-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-03 20:32 | カテゴリ:CRAFT
やっと青空

5ga001.jpg
 4月末の3連休。やっと青空がのぞいてきました。とはいえまだまだちょっと肌寒いです。
それでも気温とは関係なく、晴れたらビートの屋根は開けたくなります。休日出勤ですが、オープンだと、ちょっとだけ嬉しくなります。

4ga005.jpg
 やっぱりビートは不思議なクルマ。なぜって、ウチにルーテシア3RSという抜群に出来のいいスポーツハッチがあるのですが、ついついビートのキーを選んでしまいます。ルーテシアと比べると全く勝負にはならないハズですが、同じくらい運転が楽しいのです。

5ga002.jpg
 もうホントに古くてボロボロで、労わって走らなくてはいけないんですが、気がつけば全開で走り、曲がっています。もう20年以上の付き合いとなっている車種ですが、依然新鮮な気持ちです。この春、大幅に車税が上がるそうですがまだまだ乗りつづけますよ。

演劇のお話
4ga003.jpg
 今年も参加します『さっぽろ高校生演劇合同ワークショップ』。今年で何と10回になります。といっても特別な訳でもなく、むしろ予算的には厳しい今年のワークショップになりそうです。で、今年の作品は、高校演劇では有名な顧問である畑澤聖悟氏の『さらば!原子力ロボ むつ~愛・戦士編~』に取り組みます。

 今年の私は舞台美術担当(で、主に小道具)です。まぁ、金をかけずにあれこれ作るのがお仕事。

4ga004.jpg
 まずは「将軍」と呼ばれる登場人物のヘルメット。台詞は「しゅー・こー」しかありません(笑)某アメリカSF映画の超有名なキャラクター「風」です。
まずは工事現場のヘルメットに、何となく厚保紙で骨組みを作ります。この辺りは、深く考えずに、何となく直感で作っていきます。

5ga003.jpg
 その原型を生徒に渡して、ペタペタ紙を貼るように指示。この仕事は女子部員が細やかに仕上げてくれるのがありがたいわけです。この後、やすりをかけ、サーフェイサーを吹き、さらにやすって色を塗るという予定です。

5ga004.jpg
 生徒に貼らせているうちに、次に取り掛かります。「ライトセイバー(風)」です。劇中で主人公と敵役が斬りあうシーンがありますので、とりあえず作ってみます。玩具等で似たようなものが売ってますが、それを買っておしまい、じゃ何だか味気ないですし、予算も削減したいので自作です。
刃の部分は白いポリカーボネートの板を丸め、100均のLEDライトと接合させます。で、グリップの部分はどうしようかと、100均をぶらつくと、子どもの玩具で「マイク」なるものを発見。LEDライトとも径がピッタリですし、違和感ないのでこれも接合。
 まだ未塗装ですが、電池ボックスは外れ交換できるようにしており、本体スイッチもLEDライトのものを利用してます。さて本当に光るのでしょうか。

スイッチON!
 
5ga005.jpg
 こんな感じです。刃は透明ではLEDが反射せず、刃全体が発光しませんので、どうしても白(半透明)となります。LEDライトにセロファンで色を付け、刃の先には反射のためのアルミシートを蓋にして装着。これがないと、刃の先まで光らなくなります。

5ga006.jpg
 一応、グリーン(主人公)と赤(どうしてピンクにしか見えないw:敵用)の2本製作。1本の製作費が1000円程度。

5ga007.jpg
同じ小道具担当のY先生に暗い所でライトセーバーを構えてもらいました。まぁ、悪くない感じです。

大人のスポーツカー
5ga010.jpg
 全然旬な話題ではないのですが、ここ最近、北海道でもデリバリーが進んできて、路上でもホンダS660を見かけことが増えてきました。そしてMTの試乗車がルノー札幌の付近のホンダにあるので、ちょっと試乗させてもらいました。すでにショールームではじっくり見たのですが、走らせるとどうなんだろう?興味津々でした。ちなみに今オーダーすると、早くて夏、遅くて秋には納車だそうです。追加車種の噂はありますが、5月に無限のコンプリートモデルが出るくらいで、おそらく計画はないのではないかというのがここの営業さんの見解。だって利益の無いクルマにこれ以上お金をかけて売ることはしないでしょうし、S20007後継が出るならなおさら白ナンバー版は出さないでしょう、とのこと。むしろいつまでホンダがこれを作るのか、の方が重要とのこと。いきなりピタッとやめる可能性もあるそうです。

