-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-27 22:15 | カテゴリ:SHOP
白石の絵本屋に

 以前、知り合いかに教えてもらった絵本屋。忙しくて行けてなかったので先日訪れてみました。付近には公園や学校があり、子どもたちが多いという中通りに面した所にお店がありました。


 お店のショーウインドウに絵本が飾られております。お店の名前は「ぶっくはうす りとるわん」(札幌市白石区本郷通6丁目南2の1 011-860-1325)

litt03.jpg
 お店は、靴を脱いで上がります。フローリングの床で座り込んで本を見たり選んだりもできます。店内には絵本・児童書・育児書などがびっしり。定番のものから、新作、そしてレアなものまでそろっております。

litt04.jpg
 この日の戦利品。まずは『セーラーとペッカ、町へ行く』(偕成社)。作者はスウェーデンのアーティストであるヨックム・ノードストリューム。5冊シリーズの第一弾。町の大型書店ではまずは見かけない一冊でしょう。かなりシュールな内容と画風が何とも言えない魅力です。
 そして2冊目、3冊目は定番絵本。福音館の定番自動車絵本の『バルンくん』。とにかくヒストリックカー好きならニヤりとする本です。シリーズ化されております。そしてブロンズ新社の『だるまさんが』。赤ちゃん向けの絵本としてはすっかり有名となった作品です。

カングーのライト
litt05.jpg
 絵本屋の後、モモヤナギの携帯電話の機種変更のためau栄町店へ。その帰り、ヘッドライトの右が着れているので、途中のジェームスによって購入。H4のバルブです。昨年の冬交換しましたが、あの時は、冬の夜に切れて、暗い駐車場で交換したので、手がかじかんで、暗くて時間がかかりました。

litt06.jpg
 なので、翌日の朝、明るいうちに交換です。

litt07.jpg
 エンジンルームを開けると、ヘッドカバーはDAHLIAさんが貼った、季節のカボチャ様が。ホント、これなんで、ルノー札幌以外でエンジン見せられませんw

litt08.jpg
 バルブ交換完了。やはり明るいと作業が楽でいいですね。

本日の伊太利さん
litt09.jpg
 本日、千歳某所で、気になるお車を盗撮です。ランチャ デルタ インテグラーレ EVO1(かな?)。私、デルタが大好きなんですよね。本気で欲しい時期ありましたもの(今もだけど)。

litt10.jpg
 今見てもこの直線的なスタイリングが何ともカッコいいものです。ラリーでの活躍も、すでに伝説となっております。トラブルや維持が大変と聞きますが、乗ってみたい一台です。

litt11.jpg
 ホタテを貰ったので、土曜日にシーフードカレーを作りました。海産物からの出汁がしっかり出ていておいしいカレーとなりました。寒い時期には辛目のカレーが一番。カレーに使ったリンゴの残りをワインと砂糖で煮詰めジャム風にしたものを付け合せにしました。辛いカレーに甘いリンゴがアクセントとなり、結構おいしいものですよ。
スポンサーサイト
2013-10-24 21:45 | カテゴリ:Etc
ようやくここまで

 先日、ホンダから「S660 CONCEPTE」が発表されました。来年あたり発売されるコンパクト2シーターオープンのプロトタイプです。新聞等で大々的に取り上げられていたので知っている方も多いと思いますが、ビートオーナーから見ると、「ようやくかよ」という感想です。

 今まで何度も「開発中」というニュースを聞きましたが、その都度立ち消えとなり幻のプロジェクトになった感がありました。今回ホンダは、F1にエンジンサプライヤーとして復帰、そのイメージリーダーとしてNSXをフルモデルチェンジさせ、ついでにビートの後継機を登場させたわけです。


 ビートオーナー以外にはおおむね好評のようです。ただ市販車になった時に、もっともかなり現実的な形になったとはいえ、まだコンセプトカーですので、市販車となった時どのくらいコストダウンされるかが心配です。


 エクステリア同様インテリアも未来的。正直おじさんにはついて行けないカタチです。そしてミッションは当然、ATなんですねぇ。この段階で私は圏外です。


 このコンセプトカーの名称も現段階では「S660」。つまりSシリーズの末裔だと言いたいのでしょう。カタチはビートを意識させ、Sの客も取り込む。何ともあざといですよね。個人的にはSシリーズはFRであり、MRのビートとは違ったモデルと考えたいのです。

 まぁ、ビートオーナーではなく新しく手軽なスポーツカーが欲しいという人にはいいのかもしれません。あとは走らせて楽しいのかということが大事。速くなくてもいいから楽しいクルマであって欲しい。価格は200万円代ということで軽自動車としては当然高めですが、それを理解している人に乗ってもらいたいものです。


