-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-02 16:51 | カテゴリ:Food
吹雪の夜に…

先日、ムル乗りの「撮影隊長」さんから、飲み会のお誘いを頂きました。今年は忙しくて、昨年の12月に呑んで以来だったので、喜んでお誘いを受けました。さてどこへ行こうか?日本酒が呑めるお店というのが第一条件だったので、以前から気になっていたお店を選んだわけです。ここは「海鮮居酒屋 蛇之助(じゃのすけ)」(札幌市中央区北1条東2丁目5-11 大久保ビル1F 011-252-0028)。


 札幌の中心街からちょっとだけ離れた、ビルの一角にあります。お店の入り口の風情がちょっと良かったのでここの前の道を通るたび(ちょうど、演劇の会場となる教育文化会館から学校に帰る時に通るのです)気になっておりました。ちょうど待ち合わせの時間になる頃、雪が強く降ってきました。カングーを仕事上がりのモモヤナギに預けて飲み会スタート。

このお店、お通しに鮑が出てきます。そういえば入り口の水槽に鮑がゴロンゴロンありました。
 日本酒飲み放題なので、日本酒度の高い奴からどんどんいきましょう。

お刺身も注文。平政、柳の舞、そしてぶどう海老。地鶏も美味しいそうなので、地鶏のたたきも注文。じゃが塩辛なんかももらいましょう。じゃがいもに、塩辛をのっけて食べるのはたぶん北海道独特なんでしょうね。

酒のつまみに、イカゴロなんかも頼んじゃいます。仕事の話や、クルマの話、家族の話など楽しいひと時を過ごすことができました。隊長さんの時期主力戦闘機+時期支援戦闘機のお話、実現出来たら楽しそうですね。是非その時は、試乗させてください。

 お店を出ると、尋常じゃない雪の量になっており、2次会終了後にお迎えに来てもらった、モモヤナギカングーのルーフには雪がこんもり積もっていて、さらにハイルーフとなってました。これって「マンハッタンルーフ」?
 特定の年齢層のクルマ好きにしか通じない単語で表現してみました。
ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ♪とマッドネスの歌声つながりで、ホンダS600です。さてと雪がとけたらS600を遠い先祖に持つ、ホンダS660ことホンダビートの車検を取らなきゃなぁ。

スポンサーサイト
2012-08-05 23:20 | カテゴリ:Food
こんなところに…

 家の近所…といってもちょっと離れていますが、いつもの出勤コースのに近い住宅街の枝道にふと、入り込んでしまいました。

 すると何だか可愛らしい建物が目に飛び込んできました。この辺りの新興住宅地には、それはオシャレなお家が立ち並んでおります。その中でも一際目立ったのがこの建物。

「一般のお宅っぽくはないなぁ」

何やら看板がありますよ。Cafeかなぁ?と思いクルマを降りてみると…


 『Hy's Doll』という雑貨屋さんのようです。

営業日は週三回の火・木・土で、営業股間もAM11:00~PM16:00だそうです。訪れた時は営業時間外でしたので、中の雰囲気を見ることはできません。

 雑貨屋は大好きですが、さすがにこの店構えでは、私一人でふらりとは入りづらいので、近々相方を誘って行ってみたいですね。近所の住宅街にこんなお店が出来ると楽しくなりますね。


またまたまた花火大会!


 今年4回目の花火大会。江別市民まつりでの花火大会が行われました。その日は残念ながら雨が降っていましたが時間通りに打ち上げられました。地元江別の花火大会…打ち上げ発数も少ないですが、打ち上げ場所が近いようで、音と花火のタイムラグがほとんどありません。


大餃子まつり


 「夜どうしよっか?」…ということで“餃子まつり”と相成りました。東雁来のマックスバリュで野菜や餃子の皮をカゴに入れ、肉コーナーへ行くと…

ひき肉売り切れ…なんだよ、メインがないとは!