5ga011.jpg
 ビート原理主義者の私は、「きっと乗ると、ビートとは別物のクルマだと思うだろう、良いクルマなんだろうけどさ」「やっぱり高回転を回して走ってこそビート。こいつはトルクフルなターボエンジン(しかもN-ONEのエンジン)だから楽しくないだろうなぁ」と思ってました。

 しかし…乗ると、その剛性に感激し、走りの質感に感動し、トルクフルなエンジンに感謝し、劇的に速いわけではないことに感心したわけです。

「ビートも決して速いクルマではないけど楽しい、S660も速さを追い求めてはいないクルマなんだ、でもワインディングを走らせたら、速くはなくても楽しいだろうな」そう思わせる出来。これが230万円くらいで手に入るって素敵な話だなぁ。ファーストカーとして買うならロードスター、セカンドカーとして買うならS660といった所でしょうか。私も欲しくなりましたw
スポンサーサイト
2016-01-09 21:23 | カテゴリ:CRAFT
全道大会のDVDを複製しよう!


 年末に”待っていた”ものが仕事場に届きました。何かと言うと11月の全道大会の舞台DVDです。
演劇はもちろん舞台を生で観ないといけないのですが、自分の所の芝居はまず客席から正面で見ることはできないものです。演じている生徒はもちろんですから、やはり舞台DVDは必要なわけです。

 地区大会でも撮影はしていますが、あくまでも記録として家庭用ビデオカメラでの撮影ですので、そのクオリティは期待できないレベルです。しかし、全道大会では経専音楽放送芸術専門学校の学生さんの実習という形で撮影し、編集し上演校にくれるという仕組みです。大会中我々の宿泊していたホテルに、ここの学生さんや先生も宿泊しており、朝たくさんの機材をホールに運び、帰りまた持ち帰るという、本当にお疲れ様でした、という姿を何度も目撃しております。

 戴いたDVDは二枚組で、ブルーレイディスクと通常のDVDが同梱されており、それぞれに舞台前面からの固定カメラの映像と、複数のカメラで撮影・編集したバージョンが収録されております。
 今回は、大会に参加した部員・顧問分+お世話になった関係者や、他校との交換用に複製することになります。

…で問題はここから。
大問題は私はパソコンに全然詳しくないという事。パソコンというよりも家電製品にかなり疎いのです。正直、職場とかではそういうと「え~、何冗談言ってんの!?」と真に受けてはもらえず、むしろ詳しい方と思われております。でも全然ダメな訳です。
 厳密にいうと、機械に疎いというより、現在の機器に疎いと言った方が正しいのかもしれません。
だいたい映像に関して言うと、私の頭の中にはβやVHSが未だに主流を占めております。何とかコンパクトVHSとか、8mmビデオ、デジタルビデオも大丈夫です。ですがこの先、ハードディスクとかDVDとかブルーレイとかメモリーカードになると「????」となります。CDはD-Rに焼いた(焼くという表現も私にとって”?”ですが)ことがありますが、CD-RとかCD-RWとかの違いや何やらがもうちんぷんかんぷん。よくこの手の話で「圧縮」という言葉を聞きますが私の頭の中には夜中のTV通販番組の布団圧縮袋の映像がグルグルしていて話についていけなくなります。リッピング?なんだろうそれ?ブリッピングならわかるんだけど…その世界です…。
 とりあえずヨドバシカメラに行き、ブルーレイディスクとDVDディスクをごちゃっと買い込みました。その段階で「どれを買えばよいのやら?まぁ普通のでいいだろう」と深く考えず購入。

