-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-30 22:35 | カテゴリ:Etc
代車生活4日目

 ルーテシアRSの車検のため、代車としてやって来たのはルノーカングー。初代のフェイズ1というヤツで我が家の黄色いカングーと同型である。

 スポーツモデルのルーテシアRSとは正反対の性格のカングーですが、通勤に使っていて全く我慢を強いられることがないことにびっくりしてます。もしルーテシアRSを維持できなくなったとしても、安い初代カングーで十分に満足したクルマ趣味が送れそうな気がしています。

 どこがいいのか?と聞かれたら、一言でいうと「ホッとする」でしょうか。

バケットシートのルーテシアRSのシートも抜群にいいのですが。このカングーのシートに腰をおろすと、ふんわかするような安心感があります。特別高級でも立派でないのですが、どうもこうもしっくりくるのです。国産車がどんなに良くても国産ミニバンのシートではこうは行きません。

aokan02.jpg
 走らせては、1400ccのエンジンはお世辞にも速いとはいえず、むしろ遅い部類でしょう。でもエンジンをぶん回してある一定速度まで引っ張るとここからはガンガン走ります。コーナリングも背の高いカタチからは想像できない位スポーティです。いったいフランスでは貨物車・営業車でどんだけ飛ばしているんでしょうね。

このカングー1は日本でも相当売れたみたいで、未だ生存台数でいうとカングー2を上回っているとのこと。現行よりも小さく道具感の強い使い勝手。そろそろ味が出てくる年代に入ってきたと思います。

aokan01.jpg
 多くの人に、まず乗ってみて欲しいです。17万kmに近いこの個体ですら、こんなに楽しくに走れるんです。自分で持っているクルマで、毎週末運転しているはずなのに、もっと乗りたい、自分の通勤に使いたい。いっそ自分用にもう一台買ってみようか…いやいや、駄目だ駄目だ(笑)。そんな不埒な気持ちにさせるクルマってそうそうありませんよ。是非、中古車で見つけたら検討してみて下さい。

 そうそう、明日ルーテシアの車検が終了するようです。土曜日あたりに引き取りに行ってきます。
スポンサーサイト
2014-01-28 23:24 | カテゴリ:Accident
普通に買いたい…

 皆さま、家電が次々に死んだ我が家の事はすでにご存じでしょう。

元日の電子レンジ死去で、大方済んだと思っておりました。しかし、もう一つ大物が潜んでいたのです。しかもそいつは死んだわけではなく、依然生き続けようとしていたわけです。しかし、そいつが生きることを社会は許すことはなく、この世から抹殺しようとしているのです。

そう、そいつの名は、「Windows XP」。

私、パソコンに興味関心がゼロですので気にしてませんでしたが、先日職員会議で「XPのサポートが4月で切れるので、使用してはならぬ」という通告がなされました。

うちの職場はアリバイ的に職場パソコンが数台ありますが、その台数ではまったく仕事にならないため皆個人のパソコンを持ち込み仕事しています。ですから、この通告はイコール、XPの人間は買い替えたまえよ、という事なんです。

「ええ~ぇええええ!」とマスオさんのように驚いてみても埒があきません。まぁ、今のXP(DELL)は2005年に購入していますから、まぁ買い替え時期なんでしょうけど、欲しくないのです。これがクルマなら楽しく楽しく次期クルマを選定しているのでしょう。

 しかし、こんまま手を拱いていると仕事に支障がでます。しかも私のようなXPから乗り換え組や、消費税増税前の駆け込み需要、そして春は大学生や新社会人の需要などで、品物もなくなるでしょう。ですからもう今が買いだと思います(ホントは12月でした…)。ということで仕方ないから重たい腰を上げましょう。

先日、某家電量販店へ行きました。最初お安いパソコンを見ていたら、店員さんが寄ってきました。私全く詳しくなくて、CPUの種類も10年前で知識が止まってます。

「お客さん、PCで何しますか?」
「まぁ、普通にインターネットやって、ワードとエクセル、パワーポイント使えて、イラストレーター使うくらいかな?」そう答えると、店員は「むむむむ!」と川平慈英のような顔になります。どうやら最後の「イラストレーター」という言葉がまずかったようです。「だとしたらCPUがCelronでは正直厳しいです。」

「極端な言い方かもしれませんが、Celronを小学生、CORE i3は中学生、i5は高校生、i7で大学生とお考えください。」

「ふむふむ」

「イラストレーターは高校生向けの問題集とします。そしたらCelronで使うとなると、小学生に高校の問題集を宿題に出すようなもの、荷が重いのがわかりますよね。」

「なるほど」

「ということでお客さんにはi5かi7をお勧めします。で、今お安く提供できるのがNECと富士通です。」
「速さでいえば富士通が良いと思います」

「確かに良いけど、ちょっと高いなぁ」

「これでもお買い得になってます。でも実際買って頂く時には、このお値段のままというわけにはいきませんよね。」

「いくらか下がるの?」

「はい、@@万@@@円で!」(ほう、一気に下げたねぇ)