結局自宅近くのスーパーで、ひき肉だけ購入。

 二人で、餃子を包んで準備中。タネにはチーズやエビをお好みでトッピング。

 出来上がったらホットプレートの上に並べます。焼いている間、次焼く餃子を準備中。

 お!いい感じに焦げ色も付きました。熱々の餃子を頬張れます。ご飯も進むし、ビールも美味しくいただけます。満腹過ぎて、気が付けば二人、床で寝てしまい日付も変わっておりました…。

2012-01-28 21:58 | カテゴリ:Food
美しくも哀しいお話


 最近、買った絵本は『赤い蝋燭と人魚』。皆さんも子供の頃に読んだことがあると思います。

「人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。

 北の海にも棲んでいたのであります。」という美しい書き出しで始まる小川未明の名作です。それを絵本作家の酒井駒子さんのゾクッとするほど美しい絵描いたこの絵本。ぜひ書店や図書館で手にとって下さい。

 人間の心の闇のような漆黒が印象的な絵本。「よるくま」など子供を可愛らしく描くのに定番のある彼女ですが、美しくも哀しく、おどろおどろした物語は、彼女の絵無くては成立しないかもしれません。おすすめです。


寒い夜にはスパイスで



 久しぶりに風邪をひきました。それもやっかいなのを。やばいなぁと思ったのは、火曜日のこと。「あ、のどが痛いなぁ。」。
 でも商売柄、大声でしゃべり続ける訳ですのでその日が終わると、声がそうとうハスキーになるわけです。火曜日の夜、例の水漏れ事件の件で業者との打ち合わせがありました。こちらは、家の補修は全額火災保険からまかなわれということで、床材張替えとか、壁紙や天井の張替え、照明器具の交換といった内容。さらに損害の家財道具は施工業者の保険でまかなわれるそうです。
 この工事は1週間以内で完了する予定ですが、その間暖房・給湯、水周りを取り外す必要があるため、暖かくならないと出来ないそうで、5月下旬が予定日だそうです。その期間は別の所に住まうかもしれません。まぁそんな打ち合わせも終わり、晩飯を食おうと向かったお店が、何度か登場してますが『Hot Spice』です。


 寒い日に暖かいラーメンというのが定番なのかもしれませんが、私ラーメンがちょっと苦手なのでスープカレーで。のどが痛いですが、スパイスがもしかしたら逆にいいかも…と何の根拠もないのですが、カレー好きなので良しとしましょう。

 オーナーさんは、アンティーク好きなので、店内もそんな雰囲気で一杯です。


 平日の夜なので、静かな雰囲気で、ライス大盛り無料とかコーヒー無料なんてサービスも充実。美味しくいただきました。身体もしっかり温まりました。


 しかし今年の冬はドカ雪か寒い日かという冬らしい冬です。木曜日の朝通勤時の江別で観測しました。この時の外気温は「-22℃」。
なんですか、この寒気。やばくないですか?私の中でこの冬一番の寒さでした。ちなみに翌日の金曜日、とうとう風邪悪化でダウンしてしまいました…。



ムルティプラは名乗らない!



 噂の新型ムルティプラ。フィアット500ベースという噂がありましたが、大体こんな感じなんですね。誰が見ても頭に浮かべるのは、ミニクロスオーバー。フィアット500のMPV…これは売れそうです。チンクじゃやっぱり狭いし…という人にはピッタリです。ツインエアも健在なので燃費もいいでしょうし。

 気になる名前はやはり「ムルティプラ」ではなく「500L(ラージ)」らしいです。もっとも6人乗りじゃなきゃ「ムルティプラ」じゃないですよね。

2011-12-11 20:25 | カテゴリ:Food
月食の夜に…


 昨日は、ムルティプラの撮影隊長さんとの飲み会です。スタートは夜7時ですが、ちょっとだけ早めにJRに乗り、札幌へ。
 地元のJR野幌駅がリニュアルされたわけですが、普段クルマ通勤なので、乗ったことがありませんでした。ですからこの日は、野幌から乗車です。新しい野幌駅は、まだ外周りは工事中でしたが、駅内は完成のようです。真っ赤な内装が妙に浮いていて目に痛いです。江別のシンボルであるナナカマドをイメージしているらしいんですが、どうも安っぽい中華料理屋というか、ラーメン屋というか…。正直、微妙な感じです。同じ赤でももう少し鈍い色にした方がいいんじゃないの?という感じです。

 札幌はホワイトイルミネーションとミュンヘンクリスマス市で賑わっております。テレビ塔の横には大きな満月が煌々と輝いております。今晩この月が満ぜち欠けするわけですから、よけいに輝いて見えます。


 大丸セントラルで、文房具を眺めつつ、その横にある日産ショールームにも足を運んでみましょう。


 ギャラリーには3代目スカイラインの4ドアセダンが展示されています。当然今のスカイラインにはこの面影はどこにもないわけですが、存在感は十分。ハコスカもGT-Rなんかは愛好家の手により、生き残っているでしょうが、通常のスカイラインなんかは、もうほとんど現存していないんでしょうね。