 DVD7をパソコンに取り込んでみて初めてわかったのは、ブルーレイ版で40GB近く容量があるわけです。買ってきたブルーレイディスクは1枚25GB…。うーん。入らないねぇ。ちなみにDVD版も7GB以上あるので入りません(w)
慌てて、大容量のDLというタイプがあるそうなのでAMAZONに発注。ヨドバシで買ったのが無駄になりましたが、まぁしょうがないでしょう。さて正月休みに焼くとしましょう。

DVDジャケットでも作ろう!
DVD05.jpg
何でも1枚焼くのに1時間くらいかかるみたい。ですから、とい訳でもないのですが、DVDジャケットを作ります。せっかくなら市販の映画ソフトのような感じにしようと、Illstoratorで作成。こういう作業は大好き。

DVD02.jpg
 プリントアウトして、ケースに入れると、まぁこんな感じです。まずまずいい感じです。

DVD03.jpg
 焼いたブルーレイディスクを抜き打ち検査してみますが、とりあえず映像音声ともに入っているようです。20枚焼いて、1枚のディスクはエラーで何時間やっても焼き終わりませんでした。

DVD04.jpg
 ディスクのラベルにうちのプリンターでプリントできるらしいのですが、10年くらい昔のプリンターで、ディスクをセットするトレイがどうやら見当たらないので、副顧問の先生に外注しようと考えております。あとはDVD版の複製もしなきゃです。
2014-07-21 21:58 | カテゴリ:CRAFT
小樽へ…

 連休2日目は、小樽へカングーを走らせます。海の日の前日の日曜日というだけあり、国道5号線は渋滞です。

そんな中、何しに小樽かというと、今年のフレンチブルーピクニックのフライヤーを置いてもらえるということで、小樽、北運河にある『PRESS CAFÉ』に行くためです。普段忙しくて行けてませんが、私の好きなお店の一つ。こちらに移転する前、札幌の月寒にあったころはよくお世話になったお店でした。

3renQ02.jpg
本当は、ここで昼食を食べたいところですが、現在我が家は“葉っぱ”ちゃんを中心とした生活。CAFEで騒いでも迷惑ですので、近くのファミレスで昼食をとり、こちらに向かいました。

マスターは“葉っぱ”ちゃんを見るなり、「お、日焼けしてるな!」と一言。そうなんです、日焼けはもちろん地黒なんで、その腕は黒コッペパンのようです。

3renQ03.jpg
 久しぶりにCAFEでコーヒーを飲んでおります。モモヤナギもアイスティーを久しぶりに飲んでおります。それでも時間としては短時間ですが、お互いにとって贅沢な時間なわけです。“葉っぱ”ちゃんは終始ご機嫌でした。

3renQ04.jpg
 で、本来の目的のフライヤーもこの通り。しっかりと置いてもらえました。ちなみにフライヤーの上にあるのは、「溝呂木陽」氏の『紙のクルマ』(CD-ROM版)からプリントアウトして作ったルノーキャトルのペーパクラフト。フライヤーがちょっとでも目についてもらえるように置きました。
ところで、シトロエンを代表するアイコン的クルマといえば『2CV』、ルノーの場合『4(キャトル)』という風に自分は考えてますが、じゃあプジョーは?というとちょっと考えます。『205』な気もしますが前の2台に比べたら、新しい感じがして何か違う気がします。皆さまプジョーの場合のアイコンはなんでしょうね。

トイレのDIY

3renQ05.jpg
 ちょっとトイレの写真が続くので申し訳ないのですが、忙しい時のDIYシリーズ、今回はトイレとなります。
以前から、何とかしたかった場所ですが、以前T野氏の自宅のトイレが、ステキという話を聞き、お邪魔し拝見させてもらった時に、夫婦ともども「何とかしたい」という意識が高まった訳です。

 そこでまずは壁のペンキ塗り、そして小物等の交換を視野に入れ作業開始。

まずは取り外し。

奥の壁には、高い位置に見るからに重たそうな棚がついておりました。使い勝手も悪く、暗い感じになっていたので、まずは取り外し。そして最初から設置されていたタオルホルダーも取り付けられた位置が悪すぎるのでこれも取り外し。
 すべて取り外した状態ですが、こちらの写真がBefore。

