-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-21 21:42 | カテゴリ:SHOP
暖かな如月は…


 ここ北海道では大雪の2月のはずですが、なぜだか雪が降りません。もちろん降らない方がいいに決まってます。それにしても気温も高く、今日あたりは3月下旬のような天気です。

 このまま春になってほしいですが、さてどうなるか?

TECNO02.jpg
 午前中、”葉っぱ”ちゃんとソリ遊びをした後、最近よく行くパン屋『PICCO BAKERY』へ。
ソリ遊びで疲れたのか”葉っぱ”ちゃんは、カングーに乗って数秒後に眠ってしまいました。ですからぐっすり寝た”葉っぱ”ちゃんを担ぎ、お昼用のパンを購入。

TECNO03.jpg
 ゆっくりパンを食べる昼食、休日ならではの光景。

 本日は久しぶりに年休を取らせてもらいました。

届きました!

TECNO04.jpg
 夕食後、クロネコヤマトさんがやって来て、軽めの箱を届けてくれました。

TECNO05.jpg
 中を開けると、京都にあるパン屋さん、『テクノパン』の佐々木さんからです。
実はというと、以前『テクノパン』のフェイスブックで、お店特製のエコバックが紹介されておりました。そのデザインが素敵だったので「通販とかやってませんか?」と気軽にコメントしたのです。すると、テクノパンの佐々木さんから連絡が入り、本来通販はないのですが、カングー乗りということで、対応して頂けることになったわけです。

TECNO06.jpg
 箱の中に入っていたもの…。(カングーのミニカーは私の自前ですw)

TECNO07.jpg
 モスグリーン地のキャンパス地のエコバックには、カングーと思われるクルマとパン屋さん、そして犬の可愛らしいデザイン。佐々木さんもカングーオーナーで、お店の中にもカングーをモチーフにした装飾も見受けられます。さらに佐々木さんからは、「パン屋なのでパンも食べて欲しい」ということで、ラスクも同封してくださりました。そしてお店のステッカーも!

 カングーのどこに貼ろうか、今から頭を悩ませそうです。

忙しい中、本来やっていないことに対応して頂き、さらに気を遣っていただき感謝でいっぱいです。

TECNO08.jpg
 いつか海を渡ってカングーで『テクノパン』にパンを買いに行きたいものです。

◎『テクノパン』 (http://yellow.ap.teacup.com/techno/)
 
 京都府伏見区淀際目町241-6(TEL075-631-5599)
スポンサーサイト
2014-11-04 00:02 | カテゴリ:SHOP
タイヤ交換のあと


 天気予報では、気温が低くなり、雨や所によって雪という予報が出ているので、屋外は厳しそうです。となると屋内で遊べることを考えましょう。ということで、普段行ってみたいお店を周りたい、じゃあ方向は…今回は千歳方面に行きましょう。

bun02.jpg
 まずは「かもめ食堂」(千歳市北栄2丁目19-6)。その名前の通り、映画『かもめ食堂』をモチーフにしたカフェです。
ムーミンをはじめ、置かれている北欧雑貨が素敵です。

bun03.jpg
 メニューも映画を再現していたりしてるのですが、実は本日、お店の2周年イベントが開催されており、店内はさまざまな作家さんの作品の販売が行われており、通常営業ではありません。

bun04.jpg
 ですから、料理はテイクアウト中心。チキンカツサンドとおからハンバーグとマスタードのマリネのセットと塩むすびを購入。そして、ここでいくつか雑貨も購入。

 今度はゆっくり来たいものです。

bun05.jpg
 とりあえず、テイクアウトしたご飯をどこで食べようか。いつもなら公園なんですが、風がものすごく強い。天気や日差しは思ったより暖かいのですが。

 こうなると目指すは、我らが千歳アウトレットモールレラ。ここならキッズスペースもあるので〝葉っぱ"ちゃんを遊ばせたり、ご飯を食べるフリースペースもあります。しかも空いているw。