「まぁ、予算以上なんで、とりあえず帰って考えてきます。」(この日私は財布を忘れて無一文なんだよ、実は)
台数も在庫がほとんどないので売り切りゴメンな感じ、迷っている時間はありません。

 ちなみにこの量販店裏にある別の量販店で同じ商品の価格を確認すると、明らかにそこよりも高く、店員もそんな値段ではうちは提供できません、そうとうそれ安いっすよ、と言われました。となるともう決めましょう。

 そこで本日、職場の周囲もちらほら「買った」という報告も聞いてます。私も気持ちは「買おう」と決めております。そこで仕事後、その量販店へ。

売り場へ行くと、先日の方が見当たりません。そうこうするうち、店員が寄ってきて「富士通のPCを考えているんだけど、これはおいくらに?」と尋ねると「はい、☆☆万☆☆☆☆円です。(昨日の値段より高いのです)」

「いや、実は昨日、ここで別の方にお話を聞いてその値段ではなかったのですが」と答えると、うちではそんな値段では出せないとのこと。失敗したことに昨日の方の名刺を頂いていなかったので誰かがわかりません。店員も昨日勤務していた人に確認した結果、誰もその時間パソコンの接客自体していないとのこと。

「なんじゃそれ?」って感じ。

という事は、私、ありもしない値段をでっち上げ安く買おうとしているクレーマーになるということでしょうか?

ということは、私に接客した人は店員ではなく、店員コスプレした家電マニア?それとも家電量販店に強い思いを残して死んだ店員の霊?いないってじゃあ誰なの?

店員のお兄ちゃんは権限がないので、ひたすら「すみません、このお値段でしか案内できません」をリピート。上司と私を往復するはめに。

「値引きを提示した際には名刺を渡すルールとなってますので…」
もう私が嘘をついている、と言わんばかりの状況となり、もう気分が悪いのでパソコンを買う状況ではなく、「もういいよ」と帰ってもいいのですが、ウソつきクレーマー扱いは納得できないので引き下がれません。

「だったらさ、お店に防犯カメラあるでしょ。そこに私と接客している店員映っているはずだから確認して。カメラみたら誰が対応していたか、お店の人はわかるでしょう?」とまさかのビデオ判定を要求。だって、言った言わないじゃなく、私への接客した店員が一人もいない、というお店の主張なわけですから。

かなり待たされて、結果が出ました。

「すみません。お客様への接客をしていた店員がわかりました…。」

まぁ、おそらく昨日の店員さん、機種を勘違いしたか、値段を言い間違ったんでしょうね。だから後で「まずい!」ということでなかったことにされたのでは。

 ということで、上司の決裁で当初の価格と相成ったわけですが、正直釈然とせず微妙な感じが残りました。そもそもこのお店、個人的には接客含め好印象のお店だったのに残念。ただ責任者の上司には、本日対応してくれたお兄ちゃんの店員さんは一所懸命、間に入ってくれてありがたかった、と伝え、昨日対応の店員さんも、商品説明はかなりわかりやすくアドバイスされていて良い印象だったことは伝えました。名刺を要求しなかったのは私のミスでもあったわけだし。今後の勉強となりました。



 今回のパソコンは『富士通 AH53/M』といヤツ。CPUは第4世代のCORE i7 でメモリーが8G、ハードディスク750GBのウインドウズ8.1のモデルです。
2014-01-26 21:20 | カテゴリ:Repair
本日初車検!!

 ルーテシアRSに乗って3年目になるんですね。本当早いもんです。そんなわけでルノー札幌です。

ルノー札幌では修理で入庫していた“つばさっち”さんのルーテシアの作業も完了しております。密かにフロントバンパーがボルケーノレッドのものに交換されており、全く言われなければ違和感ありません。2014年仕様にさらなる進化をされるということで楽しみです。

 今回はタイミングベルト交換は見送り(来年交換します!)、とりあえずブレーキパッド交換程度ではないかなぁという見積もりを頂きました。まぁ大事にならなきゃいいのですが。

sya02.jpg
 数日で作業完了という事ですが、代車を借ります。この代車が楽しみでもあります。今回は「カングー1 1.4」。そう、うちのカングーと同じヤツです。このカングー、ルーテシア購入してすぐのGWにリアフェンダーを傷つけられmクイックリペアに出した時の代車です。

