-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-23 00:05 | カテゴリ:hobby
〝葉っぱ"ちゃんの赤いクルマ

RR01.jpg
 女の子なのですが、最近〝葉っぱ"ちゃんはクルマが大好き。というか、運転が大好きなんでしょう。これは父母のDNAのせいなので仕方ない所です。

 とにかく丸いフタなどを両手で持って「ブッブー!」とか言いながら遊んでいたりしてます。ですから跨って乗れるクルマを水面下で探しておりました。ただクルマ好きとしてはあんまりヘンなものは与えるわけにはいきません。

 量販おもちゃ屋などに行き、市場価格を調査したり、試乗させたりしましたがどうも今一つ。
これで、カングーとかキャトルとかのベビーカーがあれば(一般のお店で)いいのですが、まずは見かけません。インプレッサやGT-Rなんかはありますが価格と出来が釣り合ってません。

 で、本日見つけてそく購入、納車となったのが、こちら…。

RR02.jpg
 どうでしょう?格好いいんじゃないですか。まだフロントにエンジンを設置していたクラッシックなF1のようなデザイン。そして真紅のボディ。

『RADIO FLYER #8 Little Red Roadster』というモデルのようです。

RR03.jpg
 このボディは玩具っぽさがなくていいです。材質はプラスティックじゃなく金属製。タイヤもゴム、ホイールもスチール製です。ですから比較的重量はずっしりとしております。

RR04.jpg
 デザイン的にもすっきりしており、この手の玩具にありがちな破綻がありません。正直私が欲しくなって購入したわけです。子どもが乗らなくなったらこの手の玩具は捨てるか、他人にあげるしかないですもんね。でもこいつならディスプレイとしても十分鑑賞に堪えられそうですし。

RR07.jpg
 では細部をじっくりと…。


RR06.jpg

RR05.jpg

RR08.jpg
 このクルマの最大の欠点は…そう重すぎて、ステアリングを子供の力で切ることはほぼ不可能ということ。
これは現物を見た時にすぐに分かったことです。

 でもなぁ。これ格好いいしなぁ。まぁ試乗した時は〝葉っぱ"ちゃんも楽しそうに乗っていたので、まぁ何とかするでしょう、曲がらなくても。子供ってハンディキャップをネガティブにとらえずに、自分なりに創意工夫して何とか対応していくもの。

 現実、家に帰ったら、嬉々として乗ってます。

…皆さん気になるお値段ですが、中古車ですので、ズバリ…










「1500円也」



ね、安いでしょ?


ちなみに新品ネットで確認したら

「29800円!!!!!!!」ええええええ~え!
ちょっとだけ驚きました。

今日のスイーツは

RR09.jpg
 札幌の有明でたまたま通りかかった時に見つけたお店。『COCCO Terrace』。たまご農家さんがやっているスイーツ屋さん。スイーツだけではなく卵や農作物も販売しております。

RR10.jpg
 てなわけで、ちょっとシフォンケーキなど買ってみました。ランチもできるようです。今度ゆっくり来てみたいなぁ。
スポンサーサイト
2014-01-04 23:56 | カテゴリ:hobby
思い立ったら作ります!


 先日、電子レンジを新調したのですが、そうなるキッチンまわりをすっきりしたくなります。“葉っぱ”ちゃんの離乳食関連の食器や本などもすっきり収納したい、というモモヤナギの要望を聞き、じゃあ、こんな作る?とざっくりした完成予想図を描き示すと、「いいね」という返事をもらいました。

 ちょうど冷蔵庫の横に幅30cm程度の空間があるのでそこに合わせ、ストッカーを作りましょう。

まずはジョイフルAK大曲店へ行き、材料となる木材を買いこんできます。カングー1で180cmの板を運ぶとかなり強引な積み方になります。カングー2ならきっと楽勝なんでしょうね。でも、無理矢理でも積めるので良しとしましょう。

tana02.jpg
 さっそく製作開始。棚を作るのはそんなに面倒なことはありません。とりあえず完成。一番下にはごみ箱を置くスペース、その上の棚にはレシピ本なんかの雑誌等が置けます。

tana03.jpg
 とりあえず設置完了。あとは使いやすいようモモヤナギにアレンジしてもらいます。とりあえず冬休みの工作、ひとまず完了!