 ここでもムーミングッズなどを眺め、次なる目的地へ。

bun06.jpg
 実は、住宅地にある雑貨屋さんを目指したのですが、何と何と定休日。ありゃ。そこのお店のご近所にちょっと気になる建物があったので立ち寄ってみましょう。

『il dono』という家具と生活雑貨のお店。ここの建物、ロケーションがとても素敵。対応してくれたお姉さんも親切でしたし。聞いて見たらここ『アートホーム千歳支社』だそうです。ショールームというわけか。

まてよ、アートホーム、アートホーム…最近、聞いたことがあるぞ、雑誌かなぁ。

bun07.jpg
 帰って気がつきました!あぁ、アートホームさんだ。今年のFBPでいろいろお世話になったじゃないか!すっかり忘れてました。

bun08.jpg
 そこのご近所にお洒落なお家と、とてもきれいな水色のルノートゥインゴ。いいなぁ。
てなわけで、何か甘いものでも食べて帰る?というと、〝葉っぱ"ちゃんは「あいすー、あいすー」を連発。ん?まてまて、お前、いつどこでそんな言葉覚えたのだよ。

bun09.jpg
 アートホームさんのご近所にジェラート屋さんを発見。

bun10.jpg
 『GELATERIA MIRTILLO』(千歳市長都2)。ブルーベリー農園が経営しているジェラート屋さん。

bun11.jpg
 天気が良ければ、ブルーベリー畑を見ながら食べることも出来ます。

bun12.jpg
 今回はキャラメル・リンゴを注文。とても美味しかったのですが、パンフレットを見て「ミルティーロ」とはイタリア語で「ブルーベリー」の意味という事知り、まずはブルーベリーを頼むのが筋なんだろうと反省です。まるで蕎麦屋でラーメン注文したみたいに。〝葉っぱ"ちゃんは大好きなブドウ味を注文し、「あいすーおいしー」としゃべってます。…ん?まてまて、お前、いつどこでそんな言葉覚えたのだよ。

bun13.jpg
 千歳から、長沼、栗山、岩見沢と遠回りして、自宅に戻りました。岩見沢方面から暗くなり、みぞれがフロントガラスを叩きました。気温もグッと下がってきました。もう冬がすぐそこに来ているんですね。
 
2013-10-27 22:15 | カテゴリ:SHOP
白石の絵本屋に

 以前、知り合いかに教えてもらった絵本屋。忙しくて行けてなかったので先日訪れてみました。付近には公園や学校があり、子どもたちが多いという中通りに面した所にお店がありました。


 お店のショーウインドウに絵本が飾られております。お店の名前は「ぶっくはうす りとるわん」(札幌市白石区本郷通6丁目南2の1 011-860-1325)

litt03.jpg
 お店は、靴を脱いで上がります。フローリングの床で座り込んで本を見たり選んだりもできます。店内には絵本・児童書・育児書などがびっしり。定番のものから、新作、そしてレアなものまでそろっております。

litt04.jpg
 この日の戦利品。まずは『セーラーとペッカ、町へ行く』(偕成社)。作者はスウェーデンのアーティストであるヨックム・ノードストリューム。5冊シリーズの第一弾。町の大型書店ではまずは見かけない一冊でしょう。かなりシュールな内容と画風が何とも言えない魅力です。
 そして2冊目、3冊目は定番絵本。福音館の定番自動車絵本の『バルンくん』。とにかくヒストリックカー好きならニヤりとする本です。シリーズ化されております。そしてブロンズ新社の『だるまさんが』。赤ちゃん向けの絵本としてはすっかり有名となった作品です。