あの時は朝イチに出して、カングーを借りたわけですがせっかくだからガソリンを入れて、京極町までドライブ行ったわけです。その時決して速いわけでは(というか遅い!)のですが、嫁さんともに好印象で、この経験があったからカングー1.4を買おう!となったのだと思います。

ですから数日乗るなら、以前借りたルーテシア2も良いのですが、カングーだと楽しんで乗れそうなんで是非カングーを貸してくれ、予約しておきました。

sya03.jpg
 家に戻ると、お約束のカングー2ショット。黄色とダークブルーの組み合わせ、いいんですよ(笑)。近所の人が見たら「おかしな家」だと思われるんでしょうね、きっと。

sya04.jpg

 
AMAZONから届いたもの
sya05.jpg
 ルノーから戻ると、先日注文していたブツが届きました。何かというとOゲージの人間50体。
何したいのかというと、ミニカーを飾る時、クルマだけでなく人間が横にいるといい感じになるだろうな、ということ。ただミニカーの1/43のフィギュアってなかなかないんですよ。ミリタリーものなら1/48でフィギュアがありますが、兵隊さんの格好しているので改造が必至です。ですから鉄道模型のOゲージは確か1/50くらいなんでこれでいいかな、と。まぁちょっと小さいのですがそんなに違和感はないはず。

sya06.jpg
 試しに1/43のカングーと並べてみましょう。

良いじゃないですか。ポーズを変えたりして色を塗るといろいろ遊べそうです。簡単なディオラマなんか作りたいものですね。
2014-01-24 21:48 | カテゴリ:Etc
雪かき三昧


 道外の皆様、冬の北海道は観光で来るには良いところなんですが、実際住んでみたらトンデモないところでもあります。一年のうち半分が雪に埋まる地域なもんで…。

yukimichi01.jpg
 ここ数日、毎日寒い寒い日が続いております。積雪で道路も走りづらい状況です。道幅が狭くなり渋滞もあちこちで発生しております。あ、北海道に「渋滞」はないと思い込んでいる道外の方はいませんよね。

yukiyuki03.jpg
 気温も、極寒の地域ではない江別方面でもこんな感じです。ちなみに素手で金属に触れると、くっつきそうになる感じですね。

 でも、どんなに寒くてもいいんです。雪さえ降らなければ。そう願っていた矢先。
一昨日、降りました、降りました…。

yukiyuki04.jpg
 職場のある札幌はほとんど降っていないというのに、江別は一日中大雪。通勤道路の国道275号線はすさまじい状況に。ホワイトアウトで視界はゼロ。そして分離帯の切れ目にはスタックしたクルマが多数。道路脇に乗り上げるクルマも…。

yukiyuki01.jpg
 帰宅してもガレージ前は股下まで積もっているため、一旦近所のスーパーの駐車場に避難。そして雪かき。
何でも江別は、この2日で82cmの積雪だったそうで積雪はこれで141cmとなりました。ちなみに札幌は73cm、小樽は119cm、豪雪の岩見沢で117cmと周囲を圧倒しております。これは例年の平均の1.6倍だそうです。

 うーん、やっぱり多いのかぁ。除雪機がなければ私は死んでいたでしょう、きっと。

yukiyuki05.jpg
 そんな中、今週の日曜日、ルーテシアの初車検となります。大きなことにならなきゃいいですが、リアブレーキのパッド交換は決定ですが、ブレンボのフロントも交換するんでしょう。一体いくらくらいかかるものやら。それにしても初車検で60000kmになる予想でしたが、カングーを買ったことにより51000kmというごくごく普通の走行距離に落ち着いて良かったです。
2014-01-18 21:58 | カテゴリ:Accident
冷え込んだ北海道では…


 ここ連日、寒い毎日が続いております。道東・道北では、もうびっくりな最低気温をマークしているところもありますが、ここ江別では、朝、ガレージの中ですでに-10℃。

LOCK02.jpg
 ちょっと走ると、あっという間に-15℃です。恵庭の方では-20℃なんてステキな数字が報告されておりますので、道外の方はちょっとありえない数字なのかもしれません。この気温、北海道ではそんなにめずらしくはないのですが、困ったことにこの頃ルーテシアの調子が今一つ。

 で、本日もスタートしてすぐに警告灯が華々しく点灯。

275号線に出て、空いていたのでちょっぴりアクセルを踏み込み加速しました。すると…しばらくすると突然4輪がグリップを失いました。タイヤが滑っている、という状況ではなくグリップしていないとしか言えない状況。分かりやすく言えば、高速走行中に一本タイヤがパンクしたような感覚。

