダウンサイジングです。それにERSという回生エネルギーと熱エネルギーを利用したブーストを装備しております。そして一番印象的なのは、奇妙なフロントノーズ。これは2014年のレギュレーションに合わせるため、各チームが解釈したもの。
へレスでのテストでは、ルノーのユニットにトラブルが発生し、ルノーユーザーチームはほとんど走ること出来ない状況。そんな中でケータハムは何とか走れている状況でしたが、とりあえず“走れている”というだけ。続くバーレーンでのテストでは、ルノーは問題を解決しつつあるものの、メルセデスとはずいぶん差をつけられております。そのような状況から、可夢偉がコメントしてます。

 
CT05 2
「“今の段階”では、F1のレベルに我々はいません。(下のカテゴリーの)GP2のマシンと大差がありません。」
ずいぶんどっきりな発言ですが、この後に発言は続きます。「しかし、それはまだ我々にものすごいポテンシャルがあるということです(まだルノーユニットが本領を発揮していないので)。そのためにはたくさんの作業が必要だし、進歩しなくてはいけないのですが、彼ら(ルノーのエンジニア)を信頼するだけですし、開幕のメルボルンで(その結果が)わかるでしょう。」

 へレスではレッドブルやトロロッソが満足に走れない中(ロータスは不参加)、かろうじてケータハムが走り、ルノーのためデータ取集を行います。本来は自分のマシンのテストをしなくてはいけない所ですが、それが出来ない状況。可夢偉はその状況で不安を抱きつつも、走れるだけマシン走らせます。それが将来的にルノーの信頼につながり彼の、チームの財産となるためです。彼の姿勢、発言ともにプロフェッショナルだと私には思えるのですが、先日のインターネットの記事でこう報じられました。

「可夢偉、ケータハムはF1のレベルにない」という見出し。

内容も「ケータハムはF1と思えない位遅い。F1のレベルにない。GP2のマシンを持ってきて走らせた方がまし。」
という記事で、そこには前向きさは見受けられません。世界で勝負する可夢偉はその発言、立ち振る舞いが日本人的ではないためか、国内では誤解を生むときがあります。案の定、記事を読んだ人のコメントの多くは「何、愚痴ってるんだ!」「遅いチームを選んだのはお前だ!」「負けた時の言い訳をしている」「チーム批判だ!許されない!」「情報収集せず契約しといて、あとで騒ぐのはおかしい」「ジャパンマネーのおかげでシートを獲得しただけの奴が偉そうにいうな!」「新人が偉そうにF1を語るな!」と勘違いなもの。

この記事を書いた記者は、何か悪意があったのか、それとも無知なのか知りませんが、あまりのレベルの低さです。とてもプロフェッショナルな仕事とは思えません。

 たとえばサッカーの本田が「今の日本代表チームは、ワールドカップで勝つレベルにはない!勝つために我々は努力し成長しなくてはならない」と発言したとすると、きっと翌日の新聞では「本田、日本代表に喝!」ってな見出しになるでしょうね。「日本代表はワールドカップのレベルにはない!」とはならんでしょうね。

スポンサーサイト
2014-02-23 22:16 | カテゴリ:Etc
ルノーに乗って

 ちょっとMOLESKINEに落書き。ロータスエランです。特別英車が好きという訳ではありませんが、小さくてスポーティなクルマは好き。今度日本でも発売されるスズキエンジン搭載のスーパーセブンも実は興味津々です。
 一方、日本車は何でかどんどん大きくなり、どんどん四角く冷蔵庫みたいになっていきます。何か楽しいクルマがでないですかね。
 
 で、本題ですが、そういえば気が付いてみたら、前回の更新をした日で、ルーテシア納車から3年目となったのでした。

3nen01.jpg
 車検が済んでますので3年なんですが、もうずいぶん乗っている気がします。3年前の2月19日の夕方にルノーからルーテシアを受け取り、取りあえず小樽まで走らせました。どんどん雪が降ってきまして、とりあえず小樽市内のファミレスで夕食を取ったのでした。