momo-cafe COOK

tana04.jpg
さて本日、仕事に久しぶりに出勤。というか、久しぶりのルーテシアです。年末休みから昨日まで移動は、全てカングーでした。昨日気づいてしまったのですが、1日のブログに、「今年はルーテシアの車検という大きなイベントが!」などとほざいていたと思います。しかし…気づいたら、カングーの車検も今年なんですよ。すっかり忘れておりました。ついこの間購入したとばかり思い込んでおりました。2014年、2台車検…、さてどうしましょう。ルノー札幌で2台車検特別割引ってありますか?…ありますよね、T野さん。

tana05.jpg
 気を取り直して…休みなんで、料理をする機会が増えます。私は基本的に「創る」ことが好きなようです。それが家具であったり、演劇の大道具であったり、料理であったり。本当は何かを創る商売が出来たら幸せなのかもしれません。先日のオーブンレンジで作ればいいんでしょうが、使い方いま一つわかっていないので、いつものオーブンで焼きます。

tana06.jpg
 今日作ったのは、『林檎のバターケーキ』。何となくイメージで作ってしまったのですが、焼きあがった時のバターと林檎の香りからするとまずまず美味しそうです。
2013-02-24 21:59 | カテゴリ:hobby
momo-cafe COOK


休日の前の夜は、何だか夜更かししたいものですよね。そんな休日の夜、おもむろにキッチンに立ちます。何を作っているかというと、スイートポテトです。
 

 カタチは今一つですが、味はそれなりです。洋酒をちょっとだけ入れれば良かったのですが、とある事情からそれは入れないということで…。

 先日、久しぶりにちょっとした衝動買いをしてしまいました。以前からそれを探していたのですが、なかなか見つからずAmazonを覗くと、あるにはありますが、お値段がグンと跳ね上がっております。そこまでしては欲しくなかったので見送っていたわけです。それがふらりと入ったお店に…ありました。


頼もしい相棒



 それが、これです。海洋堂のリボルテックシリーズの『次元 大介』。リボルテックシリーズはリボルバージョイントと呼ばれる独自の関節機構を使用したアクションフィギュアのことです。
 本体の他に、様々な表情の頭部パーツや、手のひらパーツが同梱。そして小物としては、次元の代名詞であるマグナムや、タバコ・ライターも付属。椅子や、レンガとコンクリートのリバーシブルの壁面もオマケでついてます。


 どうでしょう。かなり次元ですよね。実は私はルパンよりも昔から次元のファンです。


グリーンジャケットの彼



 そして本日、日曜日の朝、クロネコヤマトがやってきて、こいつを置いて行きました。海洋堂のリボルテックシリーズの『ルパン三世』TVアニメ ファーストシリーズ。すでに2ndシーズンの通称『赤ルパン』は発売され、すでに入手困難のようです。発売当初店頭で手にはとったものの、「ま、いつでも買えるか。」と思い購入を見送っておりました。今回の『緑ルパン』とは、単なる色替えではなく、細部の造形にも手が入っているみたいです。付属品は顔パーツ、手首パーツ、タバコ、グラス、ボトル、テーブル、椅子、お宝が入った袋と豊富。面白いのはリボルテックシリーズに同梱されている付属品をしまうコンテナがルパンにもついております。しかし、このコンテナ、通常のものとは違って金庫になっておりのです。


 どうでしょう、この不敵な表情。まさに1stルパン。

 さきほどの次元と並べてみましょう。


 ここまで来ると、五エ門や銭形警部、不二子も欲しくなりますが、今のところ海洋堂からの予定もないでしょう。それよりもこのスケールのチンクチェンとが欲しいです。1/12くらいでしょうか。

2012-10-30 22:37 | カテゴリ:hobby
ルノーオーナーは、朝、コンビニで…


 ルノーオーナーの皆さんはもう飲んでますよね。だって、きっと冷蔵庫にいっぱい、コイツが入っているでしょうから。

 ちょっと前に、ルノー札幌に行った時、T野さんから「今度、Volvicの景品にルノーのプルバックカーが付きますよ!」という耳寄りな情報を頂いておりました。よく缶コーヒーを買うと、アウディやらランボルギーニやら、ロータスやら、メルセデスあたりのミニカーが付くことはあっても、ルノーなんてないですよね。ですから「これは集めねば!」という気持ちになりました。プルバックカーと聞いて、チョロQのようなディフォルメされたモデルを勝手に想像しておりました。RENAULTのFace bookで10月23日からスタートでしたので、まずは速攻コンビニへ行きます。


 おおお、ディフォルメじゃないんですね。少々スタイリングは微妙ですが、立派なA110です。車高が高いのかな。


 ルノーを代表するクルマの一つとして、コイツも外せません。RENAULT4。このグリルは前期型ですね。


 MEGANEはRSがモデル化かと思いきや、TROPHYとは!
ノーズ周りのブラックを塗り足して、全体的に墨入れしたら雰囲気でるでしょうか?
 個人的にはMEGANEは3ではなく、2だと大興奮ものなのですがね。