いきなり、ルーテシアが蛇行を始めました。

「わわわわわわわわわ」

右の分離帯が近づきます。そして左の歩道の縁石が近づきます。そして右車線走行車も近づきます。

ぶつかると思いました。
間違いなく。

ただこういう時経験上言えるのは、最悪の状況でも姿勢を立て直すべく、あきらめず格闘している間はぶつかりません。「嗚呼、もう無理…」と思った時にぶつかるもんです。

さすがにコントロールしましたが、怖い思いをしたわけです。もう絶対パンクしていると思い、クルマを停めました。しかし4輪とも無事。先週タイヤ交換したばかりだもん、当然といえば当然。

そこからは、スピードダウンでそろそろと走行し、職場へ向かいました。

で、仕事後にルノー札幌へ直行。

LOCK03.jpg
 さっそく話をしてみると、結論は「おそらくこの気温でブレーキが固着してロックしたんでしょう」という見解。しかもこのような症状の問い合わせが今、多いそうです。

 それではテスターで診察してもらいましょう。

LOCK04.jpg
 最初の見立て通り、左リアタイヤがロックした形跡ありです。つまり前輪で駆動し、後輪の1輪が回転していない状況があったわけです。そりゃあ、まっすぐ走らんわけだ。最悪スピンしてますよ、公道で。

 そしてもう一つの可能性はリアのディスクブレーキのパッドがもうかなり減っていて固着しやすい状況にあったということ。とりあえずブレーキの清掃等をしてもらいましたが、この状態は再現する可能性はあります。まぁ、来週車検でドック入りになりますのでそれまで、何とか乗り切ろうと思います。
2014-01-15 21:50 | カテゴリ:Etc
寒い寒い


 職場でも始業式となり、一気に日常に戻りました。たいてい冬休みが終わると急に大雪になったり、異常に寒かったり。職場も冷え切っておりますので、急に暖房を入れても温まるはずなく、廊下ではもう息も白い状況。

COLD02.jpg
 特に今朝は一段と冷えております。ガレージの中でこの温度…。まぁいくら寒くても雪が降るよりはマシかもしれません。

COLD03.jpg
 前回もご報告しましたが、あれから毎日、律儀に点灯してくれます。しかも全く滑らなくても点灯します。まぁ実害なければ、「まぁ、メーター周りがにぎやか!」と楽しんでいればいいのですが、そうもいかないわけです。

 点灯が始まると、ABSとESPが作動しなくなります。そしていったん点くとなかなか消えてくれません。結局本日は20km離れた職場に着く直前に消灯し、ABSが戻ってきました。

 ブレーキが効かない訳じゃないから、「ま、いいか。」ですが、せっかくあるならお世話になりたい機能なんでどうしたもんかと思ってます。寒いのが嫌なのかねぇ。

ビバンダムの靴

COLD05.jpg
 で、ミシュランのスタッドレスはどう?と思っている方もいるのでは。

結論から言うと。効きます、いいですよ。XI-3。

アイスバーンでもしっかり止まります。よくミシュランスタッドレスは乾燥路面では強いがアイスバーンでは最悪、なんてレヴューを見かけますが、このXI-3ではあてはまりません。よく考えたら、当たり前。だってこのタイヤ北海道で研究開発してるんだもん。北海道の士別のテストコースで実験されてるようです。ネットでの情報(未確認)では、江別で走行実験しているとの噂もあります(本州の人が、“江”別と“士”別を間違えている?)。ですから北海道で効かないわけはないのです。

COLD04.jpg
 そんなわけで寒い毎日ですが、皆さまも風邪などひかぬよう気を付けてください。
2014-01-11 21:23 | カテゴリ:Etc
これは欲しいなぁ…

 先日、タイヤ交換でルノー札幌へ行った時、液体にルノー車がゆらゆらする例の、クリップホルダーを頂ました。以前は、オイル交換などのタイミングで、A110と、サンクターボ(ラリー)のホルダーをゲット。今回は新型ルーテシア、しかもRSです。台座の部分も今までの四角から、三角とスタイリッシュとなっておりデザイン面でも進化しております。

 そして、ルノーはF1のチャンピオンエンジンメーカーなのですが、どうしてかそのモータースポーツイメージを宣伝に使わないのですが、今回のルーテシの販促では、ルーテシアとF1のレッドブルRB9を対比させ『DIFFERENT BODY SOME HEART.』、『RENAULT ENGINES WORLD CHAMPIONS FOR THE 12TH TIME.』というコピーが素敵です。

そうなんです、ルノーは単に地味なフランスの実用車メーカーではなく、モータースポーツの頂点、フォーミュラーワンでのチャンピオンメーカなのです、と力説しておきましょう。