3renQ06.jpg
 その上で、壁のペンキ塗り。以前トイレの外の廊下を塗った、アプリコット色のペンキを塗ります。いちおうAfterなんですが、ここで問題発生。

深夜に塗ったのですが、朝見てみると塗り残し多数。要するに、トイレの照明の色が、壁のペンキとほぼ同色。ですからどこまで塗ったか、夜の作業では判別不能。こうなると午前中に塗るしかありません。そんなこんなで、作業がストップしており、中途半端な状況で昨日までいたわけです。

 この休みの朝に、ペンキ塗り敢行。あとは小物探しに雑貨屋さんを覗きます。

3renQ07.jpg
 前の暗い感じのトイレの写真を撮っておらず失敗ですが、こんな感じになりました。

3renQ08.jpg
 トイレの小物を収納する袋は、フランス柄のものが見つけました。この袋の後ろに、電源コードやらがあるのでそれらを隠してもくれます。

3renQ09.jpg
 本当は、トイレットペーパーホルダーをお洒落なのに換えたかったのですが、“葉っぱ”ちゃんが大きくなり、自分でトイレに行くような頃を考え、あくまでもここは実用重視ということで、見送りました。
 手前の棚はプラスチック全開で嫌なので、流木の板を置いてみました。
棚の下の扉は、チョークでまだ書いてませんが、いつものように黒板化しております。

3renQ10.jpg
 重たい棚を外し、替りにハンモックを下げてみました。これでずいぶん印象が変わるものです。照明で面白い感じ影ができるのもいい感じです。
 雑貨屋でみつけたシンプルなタオルハンガーも手洗い場に近い位置に設置。以前は窓の横で、使いづらかったのです。
そして階段状のディスプレー台も設置しました。とりあえずこれで、一応の完成となりました。これで二階でまで手付かずの部屋はあと2つとなりましたので、まだまだ遊べます。

今日の伊太利亜さん

3renQ11.jpg
 本日、雑貨屋の帰り、立ち寄った清田区のパン屋(お菓子屋)の『DOLCE[ VITA』。以前はお店のクルマとして、ルノーキャトルが見かけられましたが、現在はこのフィアットムルティプラ(フェイズ2)。大胆なラッピングですがお洒落な感じです。ムルティプラ…ムルティプラ、ああ、復活したい、いやさせたいとまた思うmomo-cafeです。
2014-06-28 22:10 | カテゴリ:CRAFT
“葉っぱ”ちゃんが1歳になる日

WP01
 これもちょっと前の話になりますが、うちの“葉っぱ”ちゃんが1歳となりました。そのお祝いに、とある買い物をAmazonでしたわけですが、それを置く場所として部屋を一つ、子ども部屋にしようという話になりました。
 我が家では部屋はけっこう余っているのですが、どうも前の住人の煙草のヤニで壁も酷い状況なんですよ。そうなると、全体的に暗ーい感じでなんだかなぁて感じです。
 
 そこで思い立ったら夜中でもDIYが始まるのが我が家。もう壁を塗るのは手慣れたものです。とりあえずホームセンターから壁紙用塗料を購入したわけですが、これは実際塗ってみないと本当の色がわかりません。個人的に言うと、もっと原色系の濃い色が欲しいのですが、ホームセンターでは無難なパステル調の色しか置いてません。比較的カインズホームの塗料がいい感触があるので、その中で「アクア」を選択。さてどんな色になるやら。

wp02
 塗ると、わりかしいい色です。何だか汚れた部屋が北欧かフランスな感じのお洒落になりました。部屋も明るい感じになったのですが、窓の外もすかっり明るくなりました。塗り終わると朝でしたから。もちろんこの日も仕事。うーん、徹夜ですねぇ。忙しいのだけれども、つい現実逃避でDIYしちゃうんだよなぁ。

wp04
 Amazonから購入したのはこちらのアンパンマンの滑り台+ジム。
そしてこの部屋が正式に“葉っぱ”ちゃんの部屋となりました。大きくなった時に、この部屋の壁を、自分の1歳の記念に父ちゃん母ちゃんが徹夜して塗ったということを是非覚えていてもらいたいものです。

