-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-27 23:34 | カテゴリ:movie
ゾンビの夜明け…


 今ちょっと時間が出来ているのでDVDを観ようと思っています。最近の映画全然観ていないのですが、何故だかちょっとだけ古い、つまり自分の子どもの頃の映画に興味がわいております。

 先日観たのがジョージ・A・ロメロ監督の『DAWN of the DEAD』。ちょっと前にリメイクが作られたましたが、オリジナルの方です。1978年の作品の方。日本では『ゾンビ』という邦題で話題となった映画です。そういえば最近はすっかり見なくなりましたが、土曜日の午後あたりによく再放送していたっけ。

 この映画は、以前このブログで紹介した『NIGHT OF THE LIVINGDEAD』の続編という位置づけです。前作は宇宙からの謎の放射能の影響で突如地上の死者が動き出すというホラー映画で、アメリカのとある田舎の地域限定の出来事でした。しかし今回はアメリカ全土にこの状況が広まった所から物語が始まります。

 前作の『NIGHT OF~』は、最初から最後まで一気に見せる緊張感あふれる傑作でしたが、今回の『DAWN of~』はテイストが違います。今回観たのが139分のディレクターズ・カット版のせいで、より全体に緩い空気が流れております。この映画はもう何度も観ていますが、改めてみても緩いのです。ホラー映画なのにこんなに緩くていいの?と心配するぐらいです。

ZON02.jpg
 ユルさの原因は、緩慢なゾンビの動きが挙げられますが、どこか怖いさよりも滑稽さが見えます。それじゃあホラーとしてダメじゃんと言われそうですが、そうならないのがこの映画の凄さです。

 SWAT隊員のピーターとロジャー、TV局のヘリパイロットのスティーブンと、その恋人(不倫相手?)のフランの4名が主人公。異常な状況下の人物の描き方が秀逸です。

ZON03.jpg
 明るく優しく頼もしいSWAT隊員のロジャーは、ショッピングモールに立て籠もる際、入り口をトレーラーでふさぐこと提案。その作業中、妙にハイテンションとなり情緒不安定となります。相方のピーターが見かねてたしなめるくらいに。
この辺りの演出も心憎いものです。普段冷静で恐怖を表に出さない彼ですが、やはり正常ではいられないわけです。結果我を忘れたロジャーはソンビに噛まれ、数日後ゾンビ化。「ゾンビにならないよう頑張るが、なった時には撃ってくれ」と相方ピーターに懇願。そしてピーターが悩みながら引き金を引きます。

 ユルさを感じるのは、このショッピングモールのシーン。4人はゾンビを締め出し、モール内で買い物(略奪)を楽しみます。もう夢のシーンです。恐怖の外界とは裏腹にモール内は別世界。ただ、ここでも演出が上手いのが4人(のち3人)の表情がだんだん死人のようになっていくこと。恐怖を打ち消すように贅沢な暮らしをしているわけですが、その行為に飽きてくるわけです。
 
ZON04.jpg
 そのユルい非日常を突然ぶち壊すは、軍隊のような暴走族グループの出現。ここから一気に話が加速し、ハラハラドキドキするわけです。…ん?待て待て、ゾンビが主人公らを襲うシーンはそんなにドキドキしないのに、暴走族には…。やはり怖いのは死んでいる人間よりも生きている人間というわけか。これは前作にも通じるテーマです。

 ここでも人間の弱さが描かれてます。ピーターは、暴走族をほっといてやり過ごそうと作戦を立てます。戦闘慣れした武装集団が相手ですから正しい判断。しかし、仲間のスティーブンは「このモールは俺たちのもんだ!」といきなり作戦をぶち壊し、こともあろうか武装集団に銃を向けます。こんな極限でも人間欲が出るもんですね。観ている客は「おいおい、そりゃおかしいだろ!」と判断出来ますが、パニック状態では判断できないのかもしれません。
 