 さてこんな記事を読みと、ガレージで冬眠している我が家のビートが俄然気になります。春に起こそうか…でも2月にはルーテシアの車検があるしなぁ。悩みどころです。
2013-10-23 21:40 | カテゴリ:Event
週末のお仕事


 私はこう見えても、本業では一応の高校で社会科(地歴公民)を教えております。そしてうちの学校では、それ以外に『国際問題研究』という授業も担当しております。この授業はなんぞや、というといわゆる「開発教育」というヤツで、1年生では身近な問題として「世界の子どもたち」、2年生では「食物から見る世界」そして、3年生では「世界の人々との共生」をテーマに授業を組立ていき、生徒主体で、様々な問題を考えさせるという内容です。
 先週の日曜日は札幌の地下歩行空間で『北海道国際協力フェスタ2013』というイベントがあり、うちの学校にも声がかかり、今回初参加となりました。市内ではいくもの学校が熱心に、この『国際理解』系の教育に取り組んでおりますが、本校も決して恵まれた環境ではないのですが一生懸命にやっているつもりです。
 今回は急なお誘いだったこともあり、日頃授業で取り組んだことの報告をメインとして展示させ、ボランティアの生徒を中心に来場されたお客さんに説明をさせております。


 生徒はすごいものです。民族衣装に身をつつみ、一日中ブースに立てって熱心に働いてくれてます。積極的に声をかけ、熱心に説明しております。今回、ブースの場所も良かったこともあり、次から次へとお客さんが途切れません。このイベントは、ブースでの展示と各団体によるステージでの発表という構成です。


 イベントの最後に、世界の貧困をなくすための行動として意思表示し、署名代わりに写真を撮りサイトにアップするという“STAND UP(立ち上がろう)”をして閉幕でした。かなりの人数がステージに立ったせいで仮設ステージが、その重みでバキッツ!という音とともに沈んでしまったことは、内緒の話です。


ルーテシア、好調のようです!


 先日、日本にも導入された新型ルーテシア4。メディアにも数多く取り上げられ、おおむね好評のようです。おそらくここの所で一番話題になったルノーでしょうね。
 週末、カングーのリモコンキーの件でルノー札幌へ行った時、あのカタログを頂いてきました。


 そう、ルーテシア4RS(ルノースポール)のです。11月に発売とありますのから、もうそろそろですね。今回はシャシーカップとシャシースポールの両方が選べるようです。私の好きなジョンシリウスという黄色は“カップ”のみの限定色のようです。完成度は高いのでしょう、今度のRSは。ATのみということで、敷居も低くなり一般的にも売りやすくなったのではないでしょうか。

 私は興味はありますが、ルーテシア3RSが気に入ってますので、今一つグラグラはしなくて済んでます。個人的にNA、MTがホットハッチの条件なもんですから。


 おそらくルーテシア3RSに何かあっても4RSは買わないでしょう。むしろその時には2RSを探しているでしょうね。そちらの方が個人的にワクワクすると思います。そんなわけで、MOLESKINEの空いたページに、久しぶりの落書きをしてみました。2RS…もちろんフェイズ1がいいなぁ。色は黄色があればなおベストです。もちろんV6のフェイズ1も是非乗ってみたいクルマの一台なんですがね。
2013-10-19 00:10 | カテゴリ:Accident
10年経つと…


 仕事場に、昼ごろ悲しいお知らせのメールが届きました。モモヤナギからです。
タイトルは「大変!」です。それは…

我が家の冷蔵庫が、昼ごろ死体となって発見されたそうです。よく冷たくなって発見とかいいますが、冷蔵庫の場合は冷たくならないで発見のようです。


 これが、冷凍庫の内部の様子。アイスキャンディがただの色のついた水と化し、木の棒がふよふよ浮いておりました。ということは、氷はとけ、冷凍された食材も解凍です。

 実はつい先日、家のボイラーが死んでしまい、しかもそれがサンヨー製だったため(サンヨーは残念ながらつぶれてしまったのだよ)、今後の修理は不可といわれ、知り合いの空調屋さんに何とか応急処置をしてもらい復活しました。ただ今後の事を考えると、買い替えを薦められました。そんなこんなで「そろそろ冷蔵庫こそ危ないよね。」と噂していた矢先でした。


