-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-20 16:00 | カテゴリ:Showroom
これまた面白そうな…

twi01.jpg
 この秋、日本デビューをする予定のルノーのコンパクトカー新『トゥインゴ』。
7月16・17日、ルノー札幌に実車が先行して展示されるという案内をもらいましたので、さっそく行くこととなりました。さて新しいトゥインゴってどうなんでしょうか?

twi03.jpg
 まず目を惹くのはこの色。カタログでは「カプチーノ」という名前だそうです。雑誌などに登場するトゥインゴは結構、派手目な色が多いのですが、こんなシックな色も似合うんですね。ちょっと大人っぽい感じです。
顔つきは、中央に大き目のロザンジュが据えられ、そこからブラックのグリル、そして大きいヘッドライトという最近のルノー顔です。ヘッドライトの下の丸いのがスモールランプ(2代目のフェイズ2からつながるデザイン?それとも初代の丸目のオマージュ?)、バンパーにはフォグランプといった構成です。

twi02.jpg
 今回のトゥインゴの売りはむしろこのリアビュー。

張り出したリアフェンダーとテールランプ、そして黒いハッチゲートは、サンクターボからインスピレーションされたものだとか。再度ビューに描かれたストライプもデザイナーのこだわりで、フロントとリアのフェンダー部分がキックアップしています。これはフェンダーのふくらみを視覚的に表現したいためだそうです。

それにしても大きさはマーチよりも小さいけどこの存在感。ホント絶妙なサイズです。私は好きですね。

twi04.jpg
 リアバンパーのナンバープレートの上にオプナーがあり、そこを押してから、黒いハッチゲートを開けます。すると少し高めのラゲッジルームが出現。遮音材が敷き詰められた床板を持ち上げ、ボルトを外し蓋を開けると、そこからエンジンが見えます。こうやって見ると、エンジンはみっちり隙間なく入っております。そう今度のトゥインゴは何とRR。どんな走りを見せるのか今から楽しみ。前にエンジンがない分、小回りも利いて、街中では走りやすいんでしょうね。噂では北海道で気になる雪道に関しても、VWのUPが上がれない雪の坂も、トゥインゴは上がるそうです。

twi05.jpg
 ではフロントボンネットはどうなってるんでしょう。
まずはグリルの両脇がこんな風に外れ、中のオプナーを押すと…

twi06.jpg
 ボンネットがこんな風にスライドします。

twi07.jpg
 ボンネットの中はラゲッジではなく、クラッシャブルゾーンとメンテナンス関係のパーツが配置されております。これはちょっと残念。

twi08.jpg
 フロアマットもこんな感じで遊び心満載。

twi09.jpg
 インテリアは今風なシンプルかつクリーンな感じ。国産のコンパクトカーならもっとギラギラしてたり、イルミネーションがキラキラしてたり、妙に黒かったり。安い材を使い、無理矢理高級に見せようとしたりする所ですが、こういう部分がフランスのエスプリなんでしょうね。

 シックな色のトゥインゴに女性がさらっと乗っていたらめちゃくちゃお洒落でしょうし、男性なら派手目な色でスポーティに乗ると格好いいんでしょうね。是非、GTや、RS(あるのかな?)はもちろん、クルールのような限定車も出して欲しいですね。ルーテシアにあった豪華版「イニシャル・パリ」なんて今回のトゥインゴに似合いそうですが、どうですか?ルノージャポンさん?
スポンサーサイト
2014-11-02 21:04 | カテゴリ:Showroom
…といってもパチンコ屋の話ではありません


 前回も書いておりますが、ルノー札幌が改装に入っておりましたが、いよいよ新規オープンです。どんな感じかと偵察を兼ねて行ってまいりました。
 前までのルノー札幌のショールームはどちらかと言うと「北海道日産色」が強くて、輸入車ディーラーっぽくありませんでした。それはそれで肩ひじ張らなくていいのですが、やはり輸入車にプレミアム感を求める人にとっては物足りなかったかもしれません。そこで今回は、世界統一のルノーのショールームの内装になりました。

 さて、どうなったでしょうか。

NREN02.jpg
 お、どこかで見た事のあるメガーヌ2RS!しかもナンバーを見ると…
bleuarticさん!札幌にいらしていたのですね!