STC02.jpg
 日本では、そんなRS(ルノースポール)と商用車ベースのカングーがよく売れている(…というかそれしか売れていない?)世界的にも不思議なメーカーでもあります。本国でもその日本のルノーユーザーの変さを理解してくれて積極的にマニアックなモデルを投入してくれるのはありがたいところです。

 今回、欲しいなぁと物欲がふつふつ湧き起ってきたものは、近頃ルノージャポンのオプションに加わったとあるパーツ。

 それは、CABANAのカングーシートカバー。現行の2代目フェイズ2を今買うとキャンペーンでこのシートカバーが付いてくるという素敵な状況なのですが、何と今更というかありがたいことに、生産がとっくの昔に終わったカングー1(しかもフェイズ1・2それぞれ)用にも設定されたわけです。

 シートカバーといえども専用に型取りされており、フィット感抜群でほとんど純正シートのような仕上がりです。しかもカラーもブラック系、アイボリー系にさまざまな差し色が用意されており、装着後もともとあった機能等一切損なわれないわけです。

カングー1はもう生産されてから時がたっており、我が家のカングーも比較的内装がきれい、といえどもどうしても…な汚れやシミもあります。このカバーを装着すると一気に車内の雰囲気が変わりそうです。
気になるお値段は…全席分で52,500円也。それに装着工賃が約30,000円ほどかかるそうです。そうなると、「ぐむむむむ…」となりますが、内容を考えると決して高いものではないと思われます。

 どうでしょう、このシートカバーのモニターキャンペーンってないでしょうか?…ないですよね、はい。
2014-01-10 23:14 | カテゴリ:Repair
到着しました~

 ミシュランのモニターキャンペーンのスタッドレスタイヤが、昨日ゆうパックで、我が家に到着しました。初めどんな風に送ってくるのかな?と思っていたらシンプルに一本ずつタイヤに直接宛名が貼ってました。これが4本です。

MI02.jpg
 ルーテシアに積もうと思えば積めるのですが、演劇関係の荷物も積みっぱなしなっており、今回はモモヤナギの協力を得て、ルノー札幌まで二台で行くことになりました。ですからカングーはトランスポーターというわけで。

MI03.jpg
 ルノーに行く前に、所用で江別市内の銀行へ。今朝は気温も低く寒い朝でした。路面もかなり滑る状況です。ESPがルーテシアは付いて入るので比較的そういう路面にも強いのですが、今日は国道12号線に合流する部分で激しくスリップ。すると、パパパッパパパァと警告灯が点灯!
「ESP CHECK」「ABS CHECK」という警告が出ましたが、エンジン再始動し、一度ESPをOFFにすると、リセットされESP、ABSは作動します。まぁラテンの警告灯は比較的心配性なわけです。

MI04.jpg
 ルノー札幌でタイヤの組み換えを行っている間、車検の打ち合わせ。とりあえず代車の手配をしてもらい、26日(日)に持ち込む予定となりました。

MI05.jpg
 そんなこんなでタイヤ交換完了。まだ新品なので皮むき出来てませんので、しばらくは慎重に慎重に走る事になりそうです。ちなみにTipoさんからは、タイヤを履いたらメールをしてください、と言われてましたので、即完了のメールを送信しております。ちなみに時期が来たらレポートを送ることになっております。

MI06.jpg
 南区の某大型書店の地下駐車場にて。とりあえず新しくなったスタッドレスタイヤで、この冬道を走るのが楽しくなりそうです。



2014-01-07 22:10 | カテゴリ:Event
ムッシュが履ける!


 年末、このブログでもちらりと書いたのですが、今ルーテシアのスタッドレス3シーズン目がさすがに心許なくなってきておりました。まぁ、もっともスタッドレスタイヤというものは、どう転んでも夏タイヤのようには行かないのは承知の上。どんなタイヤでも路面状況や気象状況を的確に判断し、それに応じた運転をしてやれば何とか走れるわけですが、今カングーに履いている2シーズン目のミシュランのX-ICE XI3との効きの違いは明白。ですので、次買うならルーテシアもミシュランかな、と思っておりました(当時、ルーテシアの215/45/17というサイズはありませんでしたが)。

 フェイスブックで、クルマ雑誌『Tipo』の企画で、ミシュランのX-ICE XI3のモニターキャンペーンを知り、取りあえず応募しておきました。何だか応募した途端、何でか当たった気になっておりました(笑)。2年間装着し、モニターしてレポートを書くというもの。だったら、たまにしか雪道を走らないオーナーよりは、圧雪ありブラックアイスバーンあり、新雪ありの道民の私の方が企画としてはありがたいでしょう(笑)。しかもTipo的にも装着するクルマが国産車よりフランス車の方がこれまたありがたいんじゃないかと。