 実は8月の中旬に、我が家の洗濯機が絶命しまして、緊急で買い替えを迫られたわけです。この洗濯機も10年選手だったので、急死ではなく大往生のようです。


 結局、複数の電器販売店を回り、苗穂のK'Sで結構安くしてもらい購入。写真のプライスよりかなり安くしてくれました。この2年で我が家はここで、「TV」「炊飯ジャー」「洗濯機」「給湯ポット」を買っております。ですから、またもやな買い物となります。
 冷蔵庫は生活必需品なのですぐに買わなくてはなりません。ですから私は仕事の後、モモヤナギはそれをめがけてK’Sに集合です。


 全然別のところから来たわけですが、偶然到着時間がピッタリ同じの似たもの夫婦です。


 緊急なので、立派なスペックの冷蔵庫は買えません。それでも420リットルくらいの、低電力のモデルで即配送してくれそうなものをピックアップしてもらい、結局日立のR-S42CMという冷蔵庫に決定。


 もちろん写真のプライスでは買えませんので、ディスカウントしてもらいました。これで一安心…。
でも10年後また、一気に家電製品が壊れる可能性は高いんだろうなぁ。
2013-10-15 22:43 | カテゴリ:SPORT
1周目の狂人からの脱却

 先日、鈴鹿グランプリが終了しました。結果はレッドブルのベッテルの勝利で5度目のチャンピオン確定でしたが、スタートダッシュでロータスのグロージャンがが一気に首位に立ったのが印象的なレースでした。ルノーユーザーとしてはルノーエンジンのチームを応援したいのは人情。レッドブルもルノー(インフィニティブランド)エンジンですが、ロータスの方が元ルノーワークスチームなだけあってルノー色が強い感じです。

 レースは結果的にはグロージャンは3位となりましたが、価値のあるレースだったと思います。昨年はクラッシュが相次ぎ、レッドブルのウェーバーから「奴は1周目の狂人」とありがたくないニックネームまで頂戴したわけです。しかし今年の鈴鹿のレースではそのウェーバーから、グロージャンを称賛する言葉まで出てきました。

ロータスのエース、ライコネンが来季フェラーリに移籍することが決定してから、グロージャンの走りが変わった気がします。チームもエースではなく彼中心にシフトしたのかもしれません。


 そんなこんなで、ご機嫌なグロージャンは広報活動に専念しております。11月に日本で発売されるルノールーテシアRS(ルノースポール)の発表会に登場。


 レースも好調なだけあって表情にも余裕を感じますね。今回のルーテシアRSはMTがないのが個人的にはがっかりなんですが、実際乗ると速いんでしょうね。今回のRSはシートベルトは赤いんですね。ちなみに現行はシルバーです。


 時はちょっとさかのぼり2009年。鈴鹿グランプリに合わせてルノールーテシア3RSの発表。この時はルノートゥインゴ2RSも同時に発表されております。


 この時、デモランをしたのが当時ルノーF1チームのドライバーだったアロンソとグロージャン。


 ルーテシア3のデモラン担当のアロンソ。ちなみにグロージャンはトゥインゴ担当です。この時アロンソはフェラーリ移籍が決定しているせいか、ルノーのイベント出席に何だか不機嫌そう。


 そんなわけで、ただいま公私絶好調のグロージャンは今回はルーテシアRSのステアリングを握ります。新車を派手に振り回し観客を沸かせてます。

 グロージャンがドライブする新型ルーテシアRSがちょっぴり格好よく見えてきます。
2013-10-14 23:03 | カテゴリ:Event
まずは写真を


 我が家の“葉っぱ”ちゃんは10月2日でめでたく100日。とはいえその時期私は、大会でばたばた走り回っており、ゆっくりお祝いする余裕などなく、ようやく1か月ぶりの休みとなるこの3連休でいろいろやりましょう、ということに。

 まずは、100日のお祝いの写真を撮るため、ブログをリンクさせて頂いているカメラマンのaki3manさんと連絡をとり、まずは土曜日に撮影することに。“葉っぱ”ちゃん、写真スタジオデビューは、さてどうなるでしょうか。


 予想通り、こうなりました…。


 もう泣き始めると、さらに火が付き、大炎上!もう聞いたことのない火サスで殺される役の女優なみの金切声をあげ始めました。ありゃりゃ。

 予防注射でもこんなに泣かないぞ!っていうぐらいの号泣。

 
 結局、後日再挑戦するということで、デビューは失敗に終わったのでした。


森田健作は神社で剣道を!