NREN03.jpg
 新しくなったショールーム内、前回ちょっとブログにアップしてましたが、今回が完全版です。黄色をモチーフにした店内はとても明るく、お洒落です。

NREN04.jpg
 ショールーム内には、ルーテシア4、キャプチャー、カングー、メガーヌ3RSの4台が入っております。そのうちカングーとメガーヌが黄色。ショールームに映えます。

NREN05.jpg
 今回の限定色のうちグリーンはすでに完売だそうです。一番販売台数が多い黄色はまだ残っているそうです。この黄色、うちのカングー1と同じなのでかなり刺さります。黒バンパー仕様のZENがベースなんで、余計カングー1とかぶります。しかも前期型同様、ピクニックテーブル装備助手席可倒式となってるのもありがたいものです。

NREN06.jpg
 今回ショールームにキッズスペースが出来ました。カングーを見に来るお客は小さな子どもも多いと思われるのでありがたいです。うちの〝葉っぱ"ちゃんは、そこでbleuarticさんとこのお姉ちゃんにたっぷり遊んでもらい、超ご機嫌。

NREN07.jpg
 そしてCOOLなイメージのRENAULT SPORTブース。これでグッズやパーツなんかが並ぶと嬉しいかも。

NREN08.jpg
 メガーヌ3RS、フェイズ2の顔、本当に素敵です。そして速いんだろうなぁ。

NREN09.jpg
 そんなわけで、一気にお洒落になったルノー札幌ですが、フレンドリーさは、もちろん以前と変わっておりません。ここ最近のルノーはデザインに力の入ったクルマが増えているので(しかも以前と違って常識的なデザインw)、このショールームと相性もばっちりだと思います。

NREN10.jpg
 ちなみに今回は、「キャプチャー」のロゴの入ったステンレスボトルを頂きました。寒くなるのでドライブする時、熱いコーヒーなんかを淹れてクルマに持ち込むなんていいかもしれません。

今日の仏蘭西さん

NREN11.jpg
 ルノー札幌の帰りに立ち寄った某お店での2ショット。この二台こう見えても兄弟なんです。カングー1はベースがルーテシア2。しかもこのルーテシア2はフェイズ1です。ですから乗ると走りに結構共通点があります。このルーテシア2本当に良いクルマなんですよね。
2013-12-01 17:38 | カテゴリ:Showroom
今年もあと31日


 早いもんですね。2013年が始まったのがこの間のような気がしますが、本日12月1日。つまり今年も残す所あとひと月なんですね。2013年は“葉っぱ”ちゃんが生まれたりと、いろいろあった年ですが、それにしても地球温暖化どころか地球の自転公転の速度がひそかに上がっているのかもしれません。それくらいあわただしい気がします。
 
DEC02.jpg
 ちまたではアイソン彗星が話題となり、それに当て込んだ商売(番組や書籍)も盛り上がるはずでしたが、無情にも消失してしまったようです。しかし、先日江別市内で私は「赤い彗星」を発見。ホワイトベース初代艦長のパウロ艦長が「逃げろ!」と呟いた赤い彗星ことシャア・アズナブル専用のオーリスです。ジオニックトヨタ社(ジオニック社とトヨタの合弁会社)が開発したクルマです。実は遭遇したのはこの時で2度目。一度は澄川付近でした。カラーリングでいうとシャアのパーソナルカラーは実は赤ではなくオレンジ系のピンクとワインレッドのツートンなので微妙にシャア専用じゃなくね?むしろ真紅の稲妻ことジョニー・ライデン専用じゃ?と突っ込みをいれたくなりますが、まぁカッコいいから許します。

 必ず3倍速いの?と尋ねる人がいると思いますが、この時はまだ慣らし運転中だと思われます。以前、シャア大佐は工場からロールアウトしたばかりの初期ロットの新型モビルスーツ、ゲルググでいきなりガンダムと限界戦闘をしてしまい、トラブル発生、「慣らし運転をしないとこうなるっ!!」と悔しげに叫んでました。ですからその経験からおそらく、新型オーリスでは入念に慣らし運転をしていることでしょう(そういえば、ゲルググの次のジオングでも慣らしている気配はありませんでしたが…)。

DEC01.jpg
 12月といえばクリスマス。というわけでアドベントカレンンダ―を飾ってみます。本日からポチッと1日1日開けていきます。中にはチョコレートが入ってます。お店で棚からとった時親指で誤って「14日」の所をすでに開けてしまったのは秘密です。