 このルーテシアは自分の生活環境が変わる事で導入したクルマ。クルマにちょっと興味が薄れて来たころに買ったクルマです。小さなクルマで遠くまで出かけたい、そしてガンガン走りたい、そんな条件から選んだのがコイツでした。

 年齢的に周囲はミニバンや大きなセダンになったりします。
「今更、小さなクルマなんかには乗れないよ」という人も周囲にいました。

 でも、このルーテシアはたくさんの人と出会わせてもくれました。語弊があるかもしれませんが国産ミニバンや独高級車では、また違った3年間になっていたのでしょうね。私は、この3ドアの黄色いハッチバックで良かったと今でも思っています。そして、またこの後も、新たな場所と出会いを作ってくれることに期待して、本日ステアリングを握ったわけでした。
2014-02-19 22:15 | カテゴリ:Etc
面白い事になってきました!


 ネットなどですっかり話題となっている、新型ルノートゥインゴのプロトタイプのフォト。
トゥインゴとはルノーのボトムレンジを担うコンパクトハッチバックなんですが、初代から革新的なパッケージングが売りの、ルノーらしいクルマです。

 その3代目となる新型ですが、パッと見は現行ルノー顔をまといつつ、2代目のフェイズ2顔の面影も残す感じです。ただ今回はルーテシア同様リアドアハンドルを隠した処理をしつつ、そのボディは5ドアなのです。ルーテシア、トゥインゴと3ドア消滅なのは残念なところ。

 顔はルノーだけども全体のフォルムは現行チンクチェント?風なシンプルでコロッとした感じです。
今回ルノーは、このトゥインゴに往年のコンパクトカー「5(サンク)」のイメージをダブらせたかったみたいですね。

tw02.jpg
 そのあたりは、リアから見るとイメージしやすいかと思います。そしてこのトゥインゴの最大の売りは何かと言うと…

リアエンジンということ。

現行の量産車でいうと、スバルサンバーディアスが消滅した今となると、ポルシェ911とスマートフォーツーくらいでしょうか?このご時世、ボトムレンジのコンパクトカーにこのレイアウトとはずいぶん贅沢な話です。ルノーの話では室内空間を広くするという初代から追求しているコンセプトを進めるための手段だそうですが、もちろんそれだけではありません。今回のトゥインゴは新型スマートフォーフォーと兄弟車となるため。このレイアウトとなったようです。

tw03.jpg
 ちなみにこちらは初代スマートフォーフォー。スマートといえば二人乗りのマイクロコミューターを思い浮かべますが、普通のコンパクトカーも出しております。初代は三菱コルトベースだったことが理由かどうか知りませんが、国内ではパッとしなかった印象です。ですから今回はこの新型と共用となるわけです。

 このRRレイアウトというだけで、クルマ好きとしては是非乗ってみたい一台。そしてこのシャシーを利用したスポーツカーがケータハムと共同開発とか?アルピーヌブランドでも出るとか?なんて妄想も膨らみそうです。

トウィンラン コンセプト
 ちなみに新型トゥインゴが発表される前に、コンセプトカーとして「トゥインラン・コンセプト」が発表され、これはミッドシップレイアウトでした。てっきり過去に、FFハッチを強制的にミッドシップ化したサンクターボや2代目ルーテシアにあった「V6」シリーズなんかをモチーフにしたコンセプトかと思っておりましたが、かなり近いカタチで発売するとは。ゼッケンにある「5」はサンクへのオマージュでしょうね。

歴代トゥインゴ大集合!