 ですから、年末ルノーに行った時、T野さんに「あたる予定だからよろしく!」と半分冗談交じりに話してきました。



…が…その翌日、仕事していたら携帯が鳴り、出てみるとTipoの株式会社ネコ・パブリッシングさんからです。

MIC02.jpg
 「とりあえず、モニターに。」というお知らせ。

「お!」

「…ただ、ルーテシアのタイヤサイズの在庫が手配できたら…の話です。出来なければ、残念ながらお断り」という不確定な連絡でした。そんなこんなで、正月休みに入り、本日再度電話が来ました。ネコ・パブリッシングさんからです。

「タイヤ、本日ゆうパックでお送りしました!」という連絡。ゆうパックで来るタイヤ4本。どんなもんでしょう…。

 ということで、どうやらありがたいことにスタッドレスタイヤは買わなくても良さそうな展開となりました。これは私の日頃の行いが良いということが、神様に認められたのでしょう。うん、きっとそうに違いない。
2014-01-06 18:29 | カテゴリ:Etc
大雪警報発令


 先日の日曜日、前の晩から雪が降り始めていましたが、朝起きるとこんな事に。窓からのぞくと、かろうじてドアの側面に黄色いカラーが見えているのでカングーだとわかりますが、ほとんどタイヤまで埋まっております。推定の雪の深さは膝までかなぁ。我が家ではこの状況を「アサヒザ」と呼んでおります。これの比較級として「アサコシ」、最上級として「アサムネ」。

snowf03.jpg
 それでも除雪機のチカラは偉大です。除雪機出動までまずは、部分的に人力で細かい所をかいておきます。

snowf05.jpg
 もちろんこの状況ではルーテシアは全く動かせません。除雪機を使い1時間半の仕事。これが休みの日で良かったわけです。仕事の日なら大変。まぁその時は本当に最低限の部分しかかきませんがね。

 しかしその後も雪は降りつづけます。
本当であれば、この日はルノー札幌へ行き、ルーテシアの車検の日取りなどを相談に行きたかったのですが、ちょっと無理っぽかったのでキャンセル。この前日の土曜日夜、厚別まで買い物に行き、その帰り道、大雪で軽く遭難できるレベルになってしまったので、ルノーまでなら遭難したかもしれません。(おおげさ?…いやまじで(笑))

snowf01.jpg
 夜にまた雪かきをして、その晩に先日焼いた『林檎のバターケーキ』を頂きます。作った本人が言うのも何ですが美味しいです。バターと林檎とシナモンの風味がいい感じです。簡単に出来るのまた焼いてみようかな。

 この大雪、私でも大変だったので、近所に住むモモヤナギのじいちゃんばあちゃんが心配になりました。“葉っぱ”ちゃんが、ちょっと病院に行くというので、私は本日朝いちで、おじゃまして出張雪かきとなりました。

snowf06.jpg
 家の裏、積雪と落雪で窓がふさがりそうな雪の量。ざっと私の身長以上ありました。天気も良かったのでipodで音楽聴きながらのんびりと作業開始。

まずは1枚目のアルバム、Everything But The Girlの「Amplified Heart」で2枚目のアルバムEric Claptonの「Pligrim」が終わった所で休憩。で3枚目のアルバム、Keith Jarrettの「The Koln Concert」で作業完了です。

明日はきっと筋肉痛かもしれませんね。いや、年なので明後日かな?
2014-01-04 23:56 | カテゴリ:hobby
思い立ったら作ります!


 先日、電子レンジを新調したのですが、そうなるキッチンまわりをすっきりしたくなります。“葉っぱ”ちゃんの離乳食関連の食器や本などもすっきり収納したい、というモモヤナギの要望を聞き、じゃあ、こんな作る?とざっくりした完成予想図を描き示すと、「いいね」という返事をもらいました。

 ちょうど冷蔵庫の横に幅30cm程度の空間があるのでそこに合わせ、ストッカーを作りましょう。

まずはジョイフルAK大曲店へ行き、材料となる木材を買いこんできます。カングー1で180cmの板を運ぶとかなり強引な積み方になります。カングー2ならきっと楽勝なんでしょうね。でも、無理矢理でも積めるので良しとしましょう。

tana02.jpg
 さっそく製作開始。棚を作るのはそんなに面倒なことはありません。とりあえず完成。一番下にはごみ箱を置くスペース、その上の棚にはレシピ本なんかの雑誌等が置けます。

tana03.jpg
 とりあえず設置完了。あとは使いやすいようモモヤナギにアレンジしてもらいます。とりあえず冬休みの工作、ひとまず完了!