DEC05.jpg
 そして本日久しぶりにルノー札幌へお邪魔しました。そろそろルーテシアのオイル交換の時期なんですが、それと車検も近づいてきております。お店のバックヤードにはこれから納車予定のゴルディーニや、新型ルーテシアRSなどずらりと納車準備が進められておりました。ルーテシアRSは全色が並ぶという豪華な状況でもあります。ショールーム内には赤いルーテシアRSやブルーのルーテシア、白いカングーそしてこのコレオスが展示されております。実はこのコレオスはフェイズ3となった新しいヤツ。一見すると見逃されそうですがフロントグリルやヘッドライト周りが、現ルノーフェイスとなっております。それにしても12月のルノーのショールームは、よそのショールームとは違いクリスマスの飾りなど一切なく普段通りという潔さ(笑)。そんなちゃらちゃらしたツリーなんぞは置かないぜ!という硬派な男らしい現状です。

 ちなみに最近カングーの様子で気になるのが、減速のためブレーキを踏むとシフトダウンしていくのですが1速に落ちるとき、"ガックン”とかなりの振動が出始めてます。ひどい時には「エンジン落ちるの?」と心配なくらい。マウントのへたりかも?っていう噂ですが、そのうち診てもらう事になりそうです。

DEC04.jpg
 ルノーで頂いたのは今回はマグカップ。新型ルーテシアとカングーの可愛いイラストの入ったヤツです。そして2014年のカレンダーも頂きました。2014年ももうすぐそこに。もうそんな季節なんでね。
2013-11-05 22:06 | カテゴリ:Showroom
思いがけず天気も良くて


 天気予報では週末は雨…。この頃気温もめっきり下がり、そろそろ初雪の知らせも届きそうな北海道。日曜日の文化の日は朝から、雨もやみ天気がもちそう。そうなれば家でじっとしていられない我が家ですので、とりあえず出発です。向かった行先は『札幌芸術の森』。

そう文化の日は駐車場も無料で、イベントも開催。これは行くしかないでしょう。

geimori02.jpg
 駐車場が無料なので当然混んでおり、いつもは第一駐車場に停めるところ、山の上の第三駐車場へ行くことに。この芸術の森の駐車場は結構あつくて、満車の第一駐車場にはシトロエンC6が置いてありました。そして第三駐車場の私のカングーの向かいには室蘭ナンバーのカングー2が。

geimori03.jpg
 さらに私と反対方向の場所にはカングー1の1.6が。芸術の森にはカングーが似合うということでしょうか。

geimori04.jpg
 さらに私のカングーの並びにはアルファロメオのブレラがありました。さすがジウジアーロ先生のデザイン、存在感ばっちりです。 

geimori05.jpg
 芸術の森の木々はすっかり秋の紅葉できれいなものです。

geimori06.jpg
 
geimori07.jpg 
 天気も良く、青空も見えます。野外彫刻も無料公開ですが、今回は“葉っぱ”ちゃんがいるのであくまでも、目的は“散歩”です。

geimori08.jpg
 地物の野菜の販売も行われております。ホールでは、アートマーケットが開催されており、初夏に訪れた時、買ったポストカード屋さんも出店しており、我々のことも覚えていてくれたようで、今回も数枚買わせて頂きました。

geimori09.jpg
 チョークで石畳を自由に落書きできるイベント。子供らは楽しそうに夢中で描いております。そんな中次第に日が落ちてくると、一気に気温が下がり始めるのが北海道の11月。そろそろおいとましましょう。


NEW RENAULT SPORT
geimori10.jpg
 芸術の森の帰り道といえば、我らが『ルノー札幌』。今回は何とルノールーテシア4RS(ルノースポール)が展示されております。これはルーテシア3RSオーナーでなくても気になるでしょう。

geimori11.jpg 
 フロントのF1タイプのスポイラー(ヒレ?)は3RSよりも大人しいものとなり、ちょっぴりゴルフのようにも見えなくもないです。リアのディフューザーは今回も健在ですが、洗練されたというか、大人しくなったというかすっきりまとまり感があります。

geimori12.jpg
 全体のスタイリングはノーマルのもとと大差ないですが、当然RSの凄味は見てとれます。このジョン・シリウスというカラーは今回はシャシーカップのみのカラーとなり、しかも初期ロッドで姿を消す予定らしいので、欲しい人はもう、すぐ購入をお勧めします。

geimori13.jpg
インテリアはアクセントとしてオレンジが効果的に使われおります。パドルシフトも感触もよく、走らせるのが楽しみな感じです。

ワタシハ、ハッパセイジンダッ!
geimori14.jpg
 ルノー札幌の帰り道、“葉っぱ”ちゃんのオムツ交換のため、西岡のイオンへ緊急立ち寄り。そこでの帰り道、発見しましたよ。

真っ赤なルーテシア4。この場所、ルーテシア4…そして赤。フフフフ、もう誰がオーナーか、まるわかりだよ。ナンバーを確認してビンゴです。

geimori15.jpg
 さっそく悪戯を敢行。モモヤナギが葉っぱ星人を召喚。そして襲来です。

ちなみにご本人、まったく葉っぱ星人に気が付いていなかったそうな…。残念。



2013-09-29 23:48 | カテゴリ:Showroom
ルーテシア4登場!