カングーのライト
litt05.jpg
 絵本屋の後、モモヤナギの携帯電話の機種変更のためau栄町店へ。その帰り、ヘッドライトの右が着れているので、途中のジェームスによって購入。H4のバルブです。昨年の冬交換しましたが、あの時は、冬の夜に切れて、暗い駐車場で交換したので、手がかじかんで、暗くて時間がかかりました。

litt06.jpg
 なので、翌日の朝、明るいうちに交換です。

litt07.jpg
 エンジンルームを開けると、ヘッドカバーはDAHLIAさんが貼った、季節のカボチャ様が。ホント、これなんで、ルノー札幌以外でエンジン見せられませんw

litt08.jpg
 バルブ交換完了。やはり明るいと作業が楽でいいですね。

本日の伊太利さん
litt09.jpg
 本日、千歳某所で、気になるお車を盗撮です。ランチャ デルタ インテグラーレ EVO1(かな?)。私、デルタが大好きなんですよね。本気で欲しい時期ありましたもの(今もだけど)。

litt10.jpg
 今見てもこの直線的なスタイリングが何ともカッコいいものです。ラリーでの活躍も、すでに伝説となっております。トラブルや維持が大変と聞きますが、乗ってみたい一台です。

litt11.jpg
 ホタテを貰ったので、土曜日にシーフードカレーを作りました。海産物からの出汁がしっかり出ていておいしいカレーとなりました。寒い時期には辛目のカレーが一番。カレーに使ったリンゴの残りをワインと砂糖で煮詰めジャム風にしたものを付け合せにしました。辛いカレーに甘いリンゴがアクセントとなり、結構おいしいものですよ。
2013-05-04 18:34 | カテゴリ:SHOP
懸案事項…


 今朝、所用で郵便局に行きました。駐車場に停めると隣のアルトのおじさんが、しげしげとルーテシアを見ています。正確に言うと、ルーテシアの足元をです。
 結構信号待ちで隣のクルマがルーテシアの足元に視線を送っているのに気が付くことが多いです。そのおじさんもしばらく眺め「ほほぅ」とい顔をしておりました。

やはりルーテシアRSのフロントフェンダーの“穴”が気になるのかな?

 実は私はこれとは違って気になることがあります。どこかというと、タイヤ…。
この間夏タイヤに換装しましたが、どうも調子が悪いのです。まずはロードノイズと細かなヴァイブレーション。ホイールバランスの狂いも考えられますが、どうやらタイヤの減りが主要因ではないかと。けっこう気にし出したらもう気になります。近いうちにタイヤ新調検討しないとならないようです。


長沼へ…


 昼ごろ、ルーテシアでぶらりドライブ。方面は渋滞と無縁な所がいいと長沼へ向かいました。実は長沼に行こうと思ったのはもう一つの理由が。
 お気に入りの長沼の絵本屋さんぽこぺんさんのHPが最近なくなってしまったのです。もともと更新されていなかったのでしたが、なくなったということはお店閉めてしまったのか?もともと土日にしか営業していないお店なので、そうしょっちゅう行くことが出来ないのですが、いつも行くと店主の飛島さんがにこやかに迎えてくれ、とても居心地の良いお店です。

 お店の前を過ぎた時、一台の青いパンダが停まってます。「あれ、あそこがぽこぺんのはず…」何だかいつもと違う雰囲気。とりあえずまずは昼食ということで、ぽこぺんの近くのレストラン『里日和』へ。



 そこで料理を待っているうち、スマートフォンでサイト閲覧していて知りました。

 ぽこぺんの飛島詩子さん、4月中旬に亡くなられていたことを。


 食事後、改めてぽこぺんへ。


 ここにあった大きな看板はすでに外されておりました。


 そして先ほど見た青いパンダが停まっています。おそらく片付けの方のクルマかな。


 そして、閉店を知らせるホワイトボードが。


閉店のお知らせ
                    2013年3月1日より

 2002年春、札幌で絵本屋ぽこぺんを開店し、2004年 初秋長沼に移転してから地元、苫小牧、岩見沢、美唄、札幌等から、遠所から来て下さりました。
 赤ちゃんから子育てのお母さんお父さん、恋人さん、読み聞かせの方、教師たち、読書運動をしている方たち、又、人生にふと立ち止まった時、“ぽこぺん”の本を求めにいらして下さった皆さまに、愛された、絵本屋でした。
 店主の一身上の都合により閉店することになりましたが、長い間皆さまに助けられ、それを喜びと力にし続けられたことを、深く深く感謝しております。
ありがとうございました。