tw04.jpg
 初代はホンダトゥデイにも似たデザインのコンパクトハッチ。サイズから想像できない広さを持ったパッケージが魅力です。今見ても何ともお洒落な仏蘭西車らしいデザインですよね。

tw05.jpg
 こちらは2代目。写真はしかもフェイズ1のRSなんで、もうハデハデです。かなり初代とはイメージが違うように見えますが、実はパッケージなどDNAは強く受け継がれております。ルノーでの輸入が早い段階で終わってしまったのが残念なモデルです。

tw06.jpg
 さらにこちらは2代目のフェイズ2.そして写真はゴルディーニなんで、もうめちゃくちゃ濃いです。発表直後は賛否両論ではなく“否”が圧倒的でしたが、現車はどうしてどうして素敵でした。埋め込まれた丸いフォグライトは新型にも受け継がれましたが、これは初代のヘッドライトへのオマージュなんでしょうか?
こちらもゴルディーニのみの導入ですぐに終了だったので残念なモデルでもあります。

というわけで、攻めの姿勢のルノーの本気のトゥインゴ、期待しております。
2014-02-17 21:28 | カテゴリ:Event
土日の出来事プレイバック

 この週末、ロシアのソチでは熱い熱戦が続いておりますが、本州の方では再度大雪の被害が出ているようです。15日の土曜日には、とある飲み会がありそれに参加することとなりました。日中仕事があるため、ルーテシアで職場へ行きます。そして夕方仕事が終わると一旦、自宅にクルマを置きに帰ります。

私が飲み会のため、モモヤナギは“葉っぱ”ちゃんをカングーに乗せ、札幌の実家へ。実家が私の職場の近所なので大抵こういう時は、途中国道ですれ違うこととなります。この日も雁来の空港通り付近ですれ違います。お互い黄色いルノー車なんですぐわかります。

BAU02.jpg
 家に戻るとすぐにやる事は…。

実は数日前にモモヤナギが「ソファの前にローテーブル欲しいね。」と言っておりました。サイズ的にも小さく、構造もシンプルなので短時間で出来るだろうと踏んで、JRの時間まで作業開始。

およそ1時間のリミット。とりあえず仕上げは後回しで組むことを優先です。

BAU03.jpg
 と、こんな感じです。テーブルの下に雑誌やリモコンなどを置くこともできます。

BAU04.jpg
 夜、コーヒーを飲んだりするのに、このテーブルが活躍しそうです。
で、予定通り1時間で完成したので、すぐさまJR駅まで歩いて向かいます。

BAU05.jpg
 札幌駅付近での飲み会でした。本州から主賓を招いての会でしたが、あいにくこの天候で飛行機が飛ばなくて、結局道民のみで、郷土料理を食べることに…。

BAU06.jpg
 二次会で行ったお店でウイスキーを頼みつつ、おじさん4人でこんなものも頼んだわけです。かなりしっかり甘かったです。

BAU07.jpg
 よく日曜日、おやつを買いに『バームクーヘン専門店 グラフミューラー札幌本店』へ。以前千歳のレラで移動販売車にて販売していたのを買ったことがあります。前から店舗に行こう行こうと思いつつチャンスがなく、ようやく日曜日となったわけです。

BAU09.jpg
 小さいながらも、専門店なので数多い種類のバームクーヘンがあり、悩みます。またレジの後ろでは、バームクーヘンを焼いている姿が見えます。

BAU10.jpg
 この日購入したのは「ハニーオレンジ」と「メイプルアーモンドクランチ」。しっとりしていてしっかりしています。まだまだ気になるバームクーヘンがありますので、近々また行きたいと思います。
2014-02-14 21:53 | カテゴリ:CRAFT
いろいろ製作


 気が付けば2月も中盤。ということは、ここ北海道にも春が近づいているという訳です。ただ油断していると最後の大雪が来ないとも限りません。それでも雪がとけて気持ちよくクルマを走らせることができる日を楽しみに、もうしばらく頑張りましょう。

TUKURU02.jpg

TUKURU03.jpg
 まぁ、パンを焼いてみたり。ネットなどで気になるレシピがあると試してみたいですよね。

TUKURU04.jpg
 そして、以前作っていたペーパークラフト。前回作ったものは微妙にスケール感がありませんでしたので、今回は1/43もしくは1/50を意識したサイズとしてリニュアル。新作の花屋も作りプリントアウト。