 そして連休2日目の日曜日のご予定は?というと、江別神社に行き、お宮参りです。


 写真では素敵な秋晴れですがこれは本日の写真で、日曜日は大雨でした。私も神社の中って入った記憶がなく、玉ぐし料を奉納し、社殿の方へ案内されます。社殿では撮影禁止のなので写真はありませんが、やたらめったら森田健作の神社ポスターが貼られていたのは皆さんご報告させて頂きます。もちろん森田健作といえば、剣道。ポスターでは彼は全て剣道着を着ております。「初詣に行こう!」とか「喝!」というキャッチコピーが踊っております。


 かしこみかしこみ~、ってなわけで神主さんが登場しお祓い開始。最初の太鼓のドドドド、ドン!で“葉っぱ”ちゃんは、驚き「ふげっ」って感じになりましたが、無事終了。おしまいに「お箸」「お札」「お守り」「江別神社発行の冊子」のセットを記念品に頂き終了。

 時間があったので、由仁町の「VENNU cafe」へ。ちょうどこの期間、「キリム・ガベ・新作うつわ 2013」という展示会が開かれており、その案内のお葉書を頂いておりました。


 ガベは私もモモヤナギも、「欲しいね」というもので、初めてVENNU cafeに行った時にもガベ展をギャラリーで開催されており、その時の縁で毎年案内を貰っていたわけです。
 今回は、ガベを販売するアントニーさんが、熱心にいろいろ説明をしてくれ、なるほど!や、へぇ~というお話をたくさん聞けました。説明されるとガベが欲しくなりますよ。いいお値段ですが、「150年は使ういものだから」というアントニーさんの言葉に、なるほどなぁ~と激しく揺さぶられました。
「特にお子さんがいるのなら、ガベはいいよ。ホームセンターの絨毯は悪いけどやめた方がいい、アレルギーの原因になるから」という言葉、ごもっともです。


 このガベの製作過程の展示も興味深いです。気の遠くなる時間をかけて織られるわけです。もうグラグラしながら帰りましたよ。ちなみにアントニーさんのお店「AGRABAH」は苗穂にあるみたいですね。


 連休最終日の本日は、モモヤナギの祖父母宅に行き。“葉っぱ”ちゃんの「お食い初め」をしましたよ。

そういえばFBPのイベント「ししゃもツーリング2013」が10月20日に行われますが、残念ながらこの日は私はお仕事。ですので参戦できず残念です。演劇もひと段落したので、ちょうどクルマを走らせたい(雪降る前に)ので、どなたか時間のある方、遊んでください(笑)
2013-10-10 22:02 | カテゴリ:Event
大会報告


 10月3日~9日まで、長い長い演劇大会が始まり、終わりました。私は運営側の人間なので、実は9月30日からスタートしております。この大会は日本で一番出場校の多い(と言われている)大会なので、この期間はもう私は何の商売の人かわからん感じです。


 今年も聖地「教育文化会館小ホール」での大会です。ここに朝一で入り、閉館ぎりぎりに出る生活。


 その間、舞台裏の“楽屋A”を本部(と書いてアジトと読みます)として籠ります。私のここでの仕事は雑用です。


 本当は会計なんですが、毎日お金数えて、銀行へ入金、振込、支払いに行き、係生徒への指示、参加校からの苦情処理など、いったい何の仕事かわからなくなる毎日。私の他の3人の事務局員はもっともっと大変そうです。


 これで私ら事務局の人間は雑用に終始できたら良いのですが、実は私らも参加校の顧問なのです。ですからそれぞれに一番大切な最後の時期にも、自分の生徒を放置しているわけです。毎年のジレンマですね。「大変だね」とねぎらってくれる先生もいますが、もちろん、そうではない反応をされることも多々あります。何のメリットもないけど、一緒にいる仲間が好きだからやってられるんでしょうね。


 時折、壊れそうなときには、目の前にある紙でこんなものを作り、現実逃避をしたりします。ちなみに私の尊敬する人は“のっぽさん”です。これを作っている私を見て、他校の部員は私を“わくわくさん”と呼ぶのがちょっとだけ悲しいです。


 教育文化会館にクルマを毎日停めていると、毎年のごとく“さとさん”の襲撃に遭います(笑)。やはり来たか…です。この偽葉っぱ星人を見て、本家のモモヤナギは「鼻がない!」と突っ込んでました。

 
 こうして、本番直前の部活動を放置してましたが、さすがに前日は数時間だけ猶予を頂き、学校へ帰還。練習場所がないので、中庭で。一番心配だった “上演タイム”(規定では上演時間は60分以内)を縮めるべく、大ナタで芝居を削ります。おかげでテンポも上がり、時間も削れました。


 この写真は本番直前のリハーサル室で撮影したもの。みんないい表情。かわいい部員たちです。


 今回の結果は優良賞。「おしいんだよねぇ」と皆さんの声。まぁ、私の力量不足。生徒ではないのです。審査員や周囲の先生に、厳しいけど温かいアドバイスをいただきまた来年に向け、精進したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。