 向かいには日産リーフがあります。未来のクルマと昭和のクルマが並ぶのも何だか不思議な感じですね。



 日産で時間をつぶし、時間になったので飲み会の場所である『まる田 七番蔵 地の酒 地の酉』(札幌市中央区南2西4フェアリースクェアビル)へ。

 ここは私の好きな酒蔵『北の錦』の直営店です。


 この日のメニューは「角樽の膳」というコースで

・先 付 ふぐの皮の煮こごり
・刺 身 旬の五点盛り
・鍋   キンキ鍋
・焼き物 ブリの照り焼き
・揚げ物 小フグの唐揚げ
・小 鉢 カニの酢の物
・食 事 〆の鍋雑炊
・甘 味 イチゴのアイス

 で、飲み放題のお酒は…

・鳳紋本醸造
・にごり酒本醸造
・北のろまん特別純米
・北の錦特別純米
・秘蔵純米酒
・デラックス純米大吟醸
・アサヒスーパードライ

 食事も美味しく、お酒も美味しい。撮影隊長さんと、クルマ、北海道、仕事、プライベートの話などいろいろ楽しいお話ができました。コーチャンフォーの付近に生息する帯広ナンバーの金ムルのお話…笑いました。まぁ、あの形で色も一緒なら間違えられても仕方ありません。思わぬ冤罪ですが、この疑いを晴らすのは難しいでしょうね。私も気をつけなきゃww。


 ここは飲みもののコースター代わりにお酒のラベルを使います。こんな遊び心って酒飲みには楽しいですよね。取って置いてもどこか行ってしまうのでモレスキンにペタリと貼ってみました。

2011-10-23 20:21 | カテゴリ:Food
ホクレン大収穫祭!

 雨の日曜日なので、今日は久しぶりに東急ハンズに行こうかと思いました。それともう一軒、三越百貨店へ。
 
 それにしても、札幌の百貨店は大通りに出店しているとこが苦戦しているようです。というか、すでに百貨店という営業形態は、過去のものになってしまったように思います。私が子供のころは、百貨店というと、もうワクワクドキドキな空間だった気がします。しかし、今の子供は百貨店でワクワクすることはなさそうです。今いるユーザー頼りの商売では百貨店の将来は絶望的ですよね。ま、自動車業界にも共通する命題でしょうが…。


 それじゃ、何ゆえに三越かというと、10階催事場で行われている『ホクレン大収穫祭』に行こうかと。18日から開催されており、ここに東川町のムルティプラ乗りの“きたムルさん”の所のお店『天然酵母の蒸しパン屋 しのぱん』が出店しているからです。

 他のフロアはお客もそんなにいなかったわけですが、さすが催事場、ちょっと混んでいます。きたムルさんも蒸し器の前に立って忙しそうです。
 蒸気で曇った窓の向こうにじーっと立ってますと、気づいてくれました(笑)。次から次へと人が来ますので、ゆっくりとお話することもできないのですが、札幌へ出店しているうちに一度行きたいなと…。
 忙しい毎日なので、きたムルさんと奥様おつかれさまです。今度ゆっくり出来るときのにお会いしましょう。

 このお店の蒸しパンをまだ食べたことのない方、ぜひ一度口にして下さい。もうそれは、とてもモチモチな食感で美味しいですよ。蒸しパンの概念が大きく変わること間違いなしです。札幌での営業は惜しくも明日のみ(14日)となってます。でも、まだ間に合います。ちょっと三越に足を運んで見てください。
 まぁ、買い逃しても、東川の可愛いお店にドライブがてら行くのもお勧めします。


 明日の朝ごはん用に、買って来ましたよ~。チーズコーンとクランベリーチョコときんぴらマヨネーズの三種セットです。ちょっぴりピリっとしたきんぴらは私の好みです。食べたら、また買いに行きたくなりますよ。


 忙しそうな“きたムル”さんに挨拶をして、帰ろうと思ったら、しのぱんさんの横にあったお店は「大八栗原蒲鉾店」じゃないですか。ここは小樽の蒲鉾屋さんで、赤ルーテシア乗りの“Me”さんがお勧めのお店なんですよ。一度、小樽のお店に行こうと思っておりましたが、偶然ここにあったので数種類買い込んで帰りました。

 美味しいものを買って帰るのってなんだか嬉しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。