TUKURU05.jpg
 今回はペーパークラフトとミニカーだけではなく、フィギュアを組み合そうと考えております。先日AMAZONで購入した、1/50フィギュアセット(未塗装)を利用し、各フィギュアのポーズ変えや、改造を行います。まずは1体目。「アコーディオンを弾く女」を作ってみましょう。まずはイメージのスケッチを描いてみることに。

TUKURU06.jpg
 スケッチをもとにエポキシパテを使い、ポーズ変更やアコーディオンを制作です。まだ未塗装ですがこれからの作業です。

TUKURU07.jpg
 100円均一で買った箱にペーパークラフトを組み込んでみました。今回は黄色いお店の横に、アパルトマンを併設してみました。建物の壁にもっと細かなパーツを追加してやればもっと雰囲気が出そうです。感な感じで隣に隣にお店や建物をどんどんつなげていって一つの通りを再現してみたいですね。今回はルノー4のミニカーを置いてみます。
 
TUKURU08.jpg
 で、最近この4(キャトル)にものすごく関心があります。ですからついつい目が行ってしまいPCで絵でも描いてみましょう。カングーの御先祖様のこの「4(キャトル)フルゴネット」が今、欲しいクルマです。こんなクルマが手に入ったら、何か小さいお店を始めたくなります。

どなたかキャトルフルゴネットを手放したい方はご一報くださいw。



2014-02-08 22:45 | カテゴリ:Etc
日本列島冬景色


 雪が降るのは北海道では当たり前の話ですが、本州でもかなりの積雪があったようです。除雪車も除雪道具もない地方だと20cmも降ったらそれはそれはパニックになるでしょう。

 そんな時、こちら江別・札幌では降雪はありません。

休日出勤なので、いつもよりちょっとだけのんびり家をでます。

SAMU02.jpg
 ガレージのルーテシアに乗りこみエンジンを回すと、外気温「-10℃」。ガレージから出すととたんに「-13℃」。走り出すと「―15℃」。

寒いねぇ。

そして、角山付近でいつも最低気温が出るポイントに近づくにつれ「-16℃」、「-17℃」、「-18℃」とぐんぐん冷えてきます。

そしてこの日最低気温更新「―19℃!」

もう、寒くて指がちぎれそう。

SUM03.jpg
 夕方仕事を終え、帰宅しますがちょっとだけ寄り道をします。

SUMU04.jpg
 帰り道の途中にあるお店。

「きのとや東苗穂店」

幹線道路沿いではなく枝道に入った所にあります。

工場に併設された黄色い店舗が特徴的です。当然黄色い建物を見たら写真を撮らずにはいられません。

SUMU05.jpg
 家にお土産のケーキを買って帰りましょう。それにしてもここ数日寒い寒い。まぁ雪が降るよりいいんですが。

本州のみなさま方くれぐれも怪我や事故のないようお気をつけお過ごしください。
2014-02-05 21:37 | カテゴリ:Etc
冷凍庫な朝

 道民の皆さま、本日は一日寒かったですね。仕事に行くため、いつもの時間の5時30分に起きましたが、テレビの天気予報でも寒い寒い言っておりました。まぁ寒い方が、開幕した『さっぽろ雪まつり』にとっては都合がいいんでしょうけどね。

NRS03.jpg
 ルーテシアに乗り込み、エンジンに火を入れると、外気温がモニターに表示されます。

「―16℃」

うーん、寒いわけだ。
そんな中ルーテシアを走らせるとほどなく、前方に「!」というクルマが走行しております。実は数日前から何度か目撃していたクルマなのですが、本日は至近距離からバッチリ捕捉しました。

