-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-23 19:17 | カテゴリ:Repair
ネイキッド車検です!

 


 本業の方も4月は忙しく、危なくネイキッドの車検を忘れそうでした…。とりあえず、いつもの車屋サンへ車検を依頼。ネイキッドを持ち込み、代車のキーを預かりました。
今回の代車は「日産プレセア(二代目) ct?(1800cc)」
夜借りたので、一瞬「おっ!最近この工場の代車もまとだな!」と感心。平成14年車(ってことは5年おち)10万キロは超えているものの上等じゃないですかと思い、乗り込みました。「タバコの臭いがしない!」禁煙車だったみたい。好印象です。
もともと初代プレセアは、トヨタの「カリーナED」「コロナExiv」や「マツダペルソナ」(トヨタに「カローラセレス」「スプリンターマリノ」なんていうのもありました)などの小型車HTの対抗車種としてリリースされた車で、チョイ高級を目指した車で、昔なら「ローレルスピリッツ」今なら「ブルーバードシルフィ」といったところでしょうか。(どちらも高級には見えませんでしたが…)「ct(カラット)?」といったグレード名からわかるように女性ユーザーを意識していたはず。
 ただシートに腰を下ろすと、明らかにルーフが低いのがわかります。着座位置は低くないのに、天井だけやけに低いのです。髪が天井についているのがわかります。実際、道路のギャップで車が上下すると頭がぶつかります!後席にいたっては、ヘッドクリアランスは確保されておらず、シルビアの後席みたいです。まぁ、この手の車は現在絶滅したことからわかるように、やはり車としておかしかったんでしょうね。
 インテリアの最大の見せ場は、夜間、メーターパネル全体がマリンブルーに発光する所で一瞬だけ「!」と思わせます。しかしこれもアイデア倒れというか、パネルの光る色が強すぎて、肝心のメーター本体を読み取るのが困難。まぁ開発した人たちは「メーターなんてどうでもいいよ。見てる人いないんじゃない?」って考えていると思われます(最近も「車は格好だろ?」っていうわけのわからないCM流したくらいだから。)
 そして、この車に驚愕したのは、最初の交差点を左折した瞬間でした!カチカチカチ(ウインカー)、パッ(信号が青に変わり)、グッ(ステアリング切った瞬間)、グニュッ(!)一瞬何が起こったかわかりませんでした。グニュッ!という車の運転で今まで味わったことのない不思議な(不気味な)感触。何がおこった?わかりました。信じられませんが、ステアリング本体がねじれているのです!というか、ステアリングの芯と、表面の樹脂が接着剤が剥がれて浮いているのです。だからステアリングに力がはいると、樹脂だけが「グニョ」ってねじれるのです。曲るたび「グニョ」。この感触で正確な入力なんてできるはずがありません。この車H14年車ですよ。新車で買った人は、少なくても200万円以上の金銭を支払って5年くらいは乗るでしょう、きっと。それで、ステアリングがねじれるって、許されるんでしょうか。車は消耗品でどんどん劣化するのはわかりますが、ではステアリングの芯と樹脂の接着剤が剥がれないようにするための、メンテナンスの方法を是非教えて頂きたいものです。結局メーカーは「ステアリングに文句いう客なんていないよ。エアバックを内蔵してれば安全っぽく見えるだろう。その分のコストをステアリング本体で下げよう。」という思想としか思えません。是非日産関係者から反論してもらいたいものです。「ステアリングは重要な保安部品です。エアバックを内蔵されてからは、自分の好きなもの装着しにくくなった分、標準装備の物の精度とデザインを向上してもらいたい。」このステアリングの前には、ボディ全体の剛性のなさや、ありえないパッケージング、見せ掛けの高級志向など、もはやどうでもいいことに思えてきます。



 
そんなこんなで、ネイキッドの車検が終了しました。距離数が少ないためか、特別交換しなくてはいけない場所もなく、オイル・エレメント交換、夏タイヤへの換装、リアワイパー交換などの作業だけお願いしました。とりあえず細かい請求書は後日ということで。ただ冬の間、嫁さんが左のリアバンパーを車庫にぶつけてしまい、そろそろ交換しなきゃだなっていうところです。ネイキッドはバンパーが3分割構成となっているため、パーツもコーナーのみ購入で済みます。金額もたしか1万円しなかったはず。しかも、バンパーを止めているビスも外に「剥き出し」なんで交換作業も個人で出来るので、近々挑戦しようと思っています。

近頃のムル


これといった変化はありませんが、最近きになるのは、バックドアの調子の悪さくらいでしょうか。リモコンキーで施錠を解除しハッチゲートを開けようとしても、開きません。どうやら、4枚のドアの鍵は解除できても、バックドアだけダメみたいです。つまり故障ということになります。ま、鍵をさして解除してやれば問題ないんで、不便ですが今はこのままです。
そろそろタイヤも交換しなきゃ…。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。