 先日、ルノーの中心的車種であるルーテシアがフルモデルチェンジを受け、4代目となり日本にも導入されました。ちなみにルノーといえば、クルマ自体は良いのですが、どうしても印象が地味な感じがします。一時期、アヴァンタイムやメガーヌ2の頃はぶっ飛んだデザインのものもありましたが、その反動か、ここの所、保守的で大人し目なクルマが続いておりました。デザインも現物をよく見たらカッコいいのに、写真ではそのことが伝わりにくいのも損な部分でした。


 そこで今回のルーテシア4はデザインが売り。デザイナーにローレンス・ヴァン・デン・アッカ―が手がけております。彼が最初に手掛けたコンセプトカーの“デジール”のコンセプトを強く反映しております。

 
 今回は5ドアボディのみのラインナップで、後ほど投入されるRS(ルノー・スポール)も5ドアです。最近ヨーロッパで流行っているデザインですが、リアドアハンドルをピラーに組み込むことで3ドア風に処理されております。


 顔はまず真ん中に巨大な“ロザンジュ(ルノーマークの菱形)”が目に入ります。そしてライトの下に、通称“アイライン”と呼ばれる黒いガーニッシュにより、ライトをくっきり見せる効果があるそうです。


 先日ルノー札幌へ行くと、ルーテシア目当ての(私もですが)お客さんが次々と訪れております。営業のT野さんも忙しそう。そんなわけで、T野さんから試乗を薦められました。同乗するのはT野氏ではなく、ルノー札幌の紅一点、“むっちゃん”です。普段彼女は試乗の同乗はしないようですが、今回は次々とお客が来て、手が回らないそうなので彼女も前線に投入という運びとなりました。


 そうそう見て下さい。ホイールにはボディカラーのさし色がこれまたお洒落です。


 外装色にあわせてインテリアもハデハデ。インパネにピアノブラックを多用しているのは最近の流行でしょうね。個人的にはもっとシックな方が好みです。何だか指紋がつきそう気になります。

 で、乗り込んでまず意識したことは、ルーフの低さ。うちのルーテシアと比べて長さや幅は同じ様なものですが明らかに低いのです。このあたりは実用よりもスタイル重視の影響でしょう。

 今回、デザイン以外の見どころは、1.2リッターターボという欧州で流行の小排気量で燃費を稼ぐあれです。さらに今までちょっと遅れていたATでしたが、今回からツインクラッチである6速EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)搭載で、ライバル(なのか?)のVWようなスペック。

 走らせて、一言でいうと、とにかくスムーズなクルマ。EDCはマニュアルモードに切り替えていても滑らかです。エコモードにすると、アイドリングの回転数も落ち、いかにも燃費の良さ気なクルマとなります。ちなみにエンジンは1.2リッターですが走らせていて、必要十分。まぁ決してめちゃくちゃ速くはないですが、不足はありません。何というのかノーマルのルーテシア4ですが、エンジンスペック以外、雰囲気ルーテシア3RS近い感じ
がしました。


 個人的に今回ボディカラーで一番良かったのが“ブルードゥ フランス”。何とも不思議な青です。こういう色をさらりと乗りなせたらお洒落でしょうね。


 新型登場で型落ちとなるルーテシア3ですがオーナーとしては、「俺のRSは専用ボディだぜ!へん。新しいRSは標準ボディベースじゃねぇか。足回りもブレーキもね。」といきがってみましょう。でも、よく考えたら、ベースグレードのレベルが相当高いので、RSに専用を与えなくても成立するんですよねぇ。


 一方でしっくり来ないのはカングーのフェイズ2。


 この顔がやはり全体のバランスを壊している気がして。しかも装備がちょこちょこ削られているのも気になる点。リアのピクニックテーブルが廃止。助手席が倒れる機構も廃止。カングーらしい部分がなくなってしまうような…。


 こちらはルノー札幌に飾られたFBP2013のルノー車参加車輌一覧です。お、我が家のルーテシアとカングー発見!


 …と思ったら、もう一台。“葉っぱちゃん”の“ルノー・アプリカ”(ベビーカー)も一台として認定して頂いておりました(笑)


 今回のノベリティは新型ルーテシアの1/43のミニカーです。このあたりからもルノーのやる気が感じられますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。