 とうとうゾンビと主人公たちと暴走族の三つ巴の戦いに突入。すると精気を失っていたピーターの表情が生き生きしてきます。

 有名なシーンですが、大暴れ暴走族のメンバーの一人は、モールで略奪し、血圧を測るイスを発見。するとさっそく座り何故か血圧を測ろうとした時、スティーブンの攻撃がスタート。すると仲間が血圧男に「いくぞ、敵だ!」と引っ張って行かれたわけです。その後、この男は何を思ったが、ゾンビが取り囲んでいる血圧測定イスに座り、おもむろに測りはじめます。座って腕を固定した所、ゾンビが襲い掛かり、結局腕は切断され本体はゾンビたちのエサになってしまいます。最後、ピーっという音とともに「血圧…ゼロ」といメッセージが映されるオチまでついてきます。どうしても血圧を測りたかったんだなぁ、ちなみに健康に気をつかわなきゃならないキャラではないのですが。そんなわけで、このシーンはギャグにしか見えませんが、極限状態で人間は冷静な判断出来ないのを暗示しているようです。

ZON05.jpg
 これは有名なエレベーターのシーン。私は小学生の頃、この映画を観たため、未だにエレベーターに戸が開くと、一瞬身構えてしまいます。

ZON06.jpg
 スティーブンもエレベーターでゾンビに襲われ、哀れにもゾンビとなってしまいます。悲しい事に生前の記憶から隠し部屋にいた恋人フランの下へ、他のゾンビを引き連れ戻ってきます。

ZON07.jpg
 生き残ったピーターはスティーブンを射殺し、フランを逃がした後、自らは逃げず自殺をしようとします。ラストはここでは書きませんが、ラストはゲームのようにハッピーエンドからバッドエンドまで何パターンか、あるようです。

 何でこんなにユルいのに怖いのか、ホラーという色眼鏡を外してみると細やかな心理描写がされていることに気が付く秀逸な映画です。ロメロ監督は人種差別反対と反戦や物質主義へのメッセージをこの映画に託しているというのも、興味深い話です。
スポンサーサイト
2012-07-19 23:53 | カテゴリ:movie
それはさわやかだった朝に…

 先日、朝起きるとスマートフォンにメールが届きました。
「なんだろう…」と眠たい目をこすりながらメールを見ると…どうやらAmazonからです。DMかと思いきや、「ご注文ありがとうございます」という確認のメール。
「え…、何も買ってませんが…」と思いますが、画面をスクロールさせると…どうやらDVDを購入したようです。で、勝手に注文されたものはというと…

『エクソシスト ディレクターズカット版』。992円送料無料なり。

ということで、無性にエクソシストが観たくなったのでこのまま発送を待ちましょう。きっと、スマホなので画面を間違って触れてしまい購入ということになったと想像できます。まさか、悪魔の仕業じゃないですよね。

 小学校の頃、観た覚えがありますが、正直おっかないホラー映画というイメージしかありませんでした(当然ですが)。で、実際、ショッキングシーンは覚えているものの、細かい部分は全く記憶にありませんでした。

 あらためて観ると、何とも哲学的というか宗教的な映画で、邪悪な悪魔に立ち向かう2人の神父の物語で、この神父が悪魔祓いに至る過程も、心理描写がしっかり描かれており重厚な人間ドラマとなっております。

 ショッキングシーンと言えば、有名なスパイダーウォークもこの完全版ではしっかりと収録されております。ただいきなり現れ、結構おかしいですよね、このシーン。

 そしてエクソシストの代名詞とも言える、首がまわるシーン。うわぁ、懐かしいです。ただ本作は、これらのシーンが見どころなホラー映画ではなく、あくまでも人間ドラマなのです。

 変な話ですが、個人的には私も過去にちょっと、この映画(ほどすごくはないですが)と似ている経験に遭遇したことがあるので、その点では興味深い映画でもありました。

2012-01-22 23:48 | カテゴリ:movie

 先日の土曜日から北海道先行上映される映画『しあわせのパン』。
「北海道」「パン屋」「大泉洋」「原田知世」「矢野顕子」「忌野清志郎」と いう好きなものの組み合わせな映画。まぁ、脚本が駄目でも何でも観る価値ありかと思い近所の劇場へ。
 到着して、駐車場にクルマを停めて、気がつきました。

