-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-02 22:16 | カテゴリ:cats
身の毛もよだつお話…

 本日、出勤しようといつもの道をルーテシアで駆け抜けようとすると、家を出てすぐに、渋滞が。「何でここでつまるのよ?」と思っていたら、原因がわかりました。それは…火事です!消防車3台にパトカーで反対車線が封鎖されておりました。朝から火事とはお気の毒に…としみじみ思った私でした。なぜなら…。

これは、5月30日に起こった、実際のお話です。それでは再現フィルムでお届けいたします。


 私はここ数年、朝起きて、仕事に行く前に自分の昼食の弁当を作っております。もっとも、自分で作るより仕方のない状況なのですが、問題はそこではありません。弁当作りがおわり、身支度をし仕事に向かいます。
 
 それから、約12時間後…。

 帰宅した私は、猫らにご飯を与えて、どれ自分の夕食の準備をしようかと、キッチンに立ちました。実際自分の分だけの夕食をつくる事ほど、面倒な行為はありません。
 でも仕方ありません。肉でも焼こうと、朝使った、玉子焼き用のフライパンをどけた時の事でした。

 そのとき、私の目の前に想像もしていなかった事態を、目の当たりにしました。それは!…


 フライパンをどけると、何とガスコンロに火が付いているではありませんか!!(※)写真は、そのときのmomo-cafe氏の証言に基づいた再現映像です。

 もう、私は目の前がクラッとしましたね。だって、お弁当作ってガスを消し忘れたわけですから。12時間もフライパンを火にかけていると考えたら、火事になってないことが奇跡な気してきました。

「何やってる自分…。」

 でも、冷静に、まず12時間熱せられたフライパンを冷まそうと、水道の水をかけたときでした。

 「あれ?」

 このシチュエーションなら、フライパンはジュ~~!!という音と水蒸気がでますよね。しかし、フライパンから音も煙もでてません。

「んんん??」

 そういえば、コンロ付近を触っても熱くありません。つまり12時間以上火がついていたとは思えません。そう、私が帰ってくる少し前に点火されたと考えた方が自然かもしれません。

 現在、この家には私以外誰もおりません。…とすると、犯人は…?


 は、犯人?誰の事にゃ~、私そんなことしていないにゃ-。私を見るとそそくさと逃げて行きます。


          あやしい!


 我が家のガスコンロのスイッチは回すタイプではなく、長押しして付けるタイプ。つまり猫でも十分に着火することが可能です。


 そして、防犯カメラの映像がこれ(嘘です)。どうです、悪そうな面構えでしょう。この後、猫は犯行に及んだと見られます。

 帰宅する私のために、料理を作って待っていてくれたのなら嬉しいのですが、帰宅したら我が家が無くなっていた…なんて事になると、茫然自失ですよね。その日以来、使用しないガスコンロは、必ずロックすることになったのは言うまでもありません。

 皆様も、猫による出火にはご用心を!


AMAZONからのお届けもの



 今日帰ったら郵便受けに届いていました。この間、注文していたDVDです。『幕末太陽傳』。(1957年 川島雄三監督)
 昔、TVのBS放送で見たことありますが、AMAZONで見つけて、ポチっとカートに入れてしまいました。若き日のフランキー堺や石原裕次郎(“昭和な女子”の“ねえさん”が大ファンです)、小林旭、二谷英明、南田洋子らも出演しております。久しぶりに観るのが、ちょっと楽しみです。

スポンサーサイト
2010-12-21 22:33 | カテゴリ:cats
【前回までのあらすじ】
 199X年、世界は核の炎につつまれ、あらゆる生命体が絶滅したかにみえた。だが、ネコは水とキャットフードを求めて争い、強いネコが弱いネコを暴力によって支配する、荒廃した時代に生きていた。

 一子相伝の暗殺拳「ネコネコ神拳」の伝承者、プリンは、かつて自分と継承者争いしたキャラメルは、世紀末覇者・ニャン王を名乗る暴君となっていた。プリンとキャラメル、雌雄を決する時がいよいよきたのだ…!!



 プリン「もはや 次の一撃が われらの最後の別れとなるだろう」


 キャラメル「よかろう ならば砕いてみせよう この拳に わが生涯のすべてをこめて!! 
うけてみよ!わが全霊の拳を!!」

キャラメル「ぬうおお~~~っ!!」

ドワッ


キャラメル「天に滅せい プリン!!」




ゴ バン ボキ ボキ メキ


 キャラメル「おあ!! は!!」

ドハァッ


キャラメル「う… ぬあ…」

ボコッ


キャラメル「ぐはっ!!」




 キャラメル「ば…ばかな お…おれの このキャラメルの全霊の拳が」





【作者から】

 うちのキャラメルとプリンはいつもこんな風に家の中で、激しく戦っています。おかげで、部屋の中がしっちゃかめっちゃかです(苦笑)

2010-04-30 23:03 | カテゴリ:cats
XPERIA使ってみて…


 先日機種変更したDOCOMOの『XPERIA』。実際使いこなせるか不安でしたが、いざ手にして見ると、直感的に操作でき、今の所は楽しく使っています。当初からの心配な点としては、バッテリーの駆動時間ですが、これは想像通りです。そんなXPERIAですが、「DOCOMO MARKET」から無料のアプリ『FxCamera』をダウンロードして使ったのがこの写真。