momo-cafe COOK

tana04.jpg
さて本日、仕事に久しぶりに出勤。というか、久しぶりのルーテシアです。年末休みから昨日まで移動は、全てカングーでした。昨日気づいてしまったのですが、1日のブログに、「今年はルーテシアの車検という大きなイベントが!」などとほざいていたと思います。しかし…気づいたら、カングーの車検も今年なんですよ。すっかり忘れておりました。ついこの間購入したとばかり思い込んでおりました。2014年、2台車検…、さてどうしましょう。ルノー札幌で2台車検特別割引ってありますか?…ありますよね、T野さん。

tana05.jpg
 気を取り直して…休みなんで、料理をする機会が増えます。私は基本的に「創る」ことが好きなようです。それが家具であったり、演劇の大道具であったり、料理であったり。本当は何かを創る商売が出来たら幸せなのかもしれません。先日のオーブンレンジで作ればいいんでしょうが、使い方いま一つわかっていないので、いつものオーブンで焼きます。

tana06.jpg
 今日作ったのは、『林檎のバターケーキ』。何となくイメージで作ってしまったのですが、焼きあがった時のバターと林檎の香りからするとまずまず美味しそうです。
2014-01-03 01:25 | カテゴリ:Accident
別れは突然やってくる

 2014年の元日、我が家の電子レンジが13年の生涯を閉じました。

夕方、モモヤナギが冷凍していた"葉っぱ”ちゃんの離乳食を温めるため電子レンジを使いました。その時は何の異変もなかったわけです。しかし、食後私が明日のチキンカレーを作ろうと凍っていた鶏肉の解凍をするためレンジを使った時でした。“ンンゴオオオオォォォンゴオオオオオ”といつもは聞くことのできない、レンジの音。二人とも「え?今の何?」と振り返っちゃいました。でもやっぱり。“ンンゴオオオオォォォンゴオオオオオ”と聞こえます。素人の耳にも何だかヤバそうな、異音ってやつですかね、そんなありえない音がしたわけです。こういう時に慌てたら負けなのよね、とガンキャノンを操るカイ=シデンも言っているわけで、とりあえず解凍中止。ボールに水を張って解凍しましょう。そして「今のは解凍だったから異音がしたのかな。じゃあ温めモードで再チャレンジ!」という訳で、シリコンスチーマーに入れたジャガイモをレンジに入れ、3分に設定してチン。

“ンンゴオオオオォォォンゴオオオオオ”。“ンンゴオオオオォォォンゴオオオオオ”

 あ、やっぱりします。で、音はするけど温めてくれるよ、だって電子レンジだもの。という訳でしばらく様子見。さてどうでしょう。

 しばらくすると、二人ともほぼ同時に鼻をクンクンしていおります。

「…なんか、焦げ臭くない?」「…うん」

慌てて、レンジを止めてシリコンスチーマーを取り出すと…

「冷たいまま…」

そうです。電子レンジはけたたましい、音とはうらはらに本来の役割を果たすことを放棄しています。しかも明らかに何かが焦げた、決定的な何かが焦げている匂いがする!私の本能が、こりゃ、やばいと教えてくれます。

電子レンジの裏にあったコンセントを引き抜きました。その瞬間、我が家の電子レンジの死亡を確認しました。

renj03.jpg
 昨年、我が家の家電製品が次々と鬼籍に入られた報告はさせてもらったわけですが、こんなに家電製品が死んだ年はありませんでした。大量死です。

 まぁ、これでひと段落だね、なんて呑気なこと言ってましたが…忘れてました。そうすっかり忘れてました。電子レンジは2001年生まれだということを。昨年までの教訓、『家電製品は10年を過ぎたらもはや死んだも同然!』…不覚です。毎日使っているのに。ただ今、“葉っぱ”ちゃんの離乳食に電子レンジは必須。

 …となれば、初売りに行きましょう。(日頃、正月早々店なんて開ける必要ないよ。元日くらい皆大人しく家にいいるもんだ、が持論なのですが…)

renj04.jpg
 電器屋さんにはそれはそれはたくさんの電子レンジが並んでおります。我々の他にも結構たくさんの人が商品を見ております。まぁ元日早々電子レンジが死んだ人ばかりとは思えませんが。今のすごい機能が付いたすごく素敵なお値段のレンジがあるのですが、予算と使わないだろうという選択により、ごくごく普通のレンジを買いました。それでもきっと今まで使っていたものより高性能だと思われます。 

renj02.jpg
 帰ってきて、早速設置。従来のものよりパワーがあるため、すぐに温まります。すごいなぁと思う反面、さらに10年後の2024年に我が家に危機が訪れることになりそうです。