「あ、サザエさんだ…。」

そう、思いっきり財布を家に忘れておりました。てなわけで、もう一度やり直し。自宅に戻ります。あぁ、地元の映画館でよかったです。


 主人公の2人。彼らは静かな演技でした。特に原田知世の透明感のある佇まいが素敵です。

 そして、もう一つの主人公のパンやコーヒー、そして料理が本当に美味しそう。


 舞台は北海道の洞爺湖にある月浦という町が舞台。その湖畔にひっそり立つパン屋『マーニ』。そして、春夏秋冬の美しく幻想的な風景も見所。北海道ですがどこか北欧のような雰囲気です。


 カフェの中の、テーブルや、ディスプレー、食器など、注目して観ていたらいろいろな発見があってとても楽しいです。これは、DVD化したら何度も観て楽しめそうです。
 この『マーニ』は月浦に実在する『パン工房 ゴーシュ+CAFE』がロケ地だそうです。雪とけたらブラっとたずねて見たいところです。


 まだ観られていない方も多いと思われるので、多くは語りませんが、見終わった後優しくなれる、そんな映画でした。と同時に、無性にパンが食べたくなったり、パンを焼きたくなったりする映画でもあります。
 是非、時間があれば劇場に足をお運びください。
2011-10-31 22:47 | カテゴリ:movie
ゾンビの夜…

 
 先日のブログで『NIHGT OF THE LIVING DEAD』のDVDを購入したことを書きました。この映画を最初の見たのが、ちょうど高校一年生だったはず。当時レンタルビデオ店が出来始めた頃で、ビデオ一本、一泊二日で1000円という時代です。会員となっていたビデオ店で借りたのが、この映画でした。

 モノクロで昔の映画なので、しょぼいだろうとタカをくくっていたら、とんでもない映だったんですよ。お話はいたってシンプルですが、衝撃的なラストに驚かされました。

 それから25年くらいぶりに、この映画を見るわけです。しかし、かなり細部まで覚えているもんですね。

 高校生の当時には気がつきませんでしたが、この映画、演出が只者ではないんですね。これはゾンビもののホラー映画なので、一般の人たちから、「これって気持ち悪いんでしょ?」と敬遠されるかもしれません。しかし、そこを避けるのってもったいないです。


 この映画のポイントは「モノクロ」ということ。最初昔だからモノクロなんだと思い込んでいましたが、実際のところ、低予算映画のため、経費節減というのが大きな理由だそうです。しかし、画面の陰影があることで逆にモノクロが、この映画の恐怖度を増しているという事実。弱点を強みに変えたのは、若き日のロメロ監督の才能でしょうね。

 とにかく、開始早々から何の前触れもなしに、異常な展開に登場人物だけではなく、われわれ観客も引き込んでいきます。そこから一気にラストまで息苦しいまでに引っ張っていきます。決して今流行のCGも、3D映像も使ってませんが、一気に我が家がリビングデッド(ゾンビ)に包囲されているような気持ちさせます。
 
 このスピーディーな演出に、映像がモノクロだとか、古い映画だという感覚は完全に消えうせます。


 ちなみに、この映画では、一言も「ゾンビ」という固有名詞使っておりません。「リビングデッド(生きる屍)」という表現。
 ゾンビとはもともとブードゥ教に出てくる怪物ですが、ロメロのリビングデッド(ゾンビ)は、それとは無関係な存在です。
 (1)ゾンビは死後硬直が始まってるので、動きが遅い。
 (2)ゾンビは人肉を食べる。
 (3)ゾンビに襲われたら、ゾンビとなる。
 (4)ゾンビは脳を破壊されない限り、動きを止めない。
という、我々ご存知なゾンビ概念は、この映画からです。
 自分の意志を持たず、感情もなく、ただただひたすら本能にしたがい、人間を襲うという設定は、とてつもなく怖いものです。


 最近のホラー映画は、お化け屋敷のように、特殊メイクや残虐表現で観客を驚かせたりしていますが、この映画はそんな陳腐ではありません。

 ゾンビが主役ではなく、リビングデッドに包囲された、家に篭城する7人の男女の葛藤のお話です。想像を絶する極限状態で人間たちは理性を働かせることが出来ないため、最悪のドラマが待ち受けます。
 客観的にみたら、「お前ら協力してゾンビと戦えよ!」と気楽に突っ込みを入れたくなりますが、逆にそうじゃないほうがリアルなのかもしれません。ヒロインのバーバラは最初から絶叫しまくり。そして恐怖のあまり、精神が崩壊していきます。この映画のリメイク版では、バーバラは苦難の中で、強くなっていくヒロインとして描かれていますが、本作ではただひたすら現実から逃避しております。このあたりの演出もとても秀逸です(なんでも、この女優さんの絶叫芝居が良くて、脚本も手直しされたそうです。)。
 