 要するに、撮った写真を「トイカメラ」や「ポラロイド」「魚眼レンズ」風にデジタル処理してくれるというもの。


 『i phon』には全然負けてますが、遊ぶにはけっこう面白いと思います。まだまだ、アプリのダウンロードは行ってないので、今後が楽しみ。ユーザーさんでおすすめのアプリがあったらアドバイスお願いします。


美濃国から届いたものは



 昔より尾張・美濃・近江を制した物は天下を治める、といわれたように、日本史上重要な都道府県に岐阜県があります。そう考えれば、織田信長が清洲城(尾張)→岐阜(稲葉山)城(美濃)→安土城(近江)という変遷が理解できるというもの。天下分け目の決戦、関が原の戦いも、古くは壬申の乱の決戦の舞台も美濃でした。
 そんな美濃(岐阜)から、心のこもった嬉しい贈物が届きました。

 先日、産まれたプリンの出産祝いに、とリンクさせて頂いている『ヒロっちさん』からレターパックが届きました。
 ヒロっちさんは、『ルノーサンクGTターボ』『フィアットムルティプラ』『フィアットパンダ(その前はルノールーテシアRS)の3台のイタフラ車にお乗りな、家族想いな素敵なお父さんです。ブログ『イタ・フラ道楽日記~クルマは急にやめられない』(http://itafuradouraku.blogsptcom/)では、そんなクルマ達や、岐阜の自然やお子様やご家族とのふれあいがさらりと綴られております。
 冗談で、『出産祝い受け付けてます』って書いたわけですが、本当に送っていただけるとは、正直恐縮しております。しかもお手紙まで頂き、本当にありがたく思っております。娘もとても喜んでおりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。


 頂いたキャットフードを出した途端、キャラメルは皿にまっしぐら。いかに我が家ではろくな食事を与えられていないかわかる瞬間でした。もうそれはすごい勢いで食べております。


 ちなみにキャラメルは水を飲む時、必ず手で水をすくって、手から水を飲みます。私はよくわかりませんが猫ってそういうものだと思っていたら、来る人来る人「手で飲んでる~!」とコメントを残しています。普通じゃないんですかね。

2010-04-23 22:47 | カテゴリ:cats
子猫の名前は…


 産まれて6日目の猫の赤ちゃん。この茶虎は力強く、毎日大きくなっています。昨日今日あたりは、閉じたままの目も少しづつピクピクまぶたが動いています。
 一方、キャラメルのお腹もすっかり元のスマートなお腹にもどりました。開いたお腹の傷も、薬もつけていますが、かなり自然治癒力で塞がってきております。


 この子猫はキャラメルと一緒に飼う事にしましたので、名前が必要ですよね。娘の命名でこの茶虎のメスの赤ちゃんは『プリン』となりました。『キャラメル』と『プリン』の2匹の猫をこれからもよろしくお願いします。

明日御帰還予定です



 先日、1007の修理が完了するとの連絡を、ディラーからもらっておりました。しかし、仕事が忙しいのと夜遅くに引き取りたくはなかったため、明日土曜日にディラーに行くつもりです。1ヶ月と2週間の入院…。1007に乗ってたのがずいぶん昔の話に思えます。何だか新車を買った気持ちで明日の納車を楽しみにしております。その模様は明日の更新で書くつもりです。

2010-04-21 02:32 | カテゴリ:cats
悲しいおしらせ


 子猫が産まれて4日目。順調ではありません。二匹のうち、茶虎は順調に体重も増え力強い様子ですが、一方の黒虎は体重が増えません、というかむしろ減少気味です。今日あたりには母猫の母乳を飲む体力も残っていません。

 今日の検診でも主治医の「ぱんだ先生」から、極めて危ない状態だと言われました。母乳をしぼって黒虎の口につけたりしても、今日はもう吸い付きません…。


 日付が変わった頃、黒虎は動かなくなりました…。茶虎と両方持ったら、その重さは歴然としていました。
わずか四日しか生きられなかったわけですが、この黒虎、本当に可愛い顔していました。

 一番最初に自力で産まれた子が育たなくて、産まれる時ほとんど死にかけて、何とか蘇生できた子がすくすく育つ…何だか皮肉なものですが、自然の法則の中では仕方のないことなのかもしれません。むしろ、茶虎の方は生きようとする気持ちが、人一倍(猫一倍?)強かったということでしょう。

 この茶虎は先に逝ってしまった兄弟の分まで、元気な猫であって欲しいと思います。


今日の鈴木さん



 双子(ツインズ)だった子猫が1匹になったわけですが、こちらは『スズキ ツイン』です。名前の通り、2シーターのシティコミューターの軽自動車。このコンセプトでは『スマートフォーツー』が有名ですが、日本の軽自動車の雄、スズキがこのコンセプトに挑戦しました。カタチはご覧の通り、ポップというかどこか玩具っぽく大人っぽいスマートとは対照的でした。
 すでに生産中止となりましたが、先日出会ったこの個体は全塗装(記憶違いならごめんなさい、この色純正になかったですよね?)が施されております。このメタリックのツートンだと不思議と玩具っぽさが消えて大人びて見えます。オーナーさんのセンスが光る一台ですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。