脚本を書かせてくれ

kage01.jpg
 正月番組特にどうでもいいのですが、ひそかに楽しみにしていたのが、テレビ東京の5時間大型時代劇『影武者 徳川家康』です。私はこの原作の小説が大好きで、以前映像化されたTV朝日のドラマ(全10回)も欠かさず見ておりました。しかしテレ朝版は、低予算(だと思われる)のせいか随所にがっかりが散りばめられており、キャストも徳川家康(世良田二郎三郎)に越後侍高橋英樹、ヒロインお梶の方に片平なぎさという微妙なキャスティング。脇を固めるのは島左近に寺田農、甲斐の六郎に片岡鶴太郎と豪華なのかどうなのかわからない原作と遠くな離れたキャスティングでした。

 今回のテレ東版は、キャストはある程度揃えております。まず徳川家康(世良田二郎三郎)に西田敏行。私は以前のブログで、この二郎三郎役を現在の役者で選ぶなら西田敏行しかいないだろう、と書いたことがありますが、それが実現したわけです。ですから私の中でははまり役。ヒロインお梶の方は若く気の強い美人という役なので観月ありさは納得なところ。微妙なのは島左近役に、越後侍高橋英樹。もうこの人何をやっても「正解は越後製菓!」というCMしか思い浮かばないのが辛いところです。

kage02.jpg
 前半の1部までは、まぁまずまず良いのでは?と思えたのですが、後半の2部から「おい!」という展開となります。というか2部から原作を離れたほぼオリジナルストーリーとなるのです。この原作の醍醐味は、二郎三郎が生き延びる為、狂気の2代将軍秀忠と対決する中で“信長を撃った男”だった野武士の頃のいくさ人としての嗅覚を取り戻し、あらゆる手段を講じ立ち向かい、秀忠を圧倒するところにあります。

 しかし、このドラマでの二郎三郎は秀忠に立ち向かい策を講じるのですが、ことごとく秀忠の卑劣な罠にはまり翻弄される展開ばかり。何のカタルシスもないのです。二郎三郎を支える影の参謀島左近と風魔の小太郎の存在意義もあまり感じられません。単なる用心棒程度にしか描かれておりませんし。

 原作では、未熟者だった秀忠が、二郎三郎を倒そうとあれこれ策を講じては失敗するのですが、この失敗を重ねるうちに秀忠も次第に成長していき、皮肉にも秀忠にいくさ人としての帝王学を教える結果になる所もこの話の醍醐味です。しかしドラマでは、秀忠はただただ卑劣な男で、失敗から何も学ばず嫌なヤツで終わってます。

 原作やテレ朝版に登場した松平忠輝の件がカットされているのでラストの秀忠を封じ方がものすごく弱いものとなってしまっています。後半は秀忠対二郎三郎ではなく、本筋と関係ない大坂冬の陣、夏の陣、真田幸村を描くのに一生懸命。ま、この辺は一般の視聴者受けを狙ったのかもしれません。テレ朝版もテレ東版も共通に島左近を殺してますが、原作では死にませんし、殺すとラストがかなりがっかりなものになります。人を無意味に殺して盛り上げる(特段盛り上がってませんが)のはやめにしませんかね。

原作ラストの花見のシーン、どうしてプロの脚本家たちは生かさないんだろう。あのシーン、本当に素敵なんだけどなぁ。

5時間ドラマ観るなら、5時間原作読んでいた方が有意義だったかもしれません。
2014-01-01 14:21 | カテゴリ:Event
あけましておめでとうございます


 おだやかに2013年が過ぎ、2014年を迎えております。大嫌いな年賀状ですが、昨日裏面をプリントアウトし、2014年を迎えた深夜、宛名をプリントアウトし完成しました。数時間で終わるのだから、毎年早くやれよ、と自分でも思うのですがなかなか難しいんですよね。毎年元日に届く年賀状を眺めて、自分のダメさ加減を思い知らされます。

 それにしても昔と違い、元日から世の中のお店の多くが営業しているということ。本当にお疲れ様です。

NEWYEAR02.jpg
 昨日、日付が変わるとともに、家中のカレンダーを付け替えます。毎年年末にカレンダーを探すのも楽しみの一つ。絵本部屋には、2013年はレオ・レオニでしたが、今年はエリック・カール(はらぺこあおむしの)、居間にはルノー札幌から頂いたカレンダーと、もう一つ書き込めるものを一つ飾ってます。
 あとはトイレと寝室に。寝室はいつも阪神タイガースカレンダーでしたが、昨年の不甲斐なさから廃止され、替りにルノーカレンダーの別バージョンを飾っております。

 このブログは今年もゆるゆる始めていきます。まずはルーテシアの車検という大きなイベントがあります。あとは不定期にクルマにまつわる話、家、絵本、家族、演劇など徒然と綴っていきますので、よろしければお付き合いください。                                              
2014年 元日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。