 そして映画のヒーローは黒人青年のベン。そして、彼と対立する白人のおっちゃんや、中間に位置する若者。ベンは強いリーダーシップを発揮し、この異常な状況を打破しようとします。面白いのは、このベンが絶対的な正義として描かれていません。一見正しい事を言っているように感じますが、実はどこかがおかしいのです。
 一方、臆病でわがままに思える、白人のおっさんが全て間違っている訳でもないのです。人は正しくもあり、愚かでもある存在です。

 この映画は、極限状態での人間たちのエゴがむき出しのドラマです。非常に高質な映画ですので、未見の方は是非とも見てください。あ、でもケッタッキーフライドチキンを食べながら、この映画を見るのはやめた方がいいですよ。
2011-10-11 21:48 | カテゴリ:movie
そんなヤツなんているか?


 連日のカボチャネタですみません。先日、お昼を買いに近所のスーパーへ行ったんですよ。で、ついでにそのスーパーに併設されている百円均一のお店をのぞきました。すると、本部から来たと思われる、偉い人がスーツ姿で両手をズボンのポケットに突っ込みながら、お店のお姉さんと何やらハロウィングッズについてのお話をされています。これは聞き逃せませんよ~。ちょっと聞き耳を…。(サントリーサタデーウェイティングバー アヴァンティ風に…)


 本部さん「いいか!ハロウィングッズなんてのは、売れないんだよ。あくまでも店の雰囲気作りのためにやってるんだ。大体、日本人でこんなの買って家を飾りつけているヤツなんているか?いないだろう!クリスマスじゃないんだ!俺はそんなヤツ見たことないぞ、だろ?」

お姉さん「…ええぇ、はは…(愛想笑い)」

 すいませんね、そんなヤツで…。


秋花火!



 で、昨日、仕事が終わった“ねえさん”を迎えに行った帰り。「あ、花火!」と大麻付近に花火が上がっているのを発見。さすがは花火好きです。
どうやら札幌学院大学の大学祭の後夜祭のようです。本当に今年は花火をたくさん見たなぁ。まさか10月にも見るとは。秋の空は澄んでいて、実は花火がきれいに見えます。


『サヨナラCOLOR』



 AMAZONに注文していたDVDが届きました。竹中直人監督主演の2004年の映画『サヨナラCOLOR』。竹中直人と原田知世の大人の純愛ラブストーリー。ジャケットにあるようにルノー4が登場します。

 映画のオープニング、主人公のさえない中年医師佐々木(竹中直人)の愛車としてルノー4が登場。海とキャトルってよく似合います。で、燃料系のトラブル(?)で立ち往生する設定。「どうするんだよ。」とつぶやく竹中直人を見ながら、思わず「ルノーアシストに電話するんだよ!」とつぶやき返しましました。

 ストーリー自体はシンプルで、見ているものの予想を裏切りません。女性のキャスティングがどなたも素敵です。まぁ、これは男性から見た理想的な女性像を竹中直人が描いているような気もしますが…。
 しかし、原田知世の存在が光る映画ですね。というか、この人全然変わらないですよね。急に『時をかける少女』を見たくなりました。

 そもそもハナレグミの同名の曲をモチーフにしている本作。多数のミュージシャンたちがエキストラで参加しています。おお、と思ったのが忌野清志郎が、竹中直人の同級生役で登場。同窓会のシーンで、ギター片手に司会をしております。そして久世光彦扮する担任の先生っているのが、まさにRCサクセションの『ぼくの好きな先生』に登場する、煙草と絵の具の匂いのする先生そのもの。あちこちに小ネタが仕込まれています。


 さぁ、寒くなる前に、まだまだルーテシアを走らせたいもんですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。