NRS02.jpg
 NEW ルノールーテシアRS(ルノースポール)。そう私のルーテシアRSの新型です。新旧ルーテシアRSのそろい踏みです。

NRS01.jpg
 バックミラー越しに正面の写真も撮ってみました。新型RSは写真より実物の方が数段格好いいですね。しかし、専用のワイドボディを纏った私のRSの方が格好いいでしょう!と負け惜しみの一つもつぶやいておきます。

NRS05.jpg
 先日、amazonから届いた絵本。

安野光雅さんの『きつねのざんげ』という本です。古い本ですが、とても美しい絵本です。文字もわざとにじんだような印刷が施されており味があります。

お話は子ども向きではなく、大人に向けての寓話となっております。愛する女狐のため、最高の偽善者を目指した狐の悲しい結末を描いた絵本です。感動ではなく胸に迫ってくる何かがあります。本当に奥が深い1冊です。機会があれば手に取って欲しい本です。
2014-02-01 22:28 | カテゴリ:COOK
さよならカングー(代車の方w)
 およそ1週間借りていましたカングーとも今日でお別れ。ルーテシアRSの車検が完了したという連絡が入りました。
このカングーに乗っていると、今後のクルマ趣味の方向性が何となく見えてきました。そういう意味で楽しい代車生活でした。

momo-cafe COOK
PCU02.jpg
寒い日が続くと、熱くなるものが食べたくなるもの。そこでカレーでもつくりましょう。ただいつものカレーではなく今回のテーマは『パキスタンカリー』。このブログでも数回登場している南区の「カラバトカリー」風なものをパクってみましょう。
 まずはスパイスから。とりあえずカレーといえば、クミン・コリアンダー・カルダモン・ブラックペッパーあたりでしょうか。そしてフライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉を弱火でじっくり煮込みます。この間およそ2時間くらい。

 そしてそこにニンニク、ショウガ、玉ねぎを投入。これまた煮込むこと30分。

PCU03.jpg
 で、トマトピューレを入れ、ホロホロになった鶏肉をほぐします。

そしてお待ちかねのカレー粉を入れ、お好みで塩で味を調えます。

PCU04.jpg
 水気を飛ばしたら完成。とりあえず一晩寝かしましょう。で、本日再度温め直し、ガラムマサラを入れて、熱いご飯に添えます。

PCU05.jpg
 素人が作ったわけですが結構、それっぽい味になります。時間はかかりますが、作り方はいたってシンプル。ほとぼりが冷めたころまた作ってみようかな。

え!
 
 何が「え!」かというと、本日仕事に行くとき、隣のおじさんおばさんが犬の散歩で歩いておりました。

「おはようございます」

「momo-cafe君、除雪機盗まれるよ!」

「え!?」

どうやら、隣の家で数日前、除雪機が盗まれたそうです。近頃除雪機窃盗が増加していると耳にしますが、隣家でも被害に遭っているということに驚きです。しかもチェーンで繋いでいたにもかかわらず切断されて持っていかれたとのこと。そうなるとなぜ、ウチは無事だったのか?まさか除雪機が古くて、ボロだからか…。ちょっとだけ悔しい気がします。お隣はハイブリッド除雪機だったはず…。

 しかし、被害に遭っていなかったのはもう一つ理由がありそうです。それがこの写真。

sya03.jpg
 その時カングーの後ろに除雪機を置いておりました。つまり二台のカングーが並んでいた為、除雪機を出すことができないわけです。不幸中の幸いですが、この後、どう保管しようか。一番安全なのはガレージですが、クルマを追い出して除雪機をガレージに納めるのは本末転倒な気がしますし…。

もうスピード違反を取り締まらなくていいから、早い所、犯人を捕まえてください、お巡りさん。

PCU06.jpg
 そして、ルーテシアの車検、完了しました。とりあえずリアのブレーキパッドやファンベルト、フィルター関係を交換しただけで済みました(タイベルも本当はしなきゃならないんだけどね…)。前回トラブルのあったリアのブレーキキャリパーは後ほど交換する予定です。まぁ見積もりよりも安く上がって一安心。次はカングーの車検です。さてさて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。