 今回、絶対入ると思っていたモデルがカングー2。期待を裏切らずラインナップ。思わず2台購入。一台はクルールにでもしようかな。
モモヤナギはこのカングーの顔を正面から見て、一言…「堀内孝雄だ…」とつぶやいております。


 そして、嬉しい誤算。絶対ルーテシアはないと思ってましたが、堂々のラインナップ。RSじゃないのは惜しいですが、これまたまさかの3ドア。ってことは、RSへの改造も可能かと。

 あとはRENAULT100kgのブルー・グリーン・ホワイト三種でコンプリートですが、まずは乗用車を先に集めてみました。
 今回はルノーという日本でも隙間なメーカーなので、このオマケで反応しているのはルノーオーナーだけでしょう。でも売上げが上がったら、第二弾、第三弾が企画されることを願ってます。たとえば…サンクターボとか、カングー1とか、アヴァンタイムやトゥインゴやルーテシアゴルディーニなんてのもラインナップされたらね。期待してますよ。Volvicさん!!

2012-02-17 21:39 | カテゴリ:hobby
私の仕事の相棒!


 仕事上、記録をとったり、これからしなきゃならないことをまとめたり。そんなわけで、ノートというのは私の大事な仕事の相棒でもあります。そして、その記録は毎年毎年残しておく必要もあります。

「昨年の今頃は、こうだったよなぁ。」って。私の仕事は基本三年周期の繰り返しだから。

 一冊でかなりの分量を書けて、毎日の使用に耐えられる強固の耐久性、そしてどんな状況でも書け込める使い勝手の良さ。そして私の中で一番大切なのはデザインと機能性。この条件を満たすノートは私の中で「MOLESKINE」だったわけです。昨年の11月29日のブログで、1冊目のモレスキンを購入したこと書きました。限定の黄色いパックマンのモレスキンのプレーン(無地)。こちらは基本、私のプライベート用のノートとして愛用しております。

 そこで、今年の一月からは仕事用にもう一冊、モレスキンを用意しました。こちら伝統的な黒い表紙のスクエアード(方眼紙)。以前のノートでも、方眼紙を使っていたので、仕事ではこちらをチョイスしております。


 モレスキンは人それぞれ無限の使用方法があることから『伝説のノート』などと呼ばれることが多く、逆にそれが敷居を高くしているのかもしれませんが、そこはたかがノート、使ってナンボです。
 月の初めには、ダウンロードしたスケジュール表を貼り付け、その月の予定を記入。この月間スケジュールの日にちの部分に、その日の記録をとったページ数を書き込んでおくで、月間の目次にもなります。


 で、普段どう使うのかというと、例えばこんな感じです。これは演劇の台本の話し合い時にとったメモ。

 文字だけではなく台本に関係するイラストなんかもちょちょいと書き込まれております。ま、落書きのようなものですが。


 通常の業務は基本的に「一日の予定」「この日に片付けなきゃならない仕事」「この日の出来事」「この日の授業記録」です。一日1ページの日もあれば、数ページに及ぶ日もあります。最近ちょっと始めたのが、その日、ページが少しあまったら、そこに「ちょっと気になる人物」を書き込んでおくこと。人選の基準はただ一つ「マイナーな歴史上の人物」。この日は、サッポロビールをつくった男「村橋久成」。明治の北海道開拓に重要な役割を果たした人物ですが、数奇な運命をたどり、歴史の忘却の彼方へ消えた人物です。


 こちらは、世界周航を初めて成し遂げた男「ファン・セバスチャン・エルカーノ」。

 教科書では世界周航はマゼラン(最近ではマガリャイスと表記されてます)の偉業と紹介されてますが、マゼランはフィリピンで戦死してます。この一団にいたエルカーノが航海を継続し、スペインに帰還したわけです。

 こんな風に、落書きのような事も記録に残していくわけです。自分が学生の頃、当然歴史が大好きだったわけですが、ノートにいろいろ歴史上の人物の顔をスケッチしてました。肖像画などが残らない人物は、想像や、友人・先生の顔を参考にスケッチしたりしました。その方が、自分としては記憶しやすかった思いがありました。ですからモレスキンへのスケッチはその延長線なのかもしれません。


 自分の道具ですからカスタマイズはもちろんのことです。そこで裏表紙に、DAHLIAさんから頂いた、“かぼちゃ村民ステッカー”をペタリ。おぉ、いいじゃないですか。

 あ、そうそうDAHLIAさん、お誕生日おめでとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。