                            店主 飛島 詩子

というメッセージが書かれておりました。

素敵なお店で、まだまだ欲しい本もたくさんあったお店でした。

本当に残念ですが、飛島さんの御冥福をお祈りいたします。


 江別市内の本屋で発見して「おおおお!」と思ったのがこちら。『からすのおかしやさん』。何とあの名作『からすのパンやさん』の続編です。何と40年もの歳月を経て、かこさとし氏が書き下ろした新作。しかも新作はこれだけではなく、4冊のからすのパンやシリーズが出ます。あのパン屋のこどもたちが大人になったお話。これは是非とも揃えねば。

2012-09-18 23:30 | カテゴリ:SHOP
お部屋改造は…

 合宿明けの敬老の日、オフなのでゆっくり寝られます。しかし、年を取ると昔みたいには寝られないもので、7時頃には目が覚めてます。

 朝食後、塗り終わっていない居間の漆喰塗りを行い、昼ごろ完了!塗ったばかりの場所と乾燥した場所とで、色がずいぶん変化するのわかりますよね。この勢いで次々漆喰の場所を増やしたいですが、今回はここで一旦終了とします。壁を乾燥させる間、どこか行こうということでやってきたのが、ここです。


BESS札幌展示場へ…



 ログハウスなどの家を販売するメーカー、「BESS」。札幌展示場と謳ってますが、江別にあります。うちからすぐそばで、毎日通勤で通るので気にはなってました。5棟のモデルハウスがあり、受付をすませたら、後は自由に見てきていいそうです。スタッフも付いて来ないので冷やかし全開な私らにはありがたいシステムです。

 これが、ここのマップです。

 手前のまん丸いのが『ドームハウス』。丸い住宅です。この建物は事務所として使用されております。その隣が『ハンドヒューンログハウス』。典型的なログハウスです。

 中はこんな感じ。何だか気分はCWニコルといった所でしょうか?

 さらにその隣の『カントリーログハウス』まではウッドデッキでつながってました。

 さっきの『ハンドヒューンログハウス』と比べて、ぐっとカントリー風なログハウスです。ベッドから空の見える子供部屋なんて、子供なら楽しそうです。

 私の個人的な趣味で言うと、好きなのはこの『ワンダーデバイス』というガルバリウム鋼板と木材で囲まれた住宅。

 入り口に大きな黒板のパネルが。これなら作れるので、パクリましょうか。

 ソファーの部分は土間になっており、外から靴ままアクセスできます。窓を開けたら、ウッドデッキとつながる仕掛け。1階の隠し部屋が作られており、「どんでん返し」のような仕組みで部屋に入れるなど、遊び心満載。どんでん返しに憧れているんだよなぁ。

 2階の天井には蜘蛛の巣と蜘蛛がぶら下がっております。そして2階から1階までは“すべり棒”で降りることもできます。ハンモッグ何かもあり、人を呼ぶと、ニヤッとされそう。

 最後は『ジャパネスクハウス 程々の家』。これも好きだなぁ。リゾート地のペンションのよう。ウッドハウスで「和」を表現した何とも素敵なお家です。


ちょっと一息


 BESSから出て、近所に最近オープンしたお店へ行きました。『日本茶 甘み処 あずき』(江別市野幌寿町9-8 011-375-8764)

 新しいお店なので、きれいで落ち着いた店内の雰囲気です。BGMのJAZZも心地いいですね。オープンしたばかりなので、まだまだオペレーションがどこかぎこちありませんが、それまた新鮮です。

 注文したのは私は「抹茶白玉あんみつ」、モモヤナギは「白玉あんみつ」。和の水オーツもおいしいです。われわれはこのスイーツはもちろんですが、漆喰塗りの内壁に興味がいってました。

 何か、雑貨・家具が欲しくなって、あれこれ周りましたが、結局行きついたのはホーマック。そこで木材とペンキを購入してテレビの上の、壁に飾り棚を作ってみました。結局またまたDIYとなっちゃいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。