3wp0
 そしてこうなると色が合わないカーテンを外し、他の部屋同様、ブラインドに交換しております。これで以前よりすっきり感がでました。まだまだ家はDIYできる部分があるので、楽しみながらあちこちを仕上げていきたいと思います。
2014-06-19 22:20 | カテゴリ:CRAFT
無事終わりました
 四月から(正確には二月くらいから)動いていた、「さっぽろ高校生演劇合同ワークショップ」が先日の土日で終わりました。これで一息つきたい所ですが、すぐに自分の所の芝居がスタートしますのでそうも言っておれません。

 今回は合同演劇では『トミーが三歳になった日』というお芝居を上演しました。これはナチスドイツによるユダヤ人強制収容のお話で、実話を基にした感動作です。いつもは大道具担当で参加ですが、今回は演出のお手伝いとして参加です。しかし、稽古後半困ったことが起こりました。

 主人公トミーは3歳の少年。演出上、人形とそれを操作する役者とペアで演じることになるのですが、3歳児サイズの人形がなかなかないのです。そうれはそうですよね。人形遊びする幼児がだっこしたりするのですから、市販の人形はどうしても小さなサイズでしかないのです。


 そこで、探してないのなら(あるにはあっても高くて買えません)、もう作るしかないのです。そこで急遽、三歳児製作となりました。

TO02.jpg
 まずはスタイルフォームからの削り出し。

TO03.jpg
 カッターナイフでザクザク削っていきます。

To04.jpg
 手足が揃った感じです。全長約90cm。頭が実物より大きいのは舞台上のデフォルメです。

TO05.jpg
 この頃から不気味な感じです。授業の合間などに削っていきました。もう時間が全然ありません。

TO06.jpg
 とりあえずSPEC1完成。まだ関節が最小限にしか可動せず舞台での演技が制限されます。そのため、この後肩関節を大きく稼働させたSPEC2に進化します。しかしこのSPEC2は耐久性の部分で問題ありのため、関節機構を全くリニュアルしたSPEC3に進化させます。

TO07.jpg
 これがSPEC3です。関節部にゴムを利用し、かまりの可動範囲となりました。
TO08.jpg
これで完成!と行きたいのですが、さらに肩関節を進化させることになりました。なかなか難しいものです。

TO09.jpg
 そして新肩関節となったSPEC3.1。服を着させてさらに子供らしくなりました。この衣装のサイズ合わせは夜遅くに某ドラッグストアの駐車場で、劇団一揆のH田さんと行い、何点衣装着せてみて写真を撮りチェックしました。この作業が傍から見ると最高に怪しく、通報されるレベルだったかもしれません。

 この辺りからクルマに袋をかぶせて積んでおくと、軽く死体遺棄にしか見えないのも微妙なところです。

TO10.jpg
 こちらは、本番2日前の光景。間に合いませんw。もう工期が遅れていたワールドカップ開催国ブラジルを全く笑えない状況でした。
 首関節をリニュアルし上下左右稼働可能となった最終形のSPEC3.2。

TO11.jpg
 本来ならばしっかり、やすり掛けし、表面の処理をしなくてはならないのですが、間に合わない、見えないだろうと言い訳して、塗装しました。肌の色が赤すぎましたが、もうこれで行きましょう。時間が無いのだから。

TO12.jpg
 ということで、無事本番公演を迎えました。2日目の最後のシーンで今まで故障が無かった足首が壊れましたが、何とかなりました。現在このトミー君はうちの学校の倉庫に眠ってます。

TO13.jpg
 こちらは上演舞台の写真。二日目の舞台は初日よる数段良くなってました。それにしてもこのお芝居はいい台本だと痛感。台本のチカラの大きさを改